敷金と礼金の意味、完璧に答えられますか?

敷金や礼金とは何に使われているお金なのでしょうか?

最近では、敷金礼金ゼロという物件も増えていますが、そもそもこの敷金や礼金は何に使われているかご存知でしょうか。

そして、かかる物件とかからない物件があるのはなぜなのでしょうか。

お客さんの素朴な質問にも誠実に対応することで信頼の貯金はたまります。

突然の質問にもスマートに対応できるよう、いまここで敷金と礼金についてイチから説明したいと思います。


敷金とは

敷金は、家を出る時に原状回復するために使うお金とされています。

暮らしている中でできた傷は、次の入居者のために修復しなくてはなりません。

その時に使うお金を入居前に支払うので、初期費用の一部となります。

金額は、家賃の1か月分が基本ですが、物件によって異なります。

修復でかかった費用を差し引かれて残ったお金は、支払った本人に返すことになっています。

礼金とは

礼金は読んで字のごとく、家を借りるお礼に払うお金です。

ありがとうの気持ちを納めるわけです。

このお金の行き先は、その部屋を所有している大家さんです。

敷金と違って戻ってくることはありませんが、入居前に支払うという点では同じです。

こちらも、だいたいの物件は家賃1か月分が金額の目安となっています。

敷金礼金ゼロの物件があるのはなぜ?

敷金・礼金はそれぞれ何のためのお金かを説明してきました。

敷金は家の修理のため、礼金は部屋を貸してくれたお礼のお金で、どちらも必要そうなお金に思えます。

ですが、今は敷金や礼金がゼロの物件も増えてきています。

それを払わなくていいのはなぜなのか?支払いの有無に差が出るのはなぜかを説明します。

大家や不動産屋は早く家を借りてほしい

家を貸す側からすると空室が長く続くと、収入になりません。むしろ出費です。

その家の立地が悪かったとして、敷金礼金がなく初期費用を抑えることができるとしたらどうでしょう。

お客さんはが、借りる家の候補に入れてくれる確率がぐっと高まりますよね。

敷金礼金ナシ物件は、空室が長引くのを嫌がる大家や不動産の戦略によって生まれました。

ちなみに、敷金礼金がない代わりに退去時クリーニング費を取る場合もあります。

まとめ

今回は、敷金・礼金について紹介していきました。

ここまでをまとめると

・敷金は、家の修理に使われ残額が支払ったものに返るお金

・礼金は、大家への感謝を表すお金

・敷金・礼金がないのは家を貸す側の戦略

ということです。

個人住宅の賃貸契約の場合は敷金礼金に消費税はかかりません。

うっかり課税した分をお客さんに請求してしまったなんてことがないように、基本的なことも見直すことが必要です。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事