ご提案時に参考にしたい!お部屋に妥協できる点

お客様求める物件の条件として、エリアは最も大きなものではないでしょうか。
不動産ポータルサイトやホームページでも、エリアは一番最初に絞り込む条件ですよね。

「どうしてもこのエリアに住みたい!…でも予算が合わない」そんなことはありますよね。
そんなときあなたならどのような提案をしますか?

今回は住みたいエリアが決まっているときに、妥協できる条件を調査しました。
詳細はいえらぶコラムをご確認ください。https://www.ielove.co.jp/column/hatena/01558/

最も妥協できるのは築年数

状態が良ければ気にしない

住みたいエリアが決まっているときに、約30%の方が妥協できると答えた条件が築年数でした。
築年数が古くても、管理が行き届いた綺麗で状態の良い物件であれば、構わないという意見が多くみられました。

部屋は狭い方がよい?

次に妥協できる点として挙げられたのが、部屋の広さでした。
中には狭い方が掃除が楽でよい、という方もいらっしゃったので、条件を詳しく聞いてみると良いですね。

設備条件も妥協できることがある

その他にも、車やバイクを持っている為、駅からの距離を妥協できると答えた方や、
エアコンやインターネット回線など自分でどうにかするから妥協できる設備があると答えた方もいらっしゃいました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
人気エリアではこのような提案は成約のカギを握りそうですね。

特設サイトを作ってみませんか?

またこのような要望が多い場合は、ホームページにおすすめ物件として特集を作り、紹介することも効果的です。
例えば「人気エリア〇〇なのに、家賃×万円から住める物件特集」なんていかがでしょうか。
お得に住めるポイントを含めて紹介していけば、ウィークポイントを含めて紹介してくれると信頼関係を築くことができ、成約へ一歩進めることができるかもしれませんよ!

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事