集客

不動産会社の経営に集客と業務効率化は必須!ITツールを活用した成功方法を解説

これから不動産会社を経営したいとお考えの場合、結果を出すためには、不動産や不動産業にまつわるツールのノウハウが重要になってきます。

初期の頃少人数の場合も、規模が大きくなってからの事業拡大も、業務の効率化と集客の二つは、必要なテーマであり続けるでしょう。

今回は、不動産会社の経営の要となる「集客」と「業務効率化」を、ITツールの活用で解決し成功するための方法を解説します。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産会社の集客の変化

経営を軌道に乗せるために必要な売り上げは、まず自社の認知、物件の認知から始まりますが、それを形成するのは集客アップの施策でしょう。

インターネットの普及やコロナウイルスの影響により、集客の施策が様変わりしてきています。

はじめに、従来の集客とインターネットを利用した集客を解説し、打ち出すべき施策をご紹介していきます。

<従来の集客>

かつては情報誌などで物件に目星をつけて、来店後に賃料相場などから希望条件を固めていったお客さまがほとんどであったように思います。

接客や内見を通してお客さまのニーズを明らかにしていったので、相談の要素が大きかったと言えます。

また、物件も現在ほど流通しておらず、エリア内のお店を何軒も回って、要望を伝えて物件を出してもらう方も少なくはありませんでした。

<ネット集客の普及で変わったこと>

最近はインターネットでの情報流通が充実している分、希望条件から候補物件の絞り込みまで進め、あとは「どこのお店に相談しようか」だけという方が多数になりました。

さらに、どのお店にするかの判断基準も、インターネットの記事やリスティング広告などからの判断となるのです。

つまり、インターネット上で発信している情報の質や量が、集客のカギを握るわけです。

<ネット集客でやるべきこと>

したがってお店の開店までに自社ホームページは準備し、ポータルサイトと双方で物件情報を発信する必要があります。

ホームページやブログで、物件情報以外にも「特定の種類の物件が豊富」など、自社の特色や、不動産知識、スタッフの人柄を配信することで、アクセスを増やします。

FacebookページやTwiiter、YouTubeといったSNSを活用し、ホームページへのアクセス流入を促し、集客に結びつけることも効果的です。

このアクセス増=集客増という図式は、「やった方がいい」段階ではなく、「必ずおこなった方がいいこと」となりました。

また、アクセス増のための工夫はgoogleの方針などで絶えず進化し変わるため、頼れるITコンサルタントと二人三脚で対策していくのが最善の手段です。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産会社では業務効率化が経営を支える

経営成功のもう一つのカギは業務の効率化ですが、効率化で楽になるだけでなく、人件費や業務にかかる時間・労力も削減できて支出が減ります。

また、コスト削減の方向性以外に、人員あたりの業務量を増やすこともできるため、いずれの方向でも経営成功につながるのです。

不動産会社では業務効率化が経営を支える

<不動産テックが業務を変革する>

業務効率化で目覚ましい効果を上げる決め手は、ITを導入することです。

最近では「不動産テック」などとも呼びますが、「不動産業務へのIT導入」によって、どのように業務効率が改善されるのかという代表例をご紹介します。

<顧客管理システム>

反響で得られたお客さまの情報を一元管理し、簡単に物件情報とマッチングできることと、追客の履歴などスタッフ全員と共有できることは、いろいろな恩恵があります。

自社の物件だけでなく、他社の元付物件情報も取り込んで素早いマッチングが可能になれば、追客のタイミングを逃さず、スタッフの誰がいつアプローチしても大丈夫なのです。

入力したお客さまの情報はそのまま肉付けして、賃貸管理の入居者情報として利用していくこともできます。

<物件管理システム>

物件情報管理は、簡単に入力でき、多種のポータルや業者間流通と簡単に同期できれば、入力や修正の手間が激減して、必要な労働力は大幅に削減することが可能です。

物件情報も一元管理することで、全員で共有できる状態が実現しますので、修正のミスや漏れも減らせて、安定した情報管理ができます。

<賃貸管理システム>

ここまでの項でのIT化は、客付け後の管理物件に関する業務でも、物件情報と入居者情報がひもづいた姿ですべて活かすことができます。

さらに大家さんや修繕ほかの関連業者の情報、会計情報などすべて一括管理ができると、更新のリマインダー、ワンクリックの帳票出力などの効率化が実現します。

何かの情報が必要な時に、「あれはどこだっけ?」と探す時間や、「誰にきけばわかるの?」と悩む要素は、開業当初から元を絶つのが一番ですね。

<オンライン業務>

近年とくに、来店するにあたっても、「忙しい」「遠距離からの物件探し」「コロナが心配」など、極力非接触でのやりとりを希望される流れとなっています。

このニーズにお応えするために電子契約やWeb接客ツールなどを活用すると、コストや時間の削減から、顧客サービスアップと業務の効率化が同時に実現できます。

電子契約では映像通話を電子署名やメール送信と組み合わせて非対面での重要事項説明や契約を実現させるほか、郵送コストや印紙代も不要になります。

オンライン内見などのWeb接客やVRコンテンツによる内見は、遠方や忙しいお客さまが現地に行くことなく、多数の内見が可能になり、スタッフの業務効率もアップします。

今よりもっと反響を増やしたい

一人で不動産会社を経営するうえでのポイント

一人で不動産業を始める場合は、経営を軌道に乗せるために、しっかりと戦略立てて運用体制を整えていく必要があります。

ここからは、一人で不動産会社を経営していくためのポイントについてご紹介していきます。

一人で不動産会社を経営するうえでのポイント

<地域密着で、小さなエリアから始める>

お一人で手が回るという意味でも、エリア内での関係構築のためにも、最初は狭いエリアでスタートを切るのが理想と言われています。

地域密着というのは、お客さまへの訴求上も、新規開業の信頼度を高めやすいという点でも有利なポイントになりうるため、目指す価値があります。

さらに、ホームページなどで地域情報発信もやりやすくなるという点も、見逃せません。

<特色を打ち出す>

お客さまが「どの店に連絡を取ろうか」と検討されるときの判断基準は、「自分の必要とするような物件がたくさんあるか」「自分のニーズに相談に乗ってくれそうか」です。

つまり、自社の特色を打ち出すことができれば「ここは駅周辺の物件に強い」「ここは友人同士の同居に相談に乗ってくれそう」など、ニーズの合う方を集客できます。

決めた特色に関して、ブログでプロならではの知識を継続して発信していると、その集客効果はさらに高まります。

<他社との連携>

不動産業は情報交換や物件の融通のため、一人でなく同業他社との付き合いが欠かせませんが、この付き合いは実は、リアルな対面のものだけとは限りません。

物件情報や顧客情報をお互いのシステムの中に簡単に取り込むことができれば、両社間の絆は、さらに強固なものになるうえ、相互に業務の効率化ができます。

同業他社と協力して進むうえでも、それぞれのシステムや乗り入れる業者間流通など、不動産テックの導入の理解は重要なポイントとなります。

不動産テックの決め手となるツールとして、今回ご紹介したポイントをすべてカバーできるオールインワンシステム「いえらぶCLOUD」をおすすめします。

空室物件の他社への素早い情報出しなど、リーシング業務を一気通貫で支援する業者間流通プラットフォーム「いえらぶBB」も便利に活用いただけます。

導入時最大150万円のIT補助金申請のサポートもおこなっています。

>>業者間流通プラットフォーム いえらぶBB 

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧

今よりもっと反響を増やしたい

まとめ

不動産会社の経営に必須となる集客と業務効率化を、ITツールの活用で解決するための方法を解説しました。

一人の開業当初は経営者ご自身での雑用もたくさんありますが、新しい会社でやりたいこと、専念したい業務に集中するためにも、いえらぶCLOUDをご検討ください。

ゴマキ補助金_450万

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事