無断駐車の効果的な対策は?管理会社ができること

らくらく賃貸管理機能「らくちん」|無料お試しも!
らくらく賃貸管理機能「らくちん」|無料お試しも!

マンションやアパートを管理していると、「入居者でない人が車を止めている」とか「邪魔な車がある」という電話がかかってきたりすることはありませんか。

無断駐車に関するクレームは管理会社からすれば、よくあることかもしれません。

場合によっては、入居者と無断駐車をした人が揉めている、なんていうケースもあるのではないでしょうか。

「無断駐車」は入居者にとっても管理会社にとっても悩ましい問題です。

無断駐車を防ぐために、また、無断駐車からトラブルが発生してしまったとき、管理会社ができることはなにか考えていきましょう。


トラブルの中でも多い無断駐車

車を運転していて空いているスペースがあると、つい空いているスペースに停めてしまいたくなった経験はありますか?特に都内などで駐車場が見つけられなかったときやトイレに行きたいとき、「短い時間ならいいや」と思ってしまう人が多いのかもしれません。

同じように多くの人が「どうせばれないだろう」「短い時間しか停めないから」といった軽い気持ちで停めてしまっているようです。

マンションやアパートに住んでいて、車を所有している人の大半は、該当物件の駐車場を利用しています。本来ならば、マンションやアパートの駐車場は、毎月お金を払って契約している入居者しか利用できません。

しかし、その入居者専用の駐車場に無断駐車をしてしまう人がいることで、入居者のクレームやトラブルも多発しています。

この件に関して、実際に頭を悩ませている管理会社も多いかもしれませんね。

無断駐車されてしまったら

入居者のクレームやトラブルの中で、上位にランクインする無断駐車ですが、警察は基本取り合ってくれません。「民事不介入」といって、個人間の生活での権利や義務のトラブルは、個人間で解決するものなので、警察が介入するべきではないと判断するためです。

となると、入居者や管理人、管理会社などで解決するしかありません。

無断駐車をしている車を見つけたら、

・フロントガラスに注意文の書いた張り紙を置いておく

・無断駐車している車の周りにカラーコーンを置いておく

などすぐに移動してもらえるよう、そして、また再び停めることのないよう対応しましょう。

もし仮に、無断駐車をした人がなかなか戻ってこなかったり、見つからない場合は、車をレッカー車などで動かすことになります。しかし、この際の負担はレッカー車を呼んだ人になってしまいます。また、レッカー車での移動中に、車に汚れやキズが付いてしまうと、車の持ち主から訴えられる可能性があります。ですので、レッカー車を呼んで移動するという方法はあまり取りたくないものです。

また、すぐに車を動かす必要がない場合は、車の所有者を特定できる方法があります。陸運局で自動車の「登録証明取得申請手続き」に登録すれば、所有者が分かるかもしれません。私有地に所有者の分からない放置車両がある場合は、車のナンバーだけで照会可能です。公開された情報をみて、登録されている住所に警告文を送ったりする方法もあります。何日経っても車が動かされず、持ち主も分からないようであれば利用するのもよいでしょう。

やってはいけない対応

無断駐車を見つけたからといってやってはいけない、管理会社側が不利益を被る対応もあります。

レッカー車もそのひとつですが、他には車のタイヤをロックする、などが挙げられます。

車のタイヤをロックすることは、無断駐車をした運転手に直接注意できるメリットがありますが、反対に「すぐに車を動かせなくなった」との理由で損害賠償を請求される可能性もあります。

車に傷をつけてしまっては、傷をつけた管理会社や対応した人が不利になるので、車に危害を加えたり工作しないように気を付けましょう。

大切なのは「停めてはいけない」と思わせること

ここまでで分かったように、無断駐車をされてしまってからでは管理会社側は圧倒的に不利になります。現時点でとても有効な方法はほとんどないので対策をすることが最もよいと考えられます。

これまで無断駐車に関するトラブルがない、という方も、トラブルが起こってしまっては面倒になりますので事前にしっかり対策をしておきましょう!

大切なのは「ここに停めてはいけないんだ」と思わせることです。

例えば、

・無断駐車禁止の看板を取り付ける

・「このスペースは入居者様専用です」の張り紙や契約者の名前を駐車スペースに取り付ける

・監視カメラを設置

・車を停めていないときにはカラーコーンを設置

・契約されておらず、空いている駐車スペースにもカラーコーンを設置

・駐車場の入口にカラーコーンを置いたりロープを貼ったりすることで入りにくくする

などが挙げられます。

また、入居者の協力を仰ぐとさらによいと思います。

というのも、毎度管理会社が無断駐車を見つけるわけではありません。むしろ入居者の方が気づくことが多いです。無断駐車を見つけた際の対応の仕方を共有したり、車を停めていない時にカラーコーンを置くよう協力を促したりして、より対策できるようにしましょう。


トラブルを防ぐことで入居者との関係も良好に

一見小さいことのように感じる無断駐車の問題ですが、実は入居者にとってはかなりストレスに感じられると思います。「夜、帰ってきて車を停めようとしたら知らない車が停まっていた」なんてことが起きたらどうでしょうか。きちんとお金を払って契約をしているのに、となってしまいますよね。

また、何度も無断駐車のトラブルが起きているのに管理会社は何も対応をしてくれない、となったら管理会社に対して信頼感はなくなっていくことでしょう。

そうならないためにも、起きてしまった場合はしっかりと対応し、起きないように対策をしていくことが大切です。入居者のことを考えて対応してくれているな、と入居者が感じられればおのずと管理会社への信頼も厚くなるのではないでしょうか。

また、先にも述べましたが入居者に対応や対策を共有することもよいと思います。管理会社が対策してくれることがわかれば、信頼も生まれますし、やってはいけない対応を共有したり適切な対応を伝えることは入居者を守ることにもつながります。

積極的に入居者の方々とコミュニケーションを取るようにしましょう!

管理業務を効率化して十分に対策しよう!

ここまで無断駐車の対応、対策についてお話ししてきましたが、確かにトラブルは多いけど、正直無断駐車に対応している暇がない!なんて方も多いのではないでしょうか。管理会社の業務は、契約から入金管理、空室対策に仲介会社とのやり取りなど多岐に渡ります。

いえらぶではそんな管理業務を効率化できるサービスを提供していますので、ぜひ活用してみてください。業務を効率化して、空いた時間で入居者のためにもトラブルの元にとなる無断駐車の対策をしませんか。

https://ielove-cloud.jp/kanri/?yclid=YJAD.1584194292.Wyeslbqdcq3YKAJcKGdcCLkehhxFubYXgRiUIQxVVdS2bZBbkcfP1Bfe7kAY0w--

まとめ

無断駐車への対策方法を考察してきましたが、いかがでしたでしょうか?

軽い気持ちから起こってしまう無断駐車を巡るトラブルは、最悪の場合事故を引き起こす原因になってしまう可能性もあります。

これまで無断駐車をめぐるトラブルに悩まされていた方、これまではなかったけれど起こるかもしれない、と感じた方、対応策を考えるのはもちろん、入居者との関係を良好にするためにも、対策をしっかりしていきましょう!

https://ielove-cloud.jp/blog/entry-03208/

らくらく賃貸管理機能「らくちん」|無料お試しも!
らくらく賃貸管理機能「らくちん」|無料お試しも!
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

某IT企業でSEOのノウハウを学び、現在はいえらぶGROUPのライターとして活動中。おもに、不動産や税金、車といった暮らしに関わる記事を執筆しています。

記事一覧へ