追客

不動産のCRMにLINEが連携!追客から入居者管理まで連携のメリットについて解説

パソコンやスマートフォンでの連絡手段として、LINEが急速にシェアを伸ばしてきました。

そこで、LINEを不動産業に活かす取り組みが始まっています。

そこで今回は、不動産のCRMにLINEが連携することで、追客から入居者管理まで生じるメリットについて解説します。

LINEなどのツールを使って、顧客管理業務を効率化したいとお考えの方は、ぜひお読みください。

いえらぶの不動産業CRMがLINEに連動!

いえらぶCLOUDのCRMが売買版についてもLINEに連動し、さらに業務のサポート効果を高めました。

いえらぶの不動産業CRMがLINEに連動!

LINE連携の開発の背景

CRM(顧客管理システム)は、受付や反響からの顧客情報を一括して管理し、追客と接客の効果と効率を大幅にアップするシステムです。

システムのアップデートを行っていくうえで、ポータルサイトやHPで反響は来るけど、なかなか商談につながらない.という声を頂いていました。

そこで効果的なのが、新しく実装されたオススメの機能「LINE連携」です。

LINEは、近年では日本の人口の70%が利用するという大規模アプリとなりました。

これだけでもeメールと肩を並べるのですが、さらに驚くような事実があります。

メールに比べてLINEの方が平均閲覧率が4倍も高いという結果が出ていすのです。

つまりLINEの方が、ちゃんと開いて読んでもらえる確率が4倍ということになります。

その理由としては、LINEの場合受信時に必ず通知されることと、手ごろな文章量で読み終わることが挙げられます。

LINEとお部屋探しの最適マッチング

若年層からご年配の方まで、LINEほど年齢を問わず利用されているSNSは他にありません。

しかも、LINEで画像や動画、物件情報のアドレスなども送れるため、追客をするための必要な機能をカバーできるのです。

売買のお客様の場合、住まい探しは熱を帯びたり、冷却期間もあり、長期化します。

そのような状況下で、定期的に新鮮な情報を送り続け、読んでもらえる状況づくりが、成約数のアップにつながります。

また、後述しますが賃貸の場合、LINE連携は追客はもちろんのこと、入居者管理にも効果を発揮します。

メールとLINEを駆使して効果的な追客を!

一方で、メールによる追客も、独自の効果を発揮します。

eメールは、あるテーマについてスタッフのコメントも多めにまじえながら、LINEではスルーされる分量の情報を一度に送って、反応を得ることに適しています。

ある程度関係性のできあがったお客様、あるいはLINEでつながっていないお客様にはメールマッチングが対応に適します。

マッチングメールとLINE追客の両方をうまく使い分けて、さらなる業務の効率化と成約の増加が達成できます。

不動産CRMがLINEとの連動でどう変わる?

では、CRMとLINEの連動とは実際に使用してみると、どのようなものでしょうか?

不動産CRMがLINEとの連動でどう変わる?

追客の速度に劇的な変化が

LINE追客を始めるための最初の準備は、以下のことを10分程度でおこなって頂くだけです。

LINE公式アカウントを作成してもらう

いえらぶCLOUDの設定画面でLINEのIDを登録

お客様への配信条件を設定する

これで、いえらぶCLOUDに登録された顧客情報と物件情報をもとに、LINEを通じて簡単に物件提案ができるようになります。

また、LINEを通じてメールマガジン的に物件情報の定期配信もできるようになります。

メールに比べて4倍の開封率は、反響の高さにも直結します。

LINEを活用した客付けで重要な視点は以下の2つです。

反響に対してどれだけ早く対応するか

定期的に適切な情報を届けられているか

これらを意識しながらLINE連携を活用いただくと、成約数のアップに貢献します。

業務効率も大幅アップ!

LINE追客は、業務効率の改善も果たします。

30人のスタッフで1人あたり1日5分追客作業をおこなっていた会社では、その所要時間延べ150分がゼロになったと、喜びの声を頂いています。

(※先行リリースしている賃貸版のLINE連携においての反響)

また、発信のアクションがすばやくできるため、空室が出たタイミングで即対応でき、丁寧で迅速な追客が可能となり、「返信が来ない」などの悩みも減少します。

お客様の問い合わせに対し、即答がしやすい点も、顧客サービス向上につながり、喜んでいただける要因となります。

成約後も活躍するLINE連携

追客のためにCRMに登録された顧客情報は、成約後もフル活用できます。

ポスティングした高圧洗浄のスケジュール確認に、1週間待っても返事がいただけないというなどは悩みの種ですね?

LINEは定期清掃や修繕のお知らせ、相談受付、更新意志の確認、ファミリー物件の入居者への売買物件の情報提供など、即!返事が返ってきます。

さまざまな形でお客様とのつながりを太く、かつ効率化することができます。

いえらぶCLOUDの不動産CRMの特徴

いえらぶCLOUDのCRMについてご説明します。

いえらぶCLOUDの不動産CRMの特徴

LINEでは1顧客で複数案件の管理が可能

LINE連携だけでなく、不動産業に特化したCRMとして、いえらぶCLOUDの充実した顧客管理機能をおすすめします。

売買取引では、「今の家を売って、新しい家を建てたい」など1顧客が複数のニーズを持っている場合があります。

いえらぶCLOUDの売買版顧客管理機能は、購入と売却など、複数の案件を総合的に管理できます。

案件に応じたメールひな型や追客ステータスが用意されており、効率的な追客を可能にします。

また、成約した顧客情報と物件情報を利用して、重要事項説明書・契約書が簡単に作成できるなど、情報の一元管理ならではの業務効率化・売上最大化ができます。

そのほかの顧客管理機能

そのほかにも、以下のような充実した機能で業務のサポートをおこないます。

ポータルサイト反響の自動取込み、自動返信

ワンクリックでの販売図面送付

メルマガ、ステップアップメールによる自動配信

顧客がメール開封した際のリアルタイム通知

売上登録データに基づいた売上管理

30を超えるポータルサイトや自社ホームページからの反響をリストに取り込み、顧客情報以外に、問い合わせ物件の情報をもとに希望条件も自動で登録できます。

また、顧客マイページを利用してもらい、いままでの物件チェック履歴、希望条件の変更、来店予約など、潜在顧客の長期にわたる住まい探しにも対応しています。

いえらぶCLOUDとは?

CRMのほかにも、いえらぶCLOUDは売買、賃貸のあらゆる業務に対応し、充実した機能をそなえたオールインワンパッケージの不動産業務支援システムです。

導入後もサポート&コンサルの役割を担う専門スタッフが12,000社導入の実績を持つ弊社のノウハウでコンサルティングをおこないます。

※下記リンクより、無料資料ダウンロードをどうぞ!

>>不動産専門 顧客管理システム(CRM)

>>不動産会社向け顧客管理機能(CRM)が、LINE登録から自動追客までを一気通貫にする「LINE友だち登録連携」に対応!

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧

まとめ

不動産のCRMにLINEが連携することで、追客から入居者管理まで生じるメリットについて解説しました。

顧客管理の改善で成約数と業務効率のアップに貢献する、いえらぶCLOUDの導入をぜひご検討ください。

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事