今話題の賃貸不動産経営管理士についてご紹介します!!

家は人々にとっての生活の基盤であり、安心安全であることが重要です。

管理会社はそのニーズに応えることができる立場にあります。

今話題の賃貸不動産経営管理士の資格を取得して、安全安心な住環境作りを目指しましょう!

今回は、賃貸不動産経営管理士にどのような役割が期待されるのか、資格取得のメリットをご紹介します。


賃貸不動産経営管理士とは

簡単に言えば賃貸住宅の管理におけるプロフェッショナルです。

賃貸管理の業務の幅はとても広いです。

入居者の募集や入居後の対応、建物の維持管理、家賃回収など、人々の暮らしを支え、トラブルを解決することが仕事となっています。

さらには、オーナーへ賃貸経営に関するアドバイスをしている管理会社もあるかもしれません。

そうなった場合、より専門的で、かつ業界について様々な知識が必要であることは火を見るよりも明らかです。

以上のような賃貸管理業界における知識、技術を確かに身につける人材が増えれば、盛り上がりを見せている不動産管理業界を正しいものに導いていけると思います。

賃貸不動産経緯管理士が国から期待されている役割

国家資格にもなろうかという賃貸不動産経営管理士ですが、どのような役割が期待されているのでしょうか。

「賃貸住宅管理業者登録制度」においての役割

この制度は、任意ではありますが、賃貸管理業務の適正化を図るために国土交通省によって制定されたものです。

この制度は、登録事業者名を公表し、事業者の情報を借主が把握できるような環境をつくります。

そのため、その情報を物件選択の判断材料として活用し安心な家選びをできるようになります。

管理業務のルールが普及するため、適切に管理が行われるので、グレーなイメージの不動産業界にもメスを入れることができます。

この制度における、賃貸不動産経営管理士の役割は3つあります。

・賃貸住宅管理に関する重要事項説明および重要事項説明書の記名・押印

・賃貸住宅の管理受託契約書の記名・押印・事務所における資格者の設置義務

契約に関するものは資格の取得者が行うことで、借主の不安も取り除かれます。

資格を取るメリット

今、不動産業界では、賃貸住宅のニーズが増えています。

賃貸管理の需要は高まりを見せており、管理業者も数を伸ばしています。

ですが、空き家の増加や法規制がしっかりしていないために起こるトラブル等、問題を抱えてもいます。

「管理会社 口コミ」で調べると、敷金をぼったくられたとか、クレーム対応が遅いとか、物件の管理が行き届いておらず設備の故障が絶えないとか、入居者とのトラブルは複雑化しています。

また、管理委託契約がない物件があるのも事実で、消費者のためにも、管理会社のためにもプロフェッショナルの存在とルールが必要となっています。

適正化が進む賃貸管理業で、資格を得るメリットは

①賃貸不動産管理に関する専門知識が身につき業務の幅が広がる

②プロのため家主や入居者との信頼関係を構築でき、他社との差別化もできる

消費者は安心を求めています。

肩書き持つことも安心を与える要素の1つになるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、国家資格化で話題となっている賃貸不動産経営管理士について紹介しました。

グレーだと言われる不動産業界も、少しずつ適正化されていっています。

登録制度は、情報を開示し消費者が十分に取引相手を調べられるようになります。

この波は、賃貸不動産経営管理士の資格取得の後押しとなると思います。

誰だって家選びは慎重です。

人生で大きな買い物ですし、生活の基盤になるので当然ですよね。

そんな時、プロフェッショナルに頼みたいと思うのも頷けます。

消費者のニーズ、国からの期待に応えることができる賃貸不動産経営管理士、なってみてはいかがでしょうか?

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事