外国人労働者は不動産業界に与える影響とは?

今後、外国人労働者は増えていきます!賃貸住宅の需要は高まるでしょう。

日本の労働力不足は深刻化しています。

そこで政府は外国人の労働者を増やし、2025年までには50万人の外国人労働者を目指すようです!

そんな社会の流れに不動産業界も影響を受け、外国人労働者の賃貸の需要は高まっていくはずです。


外国人労働者のお部屋探しの特徴

外国人労働者が部屋を探すとき、自分で探すのではなく、雇用している企業が探すことが多いようです。

日本人に人気のない立地が良くない賃貸住宅も、外国人労働者のいる企業が近くにあれば、入居してくれるかもしれません。

法人との契約なので、家賃の滞納といった問題が起こる可能性はそれほど高くないかもしれません。

外国人労働者への対応で他社との差別化をしよう

家と住む人のマッチングに関しては法人が間を取り持ってくれることもありますが、入居してからの対応はやはり管理会社の仕事になります。

外国人労働者のなかには日本語があまり得意ではない人もいて、ゴミ出し等のルールを理解できない等のトラブルが絶えなさそうと心配があるかもしれません。

実際に外国人の入居を断るような家主もいたりします。

しかし、先にも言ったように外国人労働者は増えていくことが予想されます。敬遠し続けていたら、時代の波に乗り遅れてしまいます。何より、日本で働く外国人の人びとが困ってしまいますよね。

いち早く外国人の消費者への対応を仕組化できれば、会社にとっても消費者にとっても良い環境になるのではないでしょうか。

社会の変化には、敏感に迅速に対応を!

社会の流れを読みいち早くニーズに応えることが出来る企業は評価されます。不動産業界も例外ではありません。

外国人にも間口を広げ、今後増えていく外国人労働者の暮らしを支える存在にもなる必要があります。

実際に、外国人専門の不動産屋はたくさんあります。

外国人ならではの入居者間トラブル等もあり、管理会社としては不安も大きいかもしれませんが、今後外国人が増えていくと考えればチャンスだと思います。

英語の話せる人材を積極的に雇用したり、不動産会社が外国人の労働者を雇ったりするのもいいと思います。

文化の違いで戸惑う外国人入居者がいる場合は、管理会社が月に一度程度で、暮らしのルール等の講習会を開くのもいいかもしれません。また、生活の注意点についてさまざまな言語で記載した張り紙をすることも有効だと思います。

外国人向けのサービスを考えていけば今後の社会の変化にも置いていかれることはないでしょう。

まとめ

今回は、外国人労働者の増加に注目してみました。

人びとの働き方やライフスタイルが変われば、住まいの選び方も変化していきます。

その変化を敏感に感じ取り、様々なニーズに応えることで他社との差別化を図りましょう!

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事