WEB

不動産techサービスの提供企業をご紹介【管理・仲介・物件ポータル】

不動産業務のIT推進を意味する「不動産tech」は「Retech」とも呼ばれ、耳にする機会が増えてきていますね。

DXを利用した業務の効率化と、WEBの最新技術で集客力をアップする手段として、急速に普及が始まりました。

今回は、不動産管理、仲介、物件紹介ポータル、メディアなどそれぞれのサービスを提供する不動産tech企業をご紹介していきます。

管理業務の支援サービスを提供する不動産tech企業

不動産管理業務ではさまざまな業務をおこなう必要があり、もっとも業務の効率化が求められています。

この項では、管理業務の効率化のための支援サービス、ツールを提供する不動産tech企業をご紹介します。

管理業務の支援サービスを提供する不動産tech企業

<賃貸名人>

ダンゴネットの運営する「賃貸名人」は、入金管理から月次の送金業務、年間収支報告までトータルで管理が可能な賃貸管理システムです。

主な機能としてまず物件系は、管理物件からの空き部屋情報検索、物件情報、部屋情報、家主・保守情報、修繕履歴の情報管理です。

続いて入居者系の機能は、契約者履歴、更新案内情報管理、定期契約終了管理、収支情報管理、請求書作成、督促状や催告状作成、クレーム履歴管理

などです。

料金:初期費用198,000円~ 月額課金あり

<GMO賃貸DX入居者アプリ>

GMOの「GMO賃貸DX入居者アプリ」は、入居者さまとのコミュニケーションを便利に正確におこないます。

入居者さまとのメッセージ機能、賃貸借契約書などの保管、電子契約、アンケート機能、家賃支払機能などさまざまな業務を効率化できます。

アプリをインストールした入居者さまとのメッセージ機能を活用した情報の一元化をはかり、入居者さまからの連絡の管理、契約書の保管など多様なサービスを提供します。

料金:初期費用プランごと問い合わせ 月額費用あり

<らくらく賃貸管理>

いえらぶGROUPの「らくらく賃貸管理」は、賃貸管理業務のなかでの確認作業や物件・関係者・契約情報の管理にかける時間を大幅に短縮します。

ワンクリックで契約書の作成、自動紹介による家賃や管理料の入金確認、応対履歴の追加など、幅広い管理業務をフルカバーする多機能サービスです。

そして多機能であるうえに使いやすさも両立したシステムで、サポートも充実しているため、一つの画面での作業も簡単で、操作の取得や操作自体に時間をとりません。

基本的な操作はトップ画面で完結でき、TODO管理など仕事をルール化できるため、仕事の属人化を解消し、誰でも把握して助け合うように整理できます。

料金:初期費用あり 月額8,000円~

仲介業務の支援サービスを提供する不動産tech企業

フロント業務としてお客さまや業者間の関係性が問われる仲介業務では、業界全体の変革の波を受けやすく、早い不動産tech導入を望まれるところです。

この項では、不動産売買・賃貸の仲介業務の支援サービス、ツールを提供する不動産tech企業をご紹介します。

仲介業務の支援サービスを提供する不動産tech企業

<売買革命>

日本情報クリエイト株式会社の「売買革命」は、追客・フォローができるステップメールやマイページ機能で、お客さまの動きに合わせたアプローチが可能です。

また、CSVフォーマットでの物件データの取り込みや、ポータルサイト連動もされているため、物件情報入力の手間を簡素化し、業務効率化にも効果的です。

複数のポータルサイトに物件情報送信、マッチングメールの自動追客をおこなえるほか、追客内容の社内共有も容易にできるようになっています。

反響集計機能でインターネットなどからの見込客の反響を、一定期間ごとに分析して利用することができ、集計結果のデータはEXCELに出力することも可能です。

料金:お問い合わせ

<@dream-Light>

リングアンドリンク株式会社が提供する『@dream-Light』は、自社の物件管理に特化したサービスです。

チラシはデータベースから簡単に作成することができ、間取図、画像挿入もワンタッチ操作で、デザインテンプレートを使用したチラシが出力可能です。

また、イチオシ物件、成約物件、新着物件などの最新情報をTwitter、ブログ、YouTubeへ簡単に配信でき、鮮度の高い物件情報として投稿が可能です。

別サービスの@dream-Beginで作成したホームページと物件データベースを連動させ、物件情報の更新をシンプルにおこなうこともできます。

料金:お問い合わせ

<いえらぶBB>

いえらぶGROUPの「いえらぶBB」は、全国10,000社以上の仲介会社の基幹システム「いえらぶCLOUD」と連携が可能なのが大きなメリットです。

いえらぶBBと仲介会社の基幹システムとでリアルタイムで連携し、賃料変更や掲載終了などの情報変更が自動反映されるため、物件確認が不要です。

また、新規物件の情報取り込みや30以上のポータルサイト、ホームページへの転載がワンクリックででき、媒体ごとの再入力不要な機能は、業務効率をアップします。

また、受け付けた申し込み情報をそのまま保証審査・電子契約に使用できるので、再入力の手間や不備がなく、成約後の諸手続きもあっという間に完了します。

料金:基本機能は無料でご利用可能

物件情報紹介・メディアを提供する不動産tech企業

もっぱら集客を目的として利用されてきた物件ポータルですが、近年ではメンテナンスが容易になり、マッチング後も業務を効率よく進められるように進化しています。

この項では、物件情報をインターネット上に掲載するサービスやプラットフォーム、不動産に関連するメディア全般を提供する不動産tech企業をご紹介します。

物件情報紹介・メディアを提供する不動産tech企業

<アットホーム>

アットホーム株式会社運営の「アットホーム」は、加盟・利用不動産店数が約55,000店舗と、不動産会社数ではもっとも掲載数の多い物件情報ポータルサイトです。

ポータルサイトとしての知名度にくわえ、物件チラシを店舗に届けるマイソクの配布もおこない、不動産会社とのつながりが強いです。

また、全国加盟店間の物件流通・atbbも連動され、管理画面からレインズや、宅建協会のハトマークサイトへの物件情報の直接入力などが可能です。

料金:物件情報一枠ごとの従量課金制

<CHINTAI>

株式会社CHINTAIの運営する「CHINTAI」は、グループ会社に不動産フランチャイズで有名な「エイブル」を擁しますが、エイブル以外の物件も幅広く掲載をおこなっています。

ルーツである賃貸住宅情報誌「CHINTAI」は現在も運営をおこなっており、北から南まで16版、7エリアで発行されています。

特色としては、エンドユーザー向けの細やかなサービス充実に注力しており、物件の見せ方の多様化で成約率を上げる方向性で運営されています。

料金:お問い合わせ

<いえらぶ物件検索>

いえらぶGROUPの「いえらぶポータル」(いえらぶの物件検索)は、不動産ポータルサイトとしての高い集客性のほか、さまざまな集客のチャンネルを持っています。

マンション口コミ不動産相談不動産スタッフ検索ほか多機能を誇り、月間350万ページビューを獲得している「住まいの総合ポータル」です。

お客さま目線のものだけでも、不動産会社スタッフ検索不動産相談大家さん相談所マンション口コミ家賃相場ランキングほか、お役立ちコンテンツが多数です。

いえらぶポータルでは現在、反響課金の半額キャンペーンをおこなっています。

>>いえらぶポータル反響課金半額キャンペーン

料金:いえらぶCLOUDプレミアム版の導入で、掲載料金、反響課金ともに無料。

まとめ

不動産管理、仲介、物件紹介ポ―タル、メディアなどそれぞれのサービスを提供する不動産tech企業をご紹介しました。

いえらぶポータルと併せ、顧客管理・Web集客・電子契約などで、業務効率化や集客アップを実現するオールインワンシステム、いえらぶCLOUDをおすすめします。

導入時最大150万円のIT補助金申請のサポートもおこなっています。

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事