WEB

ホームページのSSL対応とは?なぜ重要かや対応のメリットを解説

タグ:

ホームページのSSLというのをご存知でしょうか?

最近では、「SSLに対応していないホームページはアクセスが伸びない」と言われるようになりました。

今回は、ホームページのSSL対応とは何か、なぜ重要なのかや対応のメリットについて解説します。

ホームページのSSLとは?

それではまず、SSLとはどういうものかをご説明します。

ホームページのSSLとは?

<SSLとは?>

SSLはSecure Sockets Layerといい、インターネットでデータを暗号化してやりとりする仕組みのことです。

個人情報やクレジットカード情報などの大事なデータを暗号化して、第三者に読み取られないようにし、安全に通信をおこないます。

この暗号化のやりとりができるようにしたホームページが、SSL対応のホームページというわけです。

インターネット上で個人情報や金融関係のデータを通信するのが日常となった現在、ホームページに不可欠の技術となってきました。

<SSL対応ホームページの見分け方>

SSLに対応しているかどうかは、ホームページのアドレスで見分けることができます。

アドレスの頭の部分がhttps://でホームページが表示されればSSL対応、http://と、sが付かない状態でしか表示できない場合、SSLに非対応となります。

また、SSL対応で表示できている場合、アドレスを表示している左側に鍵のマークが表示されます。

たったこれだけのことですが、この違いは大きな意味を持ちます。

<SSLはなぜ重要?>

SSLはなぜ重要かは、大きく分類すると

お客様の情報セキュリティを守る

ホームページの信頼度を守る

ホームページの機能を高める

この3つがかかわってきます。

ここからは、SSLの対応があるなしでどのような違いがあるか、具体的にご説明します。

ホームページのSSL非対応による影響

実はSSLに対応していないホームページは、最近では以下のような影響を受けています。

ホームページのSSL非対応による影響

<セキュリティの問題>

まずお客様への影響ですが、SSL対応のホームページでは、通信の暗号化などでセキュリティーが強化され、より安全に利用いただけるようになりました。

たとえば個人情報を入力する場合、氏名や住所、クレジットカード番号などが暗号化されて通信がおこなわれ、それらの漏洩するリスクが低くなります。

SSLに非対応の場合、お客様の個人情報が簡単に漏洩する悪影響があります。

これが第三者に知られてしまい悪用された場合、ホームページの開設者の責任問題が問われる可能性があります。

不動産業のホームぺージでは、何気ない追客のやりとりのなかで個人情報を含むのが常です。

情報が漏れることは信用問題になりますので、避けなければなりません。

また、SSLに対応するためには、SSL証明書の発行を通じてサービスの提供者が誰なのかを登録する必要があります。

非対応の場合、サービス提供者が曖昧だという扱いになるのです。

<SEOで不利に>

ホームページを検索の上位に表示させるためのSEO(検索エンジン最適化)は、集客にとっては欠かせない作業となります。

SSL対応は、このSEOにも影響を及ぼします。

googleやYahoo!は、セキュリティ対策のおこなわれたホームページを、信頼度の高いものとして認識します。

Googleの公式見解では「同じようなクオリティーのホームページの場合、SSL対応している方を優先的に上位に表示させる」と明言しています。

最近では、一部のブラウザー(ホームページ閲覧アプリ)でSSL非対応のページを見ると、「保護されていない通信です」という警告メッセージが出ます。

この状態では、検索エンジンからの信頼だけではなく、お客様の信頼度も下がってしまうことになります。

<ホームページアクセスログの精度が落ちる>

ホームページのアクセスログとは、ホームページのアクセス数をさまざまな角度から見ることができるデータのことです。

アクセスログは、どのページにどのようなアクセスがあるかや、物件ごとの人気などがわかるため、マーケティング分析に大事な役目を果たします。

ここで問題になるのは、SSLに非対応のホームページでは、どこから来たユーザーであるのかを判断ができないことです。

Googleの検索経由で来たユーザーかどうかの判別は、SSL対応のホームページでしか分からないため、せっかくSEO対策をしても、その効果がよく把握できないのです。

<ホームページの表示速度低下>

ホームページの通信を高速化するために、http/2という規格があるのですが、SSLに非対応の場合、この規格が利用できません。

したがって、http/2規格のホームページに比べて、表示速度が遅く感じられるようになります。

また、http/2は高速化のほかにセキュリティーの強化、スマートフォンなどでのページの表示も高速化するので、これらも利用できないことになります。

こうした知識はあくまで専門的なものであり、以前にホームページ制作を依頼した会社が継続して管理してくれるケースはまれです。

さらに、不動産のホームページには不動産ならではのノウハウが必要なので、ホームページの分野で頼れるパートナーは限られてしまいます。

そこでおすすめするのが、いえらぶのホームページです。

いえらぶ制作の不動産ホームページでSSL安心!

反響獲得にこだわった不動産ホームページ制作で、4,000社以上の実績を持ついえらぶのホームページ制作についてご紹介します。

いえらぶ制作の不動産ホームページでSSL安心!

<SSLほか、ホームページの最新技術に対応>

ホームページの技術的な対応は、ここまでご紹介してきたSSLの常時対応以外にも、スマートフォン対応から本格的なSEO対策まで、さまざまなことが必要です。

いえらぶのホームページは、もちろんこれらのすべてに対応しています。

また、納品して終わりではなく、常に最新の情報と実績に基づき、必要なサポートをおこないますので、専門的な技術面で安心です。

<SEOにも強さを発揮!>

反響数、成約数の基礎になる検索エンジン対策も、ホームページの構造、内容のご提案、コンテンツ(ブログ)の運用代行など、あらゆる角度からサポートいたします。

お客様は物件だけでなくホームページの内容をもとに「どの会社にアクセスするか」を決められます。

選ばれる1社になるためのノウハウの提供と、運用のお手伝いをさせていただきます。

<インターネット広告業務の効率化>

自社ホームページ、ポータル、業者間情報流通と、複数のホームページを対象にたくさんの物件の掲載情報を管理するのは、大変な労力を要する業務です。

いえらぶのホームページはいえらぶCLOUDとの連動で、これらの業務の大幅な効率化を実現します。

ポータルのワンクリック連動、間取り図・チラシ作成、広告チェックなど、いえらぶCLOUDの充実した機能の数々を、ぜひご確認ください。

いえらぶのホームページの導入メリットまとめ

ホームページの最新技術を継続的にサポート

反響と成約の獲得にこだわった制作と運用

インターネット広告業務の大幅な効率化

>>いえらぶ 反響獲得にこだわった不動産ホームページ制作

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧

まとめ

ホームページのSSL対応とは何か、なぜ重要かや対応のメリットについて解説しました。

インターネットの技術は日進月歩なのですが、いえらぶCLOUDのホームページで大事なポイントを押さえて、集客・成約にご活用ください!

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事