管理会社を変えたいと家主が思うタイミングって?

管理業務に携わっていれば、家主から管理会社を変更すると伝えられることもありますよね。

今回は家主が管理会社を変えようと思うタイミングをいくつか挙げて紹介していきます。

変更のタイミングについて知っておけば、立てると良い対策も見えてくると思います。


安心しすぎてはいけません!

管理会社の皆様にとって、家主の方は大切なお客様です。

家主を新規で獲得することももちろん大切だと思いますが、今契約している家主が離れていかないようにすることも管理会社のやるべきことなのではないかと思います。

家主の中には付き合いを大切にする人もいるので、特に心配していない管理会社の方もいるかもしれませんが、経営がうまくいっていない状態が続けば、管理会社の変更を告げられてしまうかもしれません。

これから、家主が管理会社を変えようと思うタイミングについてみていきましょう。

管理会社を変更しようと思う理由

賃貸経営で利益を出すことは簡単ではありません。

管理会社に管理を委託している家主の方の場合は、賃貸経営はほぼ管理会社が担っていると言っても過言ではないのではないでしょうか。

空室が続いている、入居者からのクレームが絶えない、更新や解約の時に高確率でトラブルが起こる・・・、このような状態が改善しない場合、あなたが大家でも管理会社の変更を考えると思います。

家主の方は、仲介会社から管理会社の情報を得ることも結構あるようなので、仲介会社との連絡も密にとっておくことも大切なようです。

そうすれば、自分の管理会社がどのような管理をしているのか、経営状況を仲介会社を通して伝えることができるようになります。

家主が管理会社を変更するタイミングはいつ?

家主が管理会社を変更するタイミングはいつが多いのかを知っておけば、その前にグリップすることができるかもしれません。

家主が管理会社を変えるのは、賃貸仲介会社の繁忙期を避けた期間のようです。

繁忙期の1月から3月の間や、9月や10月は、変更をしたくても手続きがスムーズにいかない場合があるようで、家主はその期間は避けがちです。

ですので、もし変更を考えていそうな家主がいる場合、その人の管理物件はどのくらいあって、どのような経営状況なのかを確認してください。

変更しようと思っているところに、管理会社から連絡が来て、今後の経営方法の相談をされたら、まだこのままでも大丈夫かな、まだ続けてみようかなと思うかもしれません。

管理会社変更のタイミングは頭に入れておくといいと思います!

まとめ

今回は家主が管理会社を変更する理由とタイミングについて紹介していきました。

管理会社の仕事は管理している物件を安定して経営することもそうですし、家主とのコミュニケーションも大事な仕事になります。

経営が多少うまくいかなかったとしても、家主とのコミュニケーションがしっかりとれていれば、急に変更を言い渡されることもないと思います。

普段から相談してきてくれるような環境を作っておくことは、もしものときのグリップをかけるときに役に立ちます。

検討してもらえる期間を得られるかどうでないかでだいぶ違ってくるはずです。

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事