賃貸管理

空き駐車場の有効活用方法3選!

近年では車離れが進み、部屋に空室がなくとも駐車場に空きがあるという場合もあるのではないでしょうか。

家主からすると駐車場もなんとか埋めてほしいというのが本音です。

駐車場の空きは管理会社の悩みの一つと言えるのではないでしょうか?そんな悩みを持っている管理会社は必見です。


複雑な管理業務手間もリスクも減らしたい

空き駐車場を埋めるのは大変

部屋が埋まっている状態で空き駐車場が埋まっていない場合は、空き駐車場を埋めるのは難しいです。

その理由は、入居者が車を購入するのを待つしかないからです。

ただ、現代社会の風潮として車離れがありなかなか埋まらないのが現実で、頭を抱えている管理会社の方も少なくないでしょう。

一方で、その空き駐車場を借りたい人も多くいます。

駐車として利用するだけでなく、別の用途で利用したいというニーズも増えてきているようです。

この両者をうまくマッチングできれば、うまくいくのではないでしょうか?

そして、この両者をつなぐサービスが近年、次々と登場しています。


複雑な管理業務手間もリスクも減らしたい

おすすめ有効活用方法3選!

今回は、空いている駐車場の有効な活用方法を3つご紹介します。

①パーキングシェアサービスを活用

1つ目は、「パーキングシェアサービス」です。

どこかに出かけたとき、出かけ先の駐車場は満杯、近くの駐車場も埋まってしまっていて、ちょうどいいところに車を停めることができなかったという経験はありませんか?

出かけ先近くにある、月極駐車場やアパートの駐車場はガラガラでそこに停めることができたならと思ったことのある人は結構いるのではないでしょうか?

そこでパーキングシェアサービスが活躍します。こちらは空き駐車場をシェアするサービスです。

借りる側は、格安で駐車できるスペースを手に入れることができメリットになります。

貸す側のメリットで言うと、使っていない駐車場で利益を生むことができる点です。

これを取り扱うパーキングシェアサービスとして、「軒先パーキング」を紹介します。

このサービスは、サービスの登録にはお金はかからず、免許証さえ持っていれば簡単に登録することが可能です。

家主側も登録は無料で、登録している駐車場が利用された時のみ、駐車料金の35%を支払う、成果報酬型の仕組みになっています。

このサービスは、空き駐車場で悩んでいる家主はもちろん、自宅の駐車場を利用しなくなった一般住宅の所有者、定休日に駐車場が空いていて副収入として駐車料で稼ぎたいという人にも人気があるようです。

②シェアサイクリングの設置

2つ目は、「シェアサイクリング」です。

車離れに代わって、自転車を使う人は多くなってきています。その要因として、新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに、自動車移動をする人が増えたからです。

日本では、政府が積極的に自転車のシェアリングシステムのサポートやインフラ設備を行っており、今後も拡大していく見込みがあります。

利用者のメリットは、ポートと呼ばれる共同自転車置き場を好きなところで利用でき、ほとんどのサービスで24時間利用できることです。

また、家主側にもメリットがあります。シェアサイクリングポートがあることを家主が持つ物件の集客目的として用いることもでき、時期によっては政府から補助金をもらうことも可能です。

これを取り扱うサービスとして、「PiPPA」を紹介します。

利用者はスマホアプリを用いて自転車を借りることができ、ポート位置をスマホ上で確認することが可能です。

家主側もポート設置に関して、初期費用0円で工事不要です。報酬に関しても駐輪ポート毎に収益を集計し、決められた比率で収益が分配されるという成果報酬型となっております。

このサービスは都内以外でも全国で拡大しており、ポート設置実績や実例も豊富にあるので、空き駐車場をポート設置として初めて使う方にもおすすめです。

③出張店舗募集

3つ目は、「出張店舗募集」です。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、飲食店を筆頭にキッチンカーを用いて販売している事業者が増加しています。これによって、店舗場所に関係なく自由に販売できるようになりました。

キッチンカー以外にも、仮設テントを設けて販売している事業者もいます。しかし、これらで重要になってくるのは店舗場所です。その店舗場所として、空き駐車場を貸し出す取り組みも増えています。

メリットとして、販売側は広い場所を確保して販売することが可能です。一方家主側も人が集まることで物件の集客目的の広報になり、販売側との交渉によって収益を生み出すことも可能です。

これを取り扱うサービスとして、「軒先ビジネス」を紹介します。

これは誰でも簡単に1日からお店やイベントを開けるポップアップスペースを探せるスペースシェアサービスです。

利用者は使用したい土地をサービス上で確保してビジネスを行うことができます。一方、家貸主は空いている土地をサービス上に公開することで利用があった場合のみ、システム利用料としてスペース利用料金の38.5%を頂く成功報酬制です。

家主はこのサービスに無料で登録できるので、まずは空き駐車場の登録を家主に勧めてはいかがでしょうか?


複雑な管理業務手間もリスクも減らしたい

ポイント:社会の変化には敏感に!

以上のように、これまではなかったようなサービスの出現により、どうすることもできなかった問題が解決することもあります。

家主の中には、最近の社会の変化に疎い人もいると思います。だからこそ、管理会社は鋭くアンテナを張り、家主に情報提供を提供していくことが重要です。

「家主の物件の収益を守るための方法を考え抜き、最善の方法を家主に提案する」、これは1ランク上の物件管理につながるのではないでしょうか。

「空き駐車場が埋まらない…」でお困りなら、集客力に強い「いえらぶパーク」にお任せください。

いえらぶパークでは、月極駐車場の契約管理業務代行サービスを提供しています。

契約管理業務の負担を減らすだけでなく、日本全国”15,000件”以上の駐車場情報を取り扱うシェアリングサービス(QRpark)と連携していることで、テナント募集が可能です。

契約管理業務の負担を解消し、同時に収益アップを実現します。


複雑な管理業務手間もリスクも減らしたい

まとめ

今回は空き駐車場の有効な活用方法を3つ紹介しました。

駐車場を求めている人と、使ってほしい人、それを結び付ける仕組みはもうすでに整っています。使えるものはすべて使い、質のいい管理を目指しましょう!

家主の情報屋となり、業界全体の動きや変化を知らせてあげるのも管理会社の大事な仕事です。

新鮮な情報をいち早く手に入れるには、常にアンテナを張っておく必要があります。不動産管理のスペシャリストになり、管理離れしらずの会社に!!


無料で使えて即埋まる_ゴマキ

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事