クレジットカードでの家賃支払い、オーナーと入居者にとってのメリット・デメリットとは?

初期費用だけでなく、家賃支払いのクレジットカード払いが増えてきている!?

家賃支払いでオーソドックスなのは、月末までに契約者が振込をしたり、毎月決まった日に契約者の口座から引き落とされたり、振込入金・口座振替が一般的です。

しかし最近、新しい家賃支払方法として「クレジットカード払い」が出てきました。

クレジットカード払いといえば、契約時の初期費用の支払いでは、行っている会社も増えてきましたが、家賃支払いでの利用はなかなか聞きません。

今回は、家賃支払いをクレジットカードで行うことによるメリット・デメリットを考えていきたいと思います。


オーナー・管理会社のメリット・デメリット

オーナー・管理会社のメリットとして大きなものは、「管理の手間を減らすことができる」という点です。契約者が口座に直接振り込んでいる場合は入金有無の確認をする手間が発生するので、クレジットカード払いであれば入金情報をオンライン上で確認ができるため手間が省けます。

また、クレジットカード払いだと自動で支払いが行われるので、契約者が振込を忘れてしまうことも減るため、安心して家賃回収ができます。

デメリットとしては、クレジットカードの使用上限に達してしまった場合に支払いがされないということですが、入金がないことはオーナー・管理会社側でも簡単に確認ができるため、すぐに契約者に連絡することが可能です。

契約者側のメリット・デメリット

支払いが行われるたびに、カードによってですがポイントやマイルが貯まります。また、家賃は金額も大きいですし、毎月必ず払うものですから、定期的に大きなポイントが貯まっていくのは大きなメリットです。

また、自分で直接振り込んでいる場合だと、忙しい時につい振込を忘れてしまうこともあるかもしれません。クレジットカード払いだと自動で支払いがされるので、振込忘れもなくなりますし、振込に行く手間も省けます。

デメリットとしては、家賃は金額が高額なため、その分の利用額を残しておかないと決済が行えないことです。買い物等で利用上限額近くまで使ってしまうと、支払いができないことがあります。計画的な利用が必要でしょう。

まとめ

クレジットカード払いのメリット・デメリットについて考えてきました。

お互いの手間が省ける点では、振込入金よりもメリットでしょう。

また、お部屋探しをしている際に、同じような条件のお部屋だった場合、クレジットカード払いができてポイントが貯まるという点は入居の決め手のひとつになるかもしれません。

不動産業界にも、キャッシュレスの波が来ており、どんどん便利な世の中になっていくのかもしれません。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

らくちん編集部 たかや

この記事を書いた人らくちん編集部 たかや

このライターの記事一覧

賃貸管理会社様へ訪問・コンサル実績は1,000店舗以上!自称”管理会社のお悩み駆け込み寺”!管理業界の最新情報やリアルなお悩み解決方法、便利なノウハウなどをどんどんお伝えします。

記事一覧へ

Related articles関連記事