賃貸管理

ゴミ置場のトラブルの解決方法

ゴミ置場の異臭や借主以外の人が捨てに来るといったクレームが入居者から入ったことがある方もいるのではないでしょうか。

ゴミに関するトラブルは、管理会社側の責任が問われることが多いので対応方法に悩んでいる方もいると思います。

今回は、事例をあげながら対応方法をご紹介します!

複雑な管理業務手間もリスクも減らしたい

ゴミ置場のルールを守らない入居者

ゴミの捨て方には地域それぞれルールがあります。

守られていないゴミは回収されませんし、放置されれば異臭を放ちます。

その悪臭が原因となってクレームになってしまうこともあるでしょう。

まず1つ目の対策としては、入居前にしっかりとゴミの分別について説明しましょう。

地域のルールがあるので、遠くから引っ越してきた場合はルールがまずわからないという人もいます。

ゴミの分別が複雑な場合は特に念入りに説明しておくといいでしょう。

入居している間に少しずつルールを守らなくなってしまった場合もありますよね。

その場合はまず守っていないものの特定、それから注意です。

そこまですれば大抵の場合はおさまるようです。

複雑な管理業務手間もリスクも減らしたい

全借主に対して呼びかけすることも効果的

注意しても治らない、そもそも誰がルールを守っていないのか特定も難しいという場合は、借主全員向けにアナウンスするのもいいかと思います。

「守ってくれなければ借主の中でゴミ置場の管理を当番制でしていただくようにします」等の呼びかけを行って成功した会社もあるようです。

特定の方に対して注意をすると、トラブルになりかねないと判断した場合は、他の借主も含め全体への呼びかけをするのもいいと思います。

複雑な管理業務手間もリスクも減らしたい

不法投棄は防犯カメラが効果的

不法投棄に関しては防犯カメラが効果的です。

不法投棄は捨てている本人も自覚していることがほとんどです。

そのため、見られているという意識があれば、バレたくないのでそもそも捨てにきません。

また、防犯カメラを設置しておけばゴミ捨てのルールを守っていない人も探し出すことも可能な時もあります。

カメラの設置も良い方法といえるでしょう。

複雑な管理業務手間もリスクも減らしたい

まとめ

ゴミに関するトラブルで悩んでいる方が多いような印象を受けます。

ゴミをテーマにしてある記事は実際に結構読まれています。

管理会社同士、入居者対応での悩みというのは共通しているものもあると思います。

お近くの管理会社がどんな入居者対応をしているのか、今回であればゴミ置場でどんな工夫をしているのか情報交換するのもいいかもしれません。

色々な方法を試して最善策を見つければ、入居者の満足度も上がり長期契約に結びつきます!

無料で使えて即埋まる_ゴマキ

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事