集客

不動産会社の有効な集客とは?お客様に選ばれるポイントや注意点を解説

タグ:

不動産で集客とひとことで言ってもさまざまな要素があり、何に注力したら良いか迷ってしまう面もあります。

集客は、現在もっとも有効な方法にある程度的を絞って対策をする必要があります。

そこで今回は、不動産会社の有効な集客とはどのようなものか、お客様に選ばれるポイントや注意点を解説します。

あらためてしっかりと集客に取り組みたいとお考えの方は、ぜひ最後までお読みください。

不動産の有効な集客とは?

まず、有効な集客方法とその理由についてご説明しましょう。

不動産の有効な集客とは?

最新の集客動向は?

有効な集客方法確立のために、まずお客様の最新の購買行動を意識する必要がありますね。

最近のお客様は、駅から近い知名度の高そうなお店に行き、そこから物件探しを相談するというスタイルが少なくなりました。

物件チラシのチェックや訪店など、さまざまな行動があるなか、住まい探しに能動的なお客様がもっとも頼りにするのがインターネットです。

なかでも、ホームページとブログの果たす役割が大きくなっています。

SNSやポータルサイトを通じた、「気になるお店」や「物件候補」の絞り込みを経て、本格的な不動産会社選びをおこなうのがホームページとブログだからです。

したがって、集客方法としてはこの二つを対策するのが良いのです。

ホームページの集客

自社ホームページは、ほかのさまざまなメディアを経て、お客様が最終的にチェックする到達点です。

大部分のお客様がホームページで物件や会社の詳細内容を確認のうえ、問い合わせをおこないます。

その際にお客様の判断材料となる、大切な要素は以下です。

商品やサービスが自分のニーズに一致しているか

自分のニーズについて専門性があるか

住まい探しの対象エリアについて詳しそうか

親身になって相談を受けてくれそうか

これらの要素を満たしたホームページであるかどうかが、集客できるかどうかのカギとなります。

ブログからの集客

自社ホームページと並んで、集客に大きな意味を持つのがブログの記事です。

お客様が「どんな不動産会社か」を知るために非常に都合が良く、ホームページのメディア力を補強して、有効な集客方法となります。

物件情報のほか、住まい探しのノウハウ、地域の情報、スタッフの人柄を表現するなどの切り口の記事で、お客様の反響を喚起します。

ブログは、検索エンジンの上位表示にも貢献します。

検索結果で上位の不動産会社は、ホームページを見てもらえる確率が大きく向上しますが。ブログがそれをサポートします。

googleなどの上位表示の条件である、こまめに更新することと、コンテンツ量(ページ数)が多いことをブログが実現するのです。

また、ブログの1記事はそれぞれ単独で検索結果として表示されるため、お客様がほしい情報を、検索で直接見つけてもらいやすくなります。

不動産の集客で選ばれるポイントは?

不動産の集客で、選ばれる不動産会社になるポイントはどのようなものなのでしょう?

不動産の集客で選ばれるポイントは?

キャリアと地域密着度

最近はインターネットで情報が伝わり、少しくわしいお客様は、不動産会社のキャリアを宅地建物取引業者の免許番号でチェックしています。

免許番号の数字が大きいほど、長く安定して経営している証拠として信頼するのです。

そういったキャリアの長い会社は、地元の企業であることや、地域密着をセールスポイントとしていることも多いです。

言い換えるとエリアのことをよく知っていて、情報網も太いというアピールです。

しかしこういった点ばかりが、選ばれるポイントではありません。

専門性の高さと人柄

たとえば2人暮らしの賃貸物件に豊富な知識を持っていたり、相続に伴う売却ではノウハウのあるスタッフが対応するなどのアピールは集客に有効です。

専門性や自社の強みをアピールして、その点を広告で強調することが、集客につながります。

また、専門家とは言っても堅い感じではなく、気軽に相談に載ってもらえるか、ちゃんと話を聞いてくれるかという点も、お客様はチェックしています。

また、自分のニーズに合った種類の物件が豊富にあるということも、ホームページ内で「ファミリー物件数がエリアナンバーワン」という形で訴求し、集客につなげましょう。

いつでも対応してくれる?

そして、お客様のチェック項目として挙げられるのが、「いつでも対応してくれるか?」です。

営業時間の長さ、定休時間の少なさが、安心して問い合わせしやすいかどうかに関わってくるのです。

しかしこれは、「いつでもお店が開いている状態」を望まれているのとは違います。

対応時間帯を延長したからと言って、今まで時間外だったところに問い合わせが増えるのではなく、通常時間に反響が増えます。

テレワークや自動応答などをうまく活用し、担当者が不在でもすぐに対応できるような体制づくりもおこないましょう。

人手不足や働き方改革がうたわれる今、合理的な方法で対応することがポイントです。

不動産の集客業務をする際の注意点は?

集客業務をおこなう際に、どのような点に注意したら良いのでしょうか?

不動産の集客業務をする際の注意点は?

分かりやすい発信を心がける

お客様の持つ悩みに詳しいと言っても、専門用語を駆使して、難解な説明を記事にしては逆効果になってしまいます。

あくまでわかりやすく、悩みに寄り添ったトーンで、読んでもらえる記事を心がけましょう。

また、物件の詳細説明なども、「1階で近隣に気兼ねなく子育てOK」「大学近くで学際の賃貸借需要多数」など、物件の具体的なイメージを喚起する説明が効果的です。

どのような記事もつねに、お客様の問題を具体的に解決するという視点で発信することが、集客のための注意点となります。

おとり広告に注意!

物件のアピールに熱心なあまり、物件の内容をお客様に誤認させてしまいような表現は避けなければなりません。

法的な規制も関係しますが、実際に内見したお客様の信用を失うことが問題でしょう。

ポータルサイトでもおとり広告に該当するような表現は、エラーで入力できない仕様となっていますが、事前に広告表現のチェックをおこなうのは大変な作業です。

業務支援システムで事前に広告表現チェックをおこなえるのが理想です。

集客にはいえらぶCLOUDを!

効果的で効率的な集客を専門的にサポートし、成約数アップにつなげる、いえらぶCLOUDのサービスをご紹介します。

ホームページ、ブログの制作

いえらぶCLOUDでは、不動産に特化し集客にこだわったホームページ、ブログ制作のサービスをおこなっています。

トップページだけでなく、注力エリアの物件一覧や物件詳細でも検索結果で上位表示されるように、最新の対策を施したホームページづくりをおこないます。

また、公開後もアクセス結果の分析や、最新のプログラム動向を反映させるよう、継続して反響数アップをサポートいたします。

執筆代行サービス

各社様それぞれの特性に合わせ、ほしいユーザーを狙った集客のためのホームページやブログ記事を作成します。

不動産専門のIT企業として12,000社の不動産会社様とのお付き合いの経験から、複雑な慣習や法令などを含む記事制作もおまかせください。

このほか反響への返信や、顧客リストへの登録を簡単におこない、スタッフ全員で共有が可能です。

集客サポートのほかにも、いえらぶCLOUDは売買、賃貸借のあらゆる業務に対応し、充実した機能をそなえたオールインワンパッケージの不動産業務支援システムです。

導入後もサポート&コンサルの役割を担う専門スタッフが12,000社導入の実績を持つ弊社のノウハウでコンサルティングをおこないます。

※下記リンクより、無料資料ダウンロードをどうぞ!

>>反響獲得にこだわった不動産ホームページ制作

>>いえらぶCLOUD 執筆代行

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧

まとめ

不動産会社の有効な集客とはどのようなものか、お客様に選ばれるポイントや注意点を解説しました。

最新の集客方法をつねにサポートし成約数アップに貢献する、いえらぶCLOUDの導入をぜひご検討ください。

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事