更新料の免除をした入居者がなかなか出ていかないとき管理会社はどうしたらいいの?

契約更新のトラブルは結構多いと思います。

契約更新を管理しきれずに、更新料を未払いのまま放置していた入居者がいるとしましょう。数か月後、更新時期が過ぎていることに気付き、連絡を入れると「更新してもすぐに出ていく予定なので、更新料の請求をしてこなかったそっちも悪いから免除してほしい」とその入居者に言われたとします。

そういうことならと、入居者のお願いを聞き入れたはいいものの、入居者が退去する様子が見られません。

こんな時、管理会社はどのような対応をしたらよいのでしょうか?

今回は、対応方法についてご紹介します。


まずは入居者に退去日の確認をしましょう

退去すると言ったのに退去しない入居者には、まず退去するのはいつなのか、そもそも退去する意思があるのかの確認をとりましょう。

事情が変わって、退去しないことにしたという可能性もあります。

こまめに連絡を取って、対応していきましょう。

退去する意思があるのならば、念を押せばいいのですが、問題は退去を辞めたという入居者です。

人によっては、「立ち退いてほしいのなら立ち退き料を支払ってください」と言ってくる人もいます。

こんな時の管理会社の対応はどのようなものがあるのでしょうか。

更新料はもらえるの?

立ち退かなくていいから更新料くらいはもらいたいと思う管理が者の方もいるかもしれませんが、それは難しいかもしれません。

合意していないんだから契約は有効ではないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、それは違います。

契約期間内に合意書の締結がされないと、法定更新されることはご存知ですよね。

そもそも今回のケースでは、管理会社の不手際で契約更新時期を忘れて、数か月放置してしまっています。この時点で法定更新されてしまっているので、契約は有効になります。

立ち退き料の請求を拒否することはできる?

更新料をもらうことは難しいことは説明しました。

入居者が退去の意思を示したのだから、立ち退き料は支払う必要はないだろうと思う方もいるかもしれません。

ですが、どうしても立ち退いてほしいのであれば立ち退き料を支払うことになる可能性がかなり高いです。

書面に、「更新料の免除の代わりに、〇年〇月〇日までに退去します」という入居者の言ったことを残しておけば話は変わってきますが、口約束の場合は立ち退きを迫ることは難しいでしょう。

口約束では、入居者が退去の意思を示したということを証明することが難しいです。

まとめ

今回のようなトラブルが起きないように管理会社が注意しなければいけないのは

①更新時期を忘れない

②口約束にせず、書面で合意があった事実を残しておく

以上2点です。

特に②はとても大切です。自分の主張と相手の主張をしっかりと書面に残しておけば、裁判になったとしても証拠として出すことができます。合意書を拒否されたとしても、覚書として確認のメール等を送っておくのもいいと思います。

これは、今回のようなトラブルに限りません。

どんな些細な約束事も、書面に残すクセをつけるようにしましょう!

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事