管理

賃貸の繁忙期に向けて、管理会社も準備をしておきましょう

らくらく賃貸管理機能「らくちん」|無料お試しも!
らくらく賃貸管理機能「らくちん」|無料お試しも!

タグ:

繁忙期には、確実に入居者を得たいと思うのは仲介会社だけではなくて管理会社も同じですよね。

繁忙期を逃せば、空室が長期化することも考えられ、家主の収益に大きな影響を与えかねません。

今回は、不動産業界の繁忙期とそれまでの準備、繁忙期中の動きについて紹介していきます。


不動産業界の繁忙期はいつごろか

不動産業界の繁忙期は新生活が始まる、4月前の12月から3月の間といわれております。

ファミリー向けの物件だと、結婚式の多い6月から10月が繁忙期のこともあるようです。

人が引っ越してくるということは、その分退去もあるということです。

管理会社は入居、退去どちらも対応せねばならないので、とても忙しいです。

この時は入居者獲得の競争もかなり激しいようです。

そのため、ほかの物件との差別化を図らなければ、繁忙期とはいえ空室を埋めることも簡単ではないということです。

他物件との差別化事例

空室対策でよくあるのが、キャンペーン企画です。

「今なら、〇ヶ月賃料無料」「家電プレゼント」というようなキャンペーンは家を探している人の心に響くこともあるみたいです。

キャンペーン企画でどばっと入居者が来ると、契約満了もまとめてくることになります。

そうなれば、一気に空室が増えてしまう危険性もあるため、一概には良いと言えませんが、キャンペーン企画も使い方で良い空室対策になることは間違いないのではないでしょうか。

最近は自分で部屋をカスタマイズしても良い賃貸、ペット可の賃貸が人気になってきているようです。

ですので、今空室が続いている物件を、カスタマイズ可能、ペット可能にするのも他物件との差別化を図るのにいいかもしれません。

繁忙期を迎える前に

繁忙期を迎える前にやっておいてほしいのが、管理物件の掃除です。

内見に来てもらっても、物件の清掃が行き届いていないと入居者獲得を逃してしまうこともあります。

部屋を見に来た人の立場に立ってみましょう。

借りようかなと考えている部屋が汚い場合、借りたいと思う気持ちも薄れてしまうかもしれません。

繁忙期はたくさんの人が部屋に出入りします。

内見の予定がある物件は特に、清掃が行き届いているかどうかを確認するようにしてくださいね。

まとめ

今回は繁忙期の動きについて紹介しました。

入居対応もあれば解約対応もあるのが、管理会社の繁忙期です。

契約関係のやり取りに漏れがないかももちろんのことですが、入居者獲得のために部屋の清掃も忘れないようにしてくださいね!

細かいところに気を回せる管理会社は必然的に空室が埋まっていきますよ!

らくらく賃貸管理機能「らくちん」|無料お試しも!
らくらく賃貸管理機能「らくちん」|無料お試しも!
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

この記事を書いた人らくちん編集部 まお

このライターの記事一覧

管理業界を変えたい!そんな思いで業務支援サービスの企画をしている傍ら、管理会社様向けにお役立ち記事の執筆もしています。 実務に沿ったシステムづくりを目指して日々勉強中です。 システムでも記事でも「管理業務を『らくちん』に」をモットーに、管理会社の皆様に寄り添います!

記事一覧へ