開業

【宅地建物取引業】必要な免許や要件と費用などを解説!

最近は、賃貸物件のニーズが年々高まっている影響から、「宅地建物取引業」を始めようと考えている方も多いでしょう。

そこで今回は、宅地建物取引業を始めるために必要になる免許や要件、費用などについて徹底的に解説します。

ぜひ、最後まで本記事をご覧ください。

開業したいけどわからないことばかり

宅地建物取引業に必須な免許と不動産業との違い

宅地建物取引業と聞いて「不動産業」のことだと思う方も多いと思いますが、正確には違いがありますので解説します。

宅地建物取引業は宅地建物取引業免許が必要で、不動産業とは似ているものの違います。

宅地建物取引業は、不動産売買や賃貸借契約などで反復した取引を継続的におこなうことを指しますが、不動産業は売買や賃貸などの幅広い業態をおこなうことを指しますので、基本的には似ていますが異なる業態です。

宅地建物取引業に必要な免許とは?

宅地建物取引業に必要になる免許は、「宅地建物取引業免許」になります。

宅地建物取引業を取得していれば、「重要事項説明」を直接顧客におこなうことが可能です。

不動産取引の場合は、専任でない宅地建物取引士が重要事項説明をすることが可能なことに対して、宅地建物取引業は専任の宅地建物取引士が必要になることも特徴です。

宅地建物取引業で免許が取り消しになってしまう事項

宅地建物取引業の免許を取得しても、免許の取り消し処分を受けてしまう事項もありますので注意が必要です。

「必要的」免許取り消し事項

欠格事項に該当する

免許換えをしていない

免許を受けてから1年以上営業していない

廃業の事実が判明した

「任意的」免許取り消し事項

免許交付時に違反事項が判明した

宅地建物業者の所在地が不明になった

営業保証金の受託を受託した旨の届出がない

上記の内容に該当してしまうと、免許の取り消しになる可能性がありますので、注意して営業をおこないましょう。

宅地建物取引業の免許掲示義務とは?

宅地建物取引業を営むうえで必ず必要になる免許の掲示ですが、事務所に掲示をしていないと違反になってしまいます。

宅地建物取引業は業務をおこなううえで「標識」を掲示する義務があり、宅建業法に違反すると罰金や罰則の処分が下される可能性もあるため、理解しておきましょう。

本来標識の掲示義務は、不動産の売買や賃貸契約の締結において消費者を保護するために存在しています。

不動産の場合は、消費者が不動産の専門知識を有していない場合が多く、取引金額が高額になりますので、相場からかけ離れた金額で契約を締結しトラブルにならないようにしています。

開業したいけどわからないことばかり

宅地建物取引業の免許を取得するための費用と申請手順

宅地建物取引業の免許を受けるために、必要になる費用や内訳を気にしている方も多いでしょう。

事前に費用と内訳を知っていると、余裕を持ちながら免許や費用を用意できるので、知っておく必要があります。

事前に把握し準備ができる点においてメリットが非常に高いため、情報を早く知っておきましょう。

宅地建物取引業の免許を取得するための費用と申請手順

免許申請手順

宅地建物取引業の免許を受けるための申請手順について解説をしますので、参考にしてください。

申請書作成

各都道府県知事、国土交通大臣へ申請

審査(欠格事項・事業所要件等)

免許の通知

営業保証金の供託など

上記が申請手順となります。

免許を受けること自体はシンプルな申請になりますので、事前に把握しておくことで、書類やかかる時間を把握することができるでしょう。

免許取得のための費用

宅地建物取引業の免許を受けるためには、費用がかかります。

宅地建物取引業の免許申請は知事免許と国土交通大臣への免許申請で費用に違いがあるため、ぞれぞれの費用を解説します。

知事免許の場合は「33,000円」の費用が必要で、国土交通大臣への免許申請の場合は「90,000円」の費用が必要になります。

ここからさらに、保証協会への加入金額がかかることに注意しましょう。

また、営業保証金を保証協会にせず供託する場合には「1,000万円」の費用が必要になりますので、費用を極力抑えたい場合は各団体へ加入をすることをおすすめします。

免許を申請するための要件

宅地建物取引業の免許を申請する前に、要件を満たしておく必要がありますので解説します。

要件を満たしていない場合は、宅地建物取引業の免許を申請することができずに事業を始められないので、十分に注意しましょう。

定款の目的に「宅建業を営む旨」を記載すること

欠格要件に該当しないこと

事務所の「独立性」が保たれていること

代表者が事務所に常勤している必要があること

事業所ごとに宅地建物取引士を専任で常勤させておくこと

営業保証金の供託または保証協会に加入していること

要件は複数ありますので、すべての要件を満たすことで宅地建物取引業の免許を受けることができるのです。

開業したいけどわからないことばかり

宅地建物取引業の免許更新の流れや更新中の営業と有効期限

宅地建物取引業の免許を受けた後に、更新や免許更新中の営業について検討することもあるでしょう。

免許更新の流れや免許更新中の営業のこと、免許の有効期限のことをしっかり理解していると、困ることもなくスムーズに営業することが可能です。

宅地建物取引業の免許更新の流れや更新中の営業と有効期限

宅地建物取引業の免許の更新

宅地建物取引業の免許には、「5年」の有効期限があります。

5年を経過すると無免許となってしまうため、必ず期限内で更新をしましょう。

更新申請提出期間は免許の満了日の90日前から30日前までとなっており、1日でも期限を過ぎてしまうと無免許になりますので、注意が必要です。

免許更新の手順は以下のようになります。

申請書作成

申請

審査

更新完了の通知

更新完了

上記の手順で更新は完了し、必要な期間は約40日間となります。

費用は5万円以下で可能になりますので、事前に免許の更新時期を確認し準備をしておくことが良いでしょう。

更新中の営業はどうなる?

更新手続きが終わっていなくても、現在の免許の有効期間が過ぎていなければ、通常通り営業は可能です。

ただし、上記でお伝えしたように、有効期限を過ぎての営業はできないので、早めに更新手続きの準備を始めることが重要です。

業務の効率を図るためのシステム導入

宅地建物取引業をスムーズにおこなうためには、不動産業務支援システムを導入することをおすすめします。

いえらぶCLOUDなら、全業務をカバーする圧倒的な機能性と直感的に操作できるわかりやすいデザインにより、成果最大化と業務効率化を実現することが可能です。

追客業務の効率化と来店率アップが期待できる「顧客管理システム」、IT重説やオンライン内見などで利用できる「WEB接客ツール」など、サービスが充実していることが特徴です。

さらに、反響獲得にこだわったホームぺージ制作も可能です。

システムすれば、業務の負担も軽減できるでしょう。

>>不動産業務の課題・人手不足や長時間労働をDXで解決!業務支援ソフトの活用法

>>いえらぶCLOUDとは?不動産業務のすべてを楽にするオールインワンシステム

開業したいけどわからないことばかり

まとめ

今回は、宅地建物取引業に必要な免許や申請手順などをご紹介しました。

会社全体の業務効率化を図り免許に関する業務に注力するためにも、ぜひ「いえらぶCLOUD」のシステム導入をご検討ください。

>>いえらぶCLOUDのサービス・機能一覧

>>いえらぶCLOUDの導入事例

即稼ぎたい!_ゴマキver

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事