よくあるトラブルやクレームの対応方法【騒音トラブル編】

タグ:

管理会社はトラブルやクレームの対応もしています

困っているとき、的確で素早い対応をしてくれると嬉しいですよね。

管理会社は何でも屋ではない!という方もいるかもしれませんが、対応1つで入居者の管理会社への印象はガラリと変わります。

よくあるトラブルを例に挙げて、対応方法を紹介したいと思います。

今回は、隣人トラブルでも相談の多い「騒音トラブル」への対応方法です!


隣人トラブルあるある~騒音トラブル

①隣や下の階の人に迷惑をかけないようにしようと思っても、壁や天井を叩かれてしまった

②他人の立てる音が気になってしまう

こんな相談がよくありますよね。

感覚は人それぞれで、個人差があるかもしれません。

基準があいまいで完全に回避することが難しいトラブルへの対応はどのように行うのがスマートなのでしょうか。

管理会社はトラブル関係者の間に入りましょう

苦情が入ったら、できるだけ速やかに、当人と管理会社の3者の話し合いの場を作ることが重要です。

放っておくと、入居者同士の関係性も悪化、問題の解決も難しくなってしまいます。

話し合いは、どちらかに肩入れせず、第三者的立場を保ち、どんな音が気になってしまうのかを互いに一致させ、配慮すべきところを明確にできる内容にするといいでしょう。

音の発生者も配慮したほうがいいところが分かり、解決の糸口も見えてきます。

問題が起こるたびに、こうして話し合いに参加するのは面倒かもしれませんが多くの管理会社は、二次トラブルを防ぐためにもそうしています。

トラブルやクレームは入居者とセットで管理すると役に立つ

トラブルの対応は気も使いますし、とても大変な業務です。

しかし、このトラブルやクレームも大切な情報なのです。

以前騒音トラブルで悩まされた経験があることをしっかりと記録を残しておいてください。

そうすれば、そのお客さんが引っ越すとなったときに、住居の階数や隣の部屋の間取り、建物の構造、隣人の家族構成等を考え、音が気にならないような物件をオススメすることができます。

まとめ

今回は、騒音トラブルへの対応方法について紹介しました。

管理会社は、第三者的立場をできる限り貫き通すことが重要です。

入居者同士が寄り添いあえるよう、管理会社は当人の感情が爆発する前に、対面で話せる場を作ってあげましょう。

トラブルになる前に、積極的に入居者へ「何か困っていることはありませんか?」といった声掛けをすると予防にもつながります。

入居者のためにも、自社のためにも早め早めのトラブル対応をしましょう。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

らくちん編集部 まお

この記事を書いた人らくちん編集部 まお

このライターの記事一覧

管理業界を変えたい!そんな思いで業務支援サービスの企画をしている傍ら、管理会社様向けにお役立ち記事の執筆もしています。 実務に沿ったシステムづくりを目指して日々勉強中です。 システムでも記事でも「管理業務を『らくちん』に」をモットーに、管理会社の皆様に寄り添います!

記事一覧へ

Related articles関連記事