集客

市区町村の公式ホームページからのリンクで不動産会社が儲かる2つの理由



市区町村の公式ホームページのTOPページに広告を出す事で多くのメリットが得られます。今回はその内容についてお伝えさせていただきます。得られるメリットとしては下記の2つになります。

1.自社ホームページの上位表示効果(SEO対策)
2.ブランディング効果

まずは1の自社ホームページの上位表示効果について説明します。各市区町村の公式ホームページの下部に広告を出せるスペースが用意されている事が多いです。この部分に広告を出すのにどれくらい費用がかかるかというと市区町村によりますが月額数千円から数万円です。

参考に大田区の場合、費用は月額2万円です。掲載期間は1ヶ月を単位として最長1年間という事です。つまり1ヶ月、2万円だけ出稿して辞めても大丈夫という事です。

月間アクセスが11万件あると記載がありますが、実際にこのバナー広告をクリックする人はほぼ居ないと思ってください。実際に私は何度もこの手法で不動産会社の自社ホームページのアクセスアップをやってきましたが、バナーからのクリックはどこの会社も雀の涙程度でした。

では何故この手法をおススメするのかというとオーソリティーという権威性を得る為です。

例えば不動産会社がそのエリアのキーワードで上位表示を狙った時に、どれだけオーソリティーという権威性の高いサイトからリンクされているかがGoogleの評価に繋がります。

数年前までGoogleページランクというものがあり行政のホームページは軒並み高いページランクがついていました。

そのGoogleページランクは既に廃止されているので、このオーソリティーも今は見ていない(評価の対象にしていない)という可能性もありますが、私の実感としては、やはり、この市区町村の公式ホームページに広告出稿しているホームページは「○○市 不動産」や「○○区 賃貸」や「〇〇町 一戸建て」で上位表示されていて、更にアクセスが多い印象です。

また通常、この広告枠には「nofollow」というタグが設置されておりオーソリティーが引き継がれないようになっている事がほとんどなのですが市区町村のサイトにはその「nofollow」タグが設置されていない事がほとんどです。

各ホームページのソースコードは簡単に見る事が出来ます。Googleクロームをご利用であれば「Ctrl+U」で閲覧出来ますのでご確認ください。そして「Ctrl+F」で内部検索窓を表示させて、そこに「nofollow」と打ち込んでください。表示されなければ、その市区町村の公式ホームページのTOPページ内に「nofollow」タグが無いという事です。

実際に大田区の公式ホームページのTOPページの下部にリビングライフという不動産会社が広告を出稿しています。SEOチェキを使ってメタタイトルを確認すると「大田区・川崎市・横浜市の新築一戸建てならリビングライフ」となっています。「大田区 新築一戸建て」等で上位表示させたいようです。

次にSEOチェキの検索順位チェックで実際にこのサイトがどのキーワードで何位になっているかを確認しました。次の通りでした。 G=Google検索、Y=Yahoo!検索です。

「大田区 一戸建て」G8位 Y9位
「大田区 戸建て」G9位 Y10位
「大田区 新築一戸建て」G10位 Y10位

Alexa traffic rankも793,236になっていますので、かなりアクセスがあることがわかります。また、中野区の公式ホームページのTOPページの広告を出している「福祉賃貸.com」というサイトは「生活保護 賃貸」という検索ボリュームが多いキーワードでG8位、Y9位で表示されています。

このようにたった2万円で検索ボリュームが多いキーワードで上位表示が可能なのです。ただ、正直、「大田区 一戸建て」で10位以内(1ページ目)に入っていたからと言ってそこまで「大田区 一戸建て」というキーワードで流入は稼げません。しかも「大田区 一戸建て」と検索する人は正直、アツい(契約になりやすい)お客様とは言えません。なのでホームページはやはりLPO対策(TOPページだけではなく全てのページが上位表示する対策)が出来たホームページを持つべきです。是非、この部分に関しては弊社にお問合せください。

ちなみにずっと広告を出し続けなくてもSEO的な効果は得られると思います。オーソリティーの高いホームページからリンクされていたという事が御社のサイトの評価に繋がり上位表示されれば、人の目に留まるようになりますのでアクセスアップします。一度、アクセスアップしてしまえばオーソリティーの高いホームページからのリンクが無くなっても上位表示が下がってしまう事は無いでしょう。

2つ目はブランディング効果についてお伝えします。この市区町村のホームページに広告出稿したら、その部分をキャプチャ(画像データを取得)して自社のホームページに掲載してアピールしましょう。

市区町村のホームページに広告出稿するには審査があるところが多いです。その審査が通っているという事をアピールしましょう。反社会的勢力等では通りません。しっかりした会社であるというアピールになります。

以上になります。広告費用はウェブもあれば駅看板等のリアルなものもあり、どれだけお金をかけるべきか悩むところではあると思います。是非、各広告の本当の費用対効果を学びながら自社の集客に繋げて行きましょう。

※この記事の内容は弊社が効果について保証するものではありません。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部 谷

このライターの記事一覧

いえらぶの前はtoCの営業を5年経験。いえらぶ社員として10年以上経過。累計不動産会社訪問件数3,000件以上。協会団体、ポータルサイト、不動産関連商品会社との渉外対応多数経験。自主管理一棟アパートオーナーとしても5年以上経過。

記事一覧へ

Related articles関連記事