無断駐車が原因で事故が!管理会社に責任はあるの?

駐車場の入り口に無断駐車されている車があるというクレームが借主から入りました。

管理会社としても、無断駐車をやめさせる行動はしたつもりでしたが、無断駐車している車が原因で事故が起こってしまいました。

この場合、管理会社にはどれほどの責任があるのか見ていきましょう。


■無断駐車は気づき次第対応がマストです

管理会社の立場として、無断駐車が発覚した時点で対応をしている姿を借主に見せましょう。

マンションの駐車場の場合は、借主全員のポストに投函することもできるでしょうし、無断駐車に対して何かしらの対策をとったという姿を見せ、対応したという事実を残しておくことが重要です。

でないと、事故が起こったときに管理会社の管理責任を問われてしまうこともあります。

強制的に車の排除ができない以上、無断駐車をしないようにしてくださいという呼びかけを継続して行う等の行動を起こしてください。

対応が遅ければ遅いほど、管理会社が責められる状況を作りやすくなってしまうので、初期対応はいち早く行うことをおすすめします。

■事故が起きたら管理会社の責任になるのか

無断駐車が原因で事故が起こった場合は、管理会社が無断駐車していることを把握していたのか、そしてその対応をしていたのかが、管理会社の管理責任を問う材料になります。

今回の場合は、ポスティングにて借主全体に呼びかけを行っていたため管理会社の責任は問われないと思います。

管理会社としては、ポスティングだけではなく、所有者の特定、全戸聞き取り調査をするというような対応もすると良いかもしれません。

対応のし過ぎということはありませんので無断駐車を解消するための動きをとっていきましょう。

■借主との関係値も大切に

管理会社は借主が安全に暮らせる環境を作っていくことも業務の一つになります。

借主の満足度が上がれば、管理会社と借主の間には信頼関係が構築され、より良い物件管理ができると思います。

駐車場の管理でもそれは同じです。

今回紹介しているケースでは、クレームがあって無断駐車に気づけていました。

しかし、クレームがなければもしかすると無断駐車しているという事実すら把握していなかったという事態に陥ってしまうかもしれません。

借主との関係値は物件管理に生きてくると思います。

■まとめ

今回は、無断駐車が原因の事故は管理会社の責任になるのかについて紹介しました。

管理会社が何かしら無断駐車解消のための動きをしていたのなら、管理責任を問われる可能性が低いと言っていいでしょう。

一度しか注意してない場合などは、対応が甘いと判断されることもあると思いますので、少しでもそういったトラブルの芽をつぶしたいのなら、少し手間はかかりますが徹底的に無断駐車を解消するための動きをするといいでしょう。

事故があってからでは遅い時もあります。

駐車場にもしっかりとアンテナを張って物件の管理をしていきましょう。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

らくちん編集部 まお

この記事を書いた人らくちん編集部 まお

このライターの記事一覧

管理業界を変えたい!そんな思いで業務支援サービスの企画をしている傍ら、管理会社様向けにお役立ち記事の執筆もしています。 実務に沿ったシステムづくりを目指して日々勉強中です。 システムでも記事でも「管理業務を『らくちん』に」をモットーに、管理会社の皆様に寄り添います!

記事一覧へ

Related articles関連記事