賃貸管理

外国人入居者を受け入れる体制を整えよう!①

近年では、外国人労働者の受け入れも拡大し、日本に住む外国人の数は着実に増えていっているようです。

外国人の方たちを相手に、契約を結んだことがないという管理会社の方もいるかもしれませんが、これからその経験をする可能性は高くなっていくと思います。

今回は、外国人対応の未来を見据えて、受け入れの体制を整える方法を2本立てで紹介していきます。

外国人と握手する男性

複雑な管理業務手間もリスクも減らしたい

外国人労働者の増加

平成30年6月末において、在留外国人数は,263万7,251人おり、前年末に比べて7万5,403人(2.9%)増加しています。(参考:法務省ホームページ 「平成30年6月末現在における在留外国人数について(速報値)」 平成30年9月19日)

これからどんどん増えていくことが予想されます。

それに伴って、外国人労働者の住居も用意する必要があります。

勤め先が住宅を用意してくれるところもあれば、自分で契約しないといけないところもあるようです。

社会の動きを敏感に感じ取ることも、賃貸管理をうまくやっていくコツかもしれませんね。

複雑な管理業務手間もリスクも減らしたい

外国人労働者の入居受け入れの体制を整えましょう

外国人の対応をあまりやったことがないと、漠然とした不安があるのではないでしょうか。

これは、どの管理会社にも通じるもので、外国人の受け入れ態勢が整っていない会社がほとんどのようです。

外国人の入居者はトラブルのリスクが高く、オーナーが入居を断ることもしばしばあるため、うまく入居に漕ぎ着ければ満室になりやすいというメリットがあります。

ただ、文化の違いや言葉の壁が立ちふさがることもあるので、それに対しての対策はしっかり考えておく必要がありそうです。

整っているところは今のところそれほどないので、満室経営を目指すチャンスともいえます。

外国人の入居者を受け入れるには、準備が必要です。

当たり前ですが、日本とその他の国とでは、文化や話す言葉は異なります。

そのため、居住するにあたって守ってほしいルールの周知ができなかったり、近隣住民やほかの入居者とトラブルを起こしてしまったりします。

それが原因で元居た入居者が退去してしまっては意味がないですし、外国人の方たちにもトラブルなく生活してもらいたいですよね。

それを実現するためには、受け入れる前に想定されるトラブルとその対策を考えていく必要があります。

複雑な管理業務手間もリスクも減らしたい

まとめ

今回は、外国人労働者が増加していることと、外国人の方たちを受け入れる体制を整えることの重要性についてまとめていきました。

②では、実際に想定されるトラブルの紹介と対策方法についてまとめていきたいと思います。

これから外国人が増えていくことを考えたら遅かれ早かれ、賃貸管理における外国人対応という壁にはぶち当たるものなのかもしれません。

早めの対策は、ほかの管理会社との差別化も図ることができます。

空室対策としても絶大な効果を発揮する外国人の受け入れを積極的に行っていきましょう。

無料で使えて即埋まる_ゴマキ

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事