不動産会社がホームページを開設すべき3つの理由

近年ではホームページを使った集客を行っている不動産会社もかなり増えてきました。ポータルサイトや広告、SNSなどネットで集客を行う方法はいくつかあります。その中でも今回は集客を目的とした不動産会社のホームページを開設するメリットを見ていきましょう。

不動産とポータルサイト

まずは有力な集客方法であるポータルサイトの近況についてです。少し前まではポータルサイトに掲載を行っている不動産はそこまで多くありませんでした。
しかし、ポータルサイトの利用は当たり前になってきています。そのため他社と差をつけずらくポータルサイトの集客、反響だけで勝っていくのは難しくなってきています。

不動産とホームページ

最近では不動産でホームページを制作、活用する事例もかなり増えてきました。この背景にはエンドユーザーがホームページに対する需要があるといってもよいでしょう。
不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)の「不動産情報サイト利用者意識アンケート」調査結果によると、物件を契約した人が対象の項目では、売買において「会社のホームページが充実している」ことを不動産会社選びのポイントにした人が一定数いることがわかります。

不動産がホームページを開設する3つのメリット

不動産がホームページを開設するメリットは大きく3つ考えられます。

メリット① 不動産の自社ホームページは信頼に

不動産が自社ホームページをもつ1つ目のメリットは、ホームページが自社の信頼につながることです。ホームページはインターネット上での店舗のような存在になります。
会社概要やスタッフ紹介、お客様の声などをホームページに掲載することで、ユーザーから信頼を得られるのです。

メリット② 自社ホームページの開設・運用で反響数が増加

2つ目のメリットは売り上げアップになることです。ホームページをもつことで、自社の信頼を得られれば反響を獲得しやすくなっていきます。
またインターネット広告やポータルサイトから自社のホームページへの導線を確保できるため反響が増えるのです。

メリット③ 専門性を打ち出せる

そして3つ目のメリットは専門性を打ち出せることです。不動産がホームページをもつことで、自社の専門性・強みをアピールしていくことが可能です。自社が取り扱う物件の地理的範囲や取り扱う物件の種別を絞っていくことで、専門性を打ち出せます。
専門性が高いホームページにアクセスするユーザーは、よく調べている方です。つまり、情報への興味・関心が高いと言い換えられます。このようなユーザーはポータルサイトと比べて、反響から来店につながりやすいでしょう。

例えば「東京 賃貸」と調べる人と「新宿 賃貸 駅近」と検索する人がいた場合に、どちらのほうが反響につながりやすいでしょうか。 前者は「東京」という広い範囲の賃貸を調べているため、検索対象も必然的に幅広く、競合他社が多くなります。
一方で後者は「新宿」や「駅近」といったキーワードが入っているため、エリアも物件の条件も前者よりも絞られています。その結果、表示される競合のホームページも後者のほうが少なくなり、自社のホームページにアクセスし、お問い合わせをする確率が高くなるのです。
だから専門性を打ち出すことが売上げアップに繋がるメリットがあるといえます。

いえらぶの不動産ホームページ

弊社いえらぶでも不動産に特化したホームページの制作を行っております。会社概要やスタッフ紹介、お客様の声といったコンテンツはもちろん、駅検索やこだわり条件検索などいくつかの検索方法を搭載したホームページを作成することも可能です。
来店率の高い反響を集める設計、オリジナル性の高いホームページを提供しております。ホームページ制作を検討されている方はまずはいえらぶのホームページをご覧ください。

まとめ

不動産のホームページをもつことは自社の信用を獲得できるだけでなく、多媒体との連携で集客効果を高めることにも有効です。専門性や強みをアピールして、反響を増やすためにも自社ホームページの開設してみてはいかがですか?

「ホームページ作成」
オリジナル性が高く、来店率の高い反響を集めるホームページを作成することができる

関連記事
不動産会社がホームページ制作を考える時にチェックしたい3点とは?

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事