集客

キャッチコピーで決まる!不動産の反響を左右するキャッチコピーの作り方とは?

▼不動産のSNS集客を成功させるには?
無料お役立ち資料「時代を先取りする不動産SNS戦略」をダウンロードする

不動産仲介業においてキャッチコピーに注力するのは大切です。印象的なキャッチコピーは物件や会社の認知を高めたり、見込み顧客の興味関心を促進させたりすることができます。そのような背景から、語呂が良くて耳なじみのあるフレーズに思慮を巡らせる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、不動産仲介業におけるキャッチコピーの重要性や、作成するときのポイントについて紹介します。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産仲介業におけるキャッチコピーの重要性とは?

物件を検討している方の多くは、家賃や物件価格の厳密な相場を把握していません。そのため、価格以外の魅力を判断材料として提供する必要があります。

物件の特徴を伝えるための手段のひとつに、キャッチコピーがあります。キャッチコピーは少ない文字数で物件の魅力を表すため、幅広い層の目を引きます。

例えばインターネットを通して物件情報を閲覧しているとき、すべてのユーザーが隅々まで熟読するとは限らないのです。興味深いキャッチコピーに目を惹かれて、じっくりと読み込むケースも珍しくありません。有効な集客につなげるためには、物件の魅力がパッと見て分かるキャッチコピーを添える工夫が重要です。

▼不動産のSNS集客を成功させるには?
無料お役立ち資料「時代を先取りする不動産SNS戦略」をダウンロードする

今よりもっと反響を増やしたい

刺さるキャッチコピーを作るために必要なこと

キャッチコピーは、物件のメリットを踏まえたフレーズを記せば良いというものではありません。ユーザーが何に興味を引くか、ポイントを押さえたうえで、適切なキャッチコピーを作成しましょう。

ユーザーに刺さるキャッチコピーの作り方として押さえておきたいポイントは、次の6つです。

ターゲットを明確にイメージする

ターゲットの明確化は、マーケティング施策の方向性を決めるとともに、効果的なアプローチ方法を模索する重要な要素となります。

まずは、「どんな人にメッセージを届けたいのか」を軸に、ターゲットを明確化します。

職業、年収、地域など、さまざまなカテゴリーから絞り込むことがポイントです。ターゲットによって、物件に求める条件や住環境は異なります。

一般的な例をあげると、1K~1DKは単身層、2LDK以上はファミリー層からの需要が高い傾向です。ファミリー層は、公園や緑の多い住環境を求めることが多い点も特徴といえます。

競合会社のキャッチコピーを分析する

刺さるキャッチコピーを作るときは、競合会社の分析もおすすめです。同じエリアの物件を扱っている競合のキャッチコピーを調べて、どのような文言や訴求方法が活用されているのかを学びましょう。

実際に使用されているキャッチコピーの例をあげると、下記のとおりです。

【例文】区分マンションのキャッチコピー
立地の良さをアピール 沿線屈指の住宅地にありながら、〇〇駅徒歩4分の地に誕生
広さをアピール 平均専有面積78㎡超のゆとりある広さ
住環境の良さをアピール 商業・公共・公園・医療・教育が徒歩〇分圏内に揃う立地
貴重性・注目度をアピール 「北陸初」の〇〇(ブランド名)シリーズ

競合のキャッチコピーは、その会社がどのような分野を得意としているのかが分かります。分析時はあくまで参考程度にとどめ、類似したキャッチコピーを作らないことが重要です。

同じ要素をアピールした際に、差別化できなければユーザーから注目してもらえなくなるリスクがあります。たとえば、駅から徒歩10分の立地をアピールしたものの、競合が同駅から徒歩5分の物件を大々的にプッシュしていれば、キャッチコピーの効果が薄れる可能性も考えられます。

同じ特徴を取り上げるとしても、競合にはない要素をプラスして、差別化につなげましょう。前述した例の場合は、競合の物件よりも駅から多少離れるものの、電車の騒音が聞こえないなどのメリットが見えてきます。

過去の反響が良いキャッチコピーを分析する

すでに何度かキャッチコピーを利用している場合、過去の広告の分析もおすすめです。過去のキャッチコピーで反響があったものは何か、注目を集めた理由は何かを分析すると、効果的なフレーズが見つかりやすくなります。

反響があったということは、ターゲット層の心をつかんでいると判断できます。すべて流用するのではなく、分析した結果をもとに、過去のキャッチコピーの良い部分を取り入れます。

具体的な数字を利用する

キャッチコピーの効果を高めるコツのひとつが、数字を取り入れることです。たとえば、「広々空間が魅力」と書かれただけのキャッチコピーでは、ユーザーに具体的なイメージをもってもらえません。

同じく物件の広さを伝えるのであれば、「市内初の100㎡超でゆったりとした生活」など具体的な数字を盛り込むと、イメージが膨らみます。一目でパッと理解できる情報を、数字を用いて記載することがポイントです。広さを伝えるなら、ほかにも「全個室が6帖以上」なども効果的です。

強みと弱みを理解する

競合と差別化をはかるときは、物件の強みを押し出すことが大切です。しかし、表面的な情報だけでは、なかなか強みが見つからないことも珍しくありません。キャッチコピーを作るとき、「魅力が見つからない」と困る場合も多いのではないでしょうか。

アピールしたい強みが見つからないときは、弱みに目を向けることも重要です。物件の弱みを分析すれば、反対に強みが見えてくることもあります。たとえば、駅からの距離が遠い物件の場合、近隣に商業施設や病院が揃っている、夜は静かで暮らしやすいなどの強みが隠れている可能性も考えられます。

強みと弱みの両方を理解しておくことで、自社や物件の「強みを伸ばすか」「弱みを改善するか」選択できます。

第三者の声も参考にする

物件の一番のアピールポイントを理解しているのは入居者です。物件の魅力は、実際に住んでみないと分からない部分もあります。陽当たりや眺望、共用施設の使い勝手、地域のコミュニティやイベントの魅力などは、入居者の目線でなければ見つかりません。

自社が見落としている魅力はないか、入居者の声を参考に分析し、キャッチコピーに積極的に盛り込むと効果的です。第三者の声は、閲覧しているユーザーからの信頼性の獲得も期待できます。

チラシ作りの段階で、オーナーに参加してもらう方法もおすすめです。手書きで「物件を選んだときの決め手」を書いてもらえば、キャッチコピーの説得力を増す要素としてチラシにも掲載できます。

▼不動産のSNS集客を成功させるには?
無料お役立ち資料「時代を先取りする不動産SNS戦略」をダウンロードする

キャッチコピーを作った後のアクション

キャッチコピーは、公開後のアクションも重要です。入念に分析して作成したキャッチコピーであっても、必ずしも効果が出るとは限りません。反響を分析し、次回に活かすことが重要です。

また、反響の大きさによっては変更も検討します。ターゲットに刺さっていない場合は、作成したキャッチコピーに固執せず、新しく効果が期待できそうなフレーズに変更することが問い合わせ増加につなげるコツです。

キャッチコピーの変更時期をあらかじめオーナーと決めておくと、反響の有無を判断する目安としても役立ちます。

まとめ

不動産広告も、キャッチコピーの活用が欠かせません。立地情報や住環境、広さなど、物件情報はこまごまとしており、すべてのターゲットが目を通してくれるとは限らないためです。

まずはキャッチコピーで端的に物件の魅力を伝え、チラシの隅々まで読んでもらえるように誘導する必要があります。

作成後は反響を分析して、次に活かすことも重要です。自社のターゲット層にマッチした伝え方を理解して、キャッチコピーをブラッシュアップしていきましょう。

▼今よりもっと反響数を増やしたい!という方へ
無料お役立ち資料「これからのオンライン集客」をダウンロードする

いえらぶCLOUD紹介資料

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事