ゴミ出しのルール違反、マナー違反にどう対応したらいいの?

マンションでは、ゴミ出しのルールやマナーの違反でトラブルになることがあります。

ゴミの場合は誰が出したのかの特定をするのも難しいです。

ゴミに関するクレームが入ったときに管理会社はどのように対応すればよいのでしょうか。


ゴミ出しでのトラブルの原因とは

トラブルが起こる原因として、以下の3つがあります。

①ゴミ出しの時間が守れていない

②分別が出来ていない

③粗大ごみの不法投棄

③に関しては、そもそものマナー違反ですが、①と②に関しては引っ越してきたばかりの時に、起こりやすいトラブルです。

なぜなら、ゴミ出しのルールは自治体によって異なるからです。

極端な話ですが、分別が極度に少ない地域から、分別の種類がたくさんある地域に引っ越せばゴミの分別ができていないという事態も起こり得ます。

ゴミ出しの時間も同様にして、トラブルの原因になってしまいます。

マンションの中には、24時間いつでも専用のゴミ庫にゴミ出しOKのところもあります。作業員の人がゴミ出しの時間になったら出してくれるようになっていて、そのような生活をしていたらゴミ出しのルールもおろそかになってしまうかもしれません。

ゴミ出しのルールやマナー違反のクレームも管理会社に寄せられます

賃貸住宅で起こったゴミトラブルのクレームも管理会社に寄せられます。ゴミは臭いも放ちますし、ゴミ系のトラブルは快適な暮らしの妨げになるため早急な対応が必要です。

ただ、先ほども言ったように、誰が出したゴミなのかを特定することは非常に難しいため、対応に悩んでいる管理会社も多いかもしれません。

どんな対応策があるのか見ていきましょう。

掲示物、配布物で注意喚起をする

マンションの共有部に掲示し、一つ一つポスティングをしてゴミ出しのルールやマナーについての呼びかけを行うのが一つ目の方法です。

ルールやマナーを間違っている、違反をしているという意識がそもそもない人も多くいるので、まずはこんなルールがありますよという呼びかけを行ってみてください。

掲示するだけだと見ない人もいるので、ポスティングもしていくと効果は上がるかもしれません。

またゴミ袋に、部屋番号を書くことにする等の対策をしているところもあるようです。

ゴミ分別表の掲示

ゴミ庫の部分に大きく分別表を掲示するのが二つ目の方法です。

ゴミ出しをさせる前に、確認してもらうことができます。

各家庭にも配布をしていくことも大切です。

決まりがあることをしっかり伝えることがトラブルの防止につながります。

外国人の入居者のために多言語表記のものも用意する

外国人の入居者がいた場合、日本語で書かれていてはしっかり理解することは難しいかもしれません。決まりを理解できておらず、近隣の住民から咎められてしまってはかわいそうです。そうならないためにも、外国人向けの資料も用意しておくことも大切です。

まとめ

今回はゴミ出しのトラブルとその対応策についてご紹介しました。

誰が出したか分からないと、当事者意識が薄れてルールを守ろうという気持ちがダウンしてしまうのかもしれません。入居する際に、生活上のルールの説明を怠らないことも長い目で見るととても重要なことです!入居者全員の快適な暮らしを守るためにも管理会社は、ルールとマナーを入居者へ伝えていきましょう。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事