入居時期が遅れた時、どうする?

新築マンションの入居可能日が決定したので、入居者の募集を開始しました。

入居者も決定し、あとは可能日になるのを待つだけという状況の中、工事が遅れていて数日入居可能日が延びると業者から連絡がありました。

このような場合、管理会社は入居を待つ入居予定者に対してどのような対応をするべきなのでしょうか?


借主が入居可能日に合わせて部屋を引き払っている場合

入居が可能になっている日に合わせて借主が引越しを予定している場合、工事が遅れ入居可能日がずれてしまうと、その借主は遅れた間の数日は住むところがなくなります。

こういう時は、事情の説明をし、ホテルを用意し、荷物をトランクルームにひとまず預けてもらうようにお願いする必要が出てきます。

工事の遅延には、借主は全く関係が無いのでトラブルにならないよう丁寧に対応することが重要です。

対応にかかった費用は?

ホテルの一室を借りるにしろ、トランクルームに荷物を預けるにしろ費用は発生してきます。

工事の都合で借主には迷惑をかけているため、管理会社もしくは建築会社が払うことが普通でしょう。

工事の遅延による損害に関しては、管理会社もほとんど責任を問われないため、請負契約の不履行として建築会社が対応にかかった費用を負担するのが一般的なようです。

工事の進捗確認はこまめに行う

工事の遅延は基本的にあって欲しくはありませんが、起こってしまう時もあるでしょう。

今回のようなケースの場合は、建築会社とコミュニケーションをとるようにしていれば未然に防ぐことができたかもしれません。

借主への対応には費用も発生してきますし、建築会社としても避けたいトラブルに違いありません。

工事の状況をしっかりと把握できるような関係性を建築会社と築いておくことも重要になってきます。

入居可能日から入居したいと考えている借主がいるということも伝えておけば、遅延がある場合は建築会社も早めに知らせてくれるかもしれません。

未然に防ぐためには情報の共有が大事になるでしょう。

まとめ

今回は、工事遅延が起こった時の対処法、費用負担について紹介しました。

入居可能日が知らされたら、その日数から余裕を持って契約したりすることも今回のようなトラブルにならないためにできることかもしれません。

どんなに進捗の確認を行っていたとしても、遅延が生じることはあります。

確実に入居できるという状態になってから募集をかけるのもいいかなと思います。

建築会社とのコミュニケーションをこまめにとりつつ、トラブルのない新築マンションの管理をしていきましょう!

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

らくちん編集部 まお

この記事を書いた人らくちん編集部 まお

このライターの記事一覧

管理業界を変えたい!そんな思いで業務支援サービスの企画をしている傍ら、管理会社様向けにお役立ち記事の執筆もしています。 実務に沿ったシステムづくりを目指して日々勉強中です。 システムでも記事でも「管理業務を『らくちん』に」をモットーに、管理会社の皆様に寄り添います!

記事一覧へ