駐車場を狙う犯罪が増えている?!対策とは?

最近パートやマンションで、駐車場を狙った犯罪が増えているそうです。

車両の窃盗や車上荒らしが多いようです。

この被害にあうと、退去してしまう確率が高まることもあるので注意してください。

今回は、駐車場で起こりやすい犯罪の紹介と防止方法についてご紹介していきます。


■車上荒らし

車上荒らしをする犯人は、車の中を覗き込んで金目のものがあると窓をたたき割って、金品を盗みます。

これまではバッグや財布といった、明らかな金品が車上荒らしのターゲットになっていました。

しかし最近では、転売が可能なものもターゲットになっているといいます。

ネットオークションやフリマアプリの普及が、この背景にあると考えられます。

ゴルフバックや社内に飾ってある限定物のフィギア、釣り道具なんかは狙われやすいようです。

車に積んだままにしていることも多くあるもので、高額で取引できそうなものを車上荒らし犯は狙うようです。

車種でも狙われやすいものがあり、小さな三画の窓があるタイプは、戻を割るときの音が小さいという観点から狙われやすいようです。

マンションやアパートの駐車場は入居者でなくとも立ち入ることが可能ですので、ターゲットの選定には時間をかけることができるため車上荒らしが増える原因になるのかもしれません。

■車両盗難

トラックやハイエース等の工事用車両が盗まれるのがこれまでに多いパターンでした。

しかし、最近ではプリウス等の乗用車にターゲットが変わっているそうです。

その理由としては、工事用車両を盗むことが難しくなっていることが挙げられます。

防犯対策の厳重化が進んでおり、それに加え警察による摘発も頻繁に行われます。

それにより、泥棒が盗みにくい環境ができています。

そのため、泥棒も盗む対象を変更せざるを得なくなってきているのです。

近年では、高度なカーセキュリティーを突破できるような道具も出回っており、セキュリティーが高いとされる高級車も窃盗の対象になってしまうようです。

乗用車の窃盗をしやすくなるような道具の登場も、アパートやマンションで車の窃盗が増えた理由になるようです。

■被害防止はどうしたらいいの?

窃盗被害の増加は、大家や管理会社が責任を負うことではありません。

とはいえ、黙って見過ごすわけにもいかないのは事実です。

車を盗まれた入居者は転居を考えることもあるでしょう。

賃貸住宅にとって借主の入れ替わりが激しいことは、人気物件でもない限り空室のリスクになるため出来るだけ避けたいことだと思います。

治安の良さ、安全性の高さは借主の住居を選ぶポイントの一つになっています。

駐車場の防犯を高めていくのは、物件の価値の向上につながります。

家主とも相談して、駐車場に防犯カメラの設置をしたり、センサーで光るライトを設置したりと泥棒が避けたくなるような物件づくりを目指しましょう!

■まとめ

借主が安全に暮らせる住居を提供するためにも、近隣の犯罪状況を把握しておくのも重要です。

窃盗が増えているというのであれば、早急に防犯性を高める必要が出てきます。

管理物件のある地域の情報のキャッチアップをしておくと、事件が起こる前に未然に防ぐこともできるでしょう。

防犯性の高い物件は、借主に人気の物件にもなります。

防犯カメラの設置がまだの物件は、是非設置を検討してみてください。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

らくちん編集部 まお

この記事を書いた人らくちん編集部 まお

このライターの記事一覧

管理業界を変えたい!そんな思いで業務支援サービスの企画をしている傍ら、管理会社様向けにお役立ち記事の執筆もしています。 実務に沿ったシステムづくりを目指して日々勉強中です。 システムでも記事でも「管理業務を『らくちん』に」をモットーに、管理会社の皆様に寄り添います!

記事一覧へ

Related articles関連記事