集客

VR内覧のメリットとデメリット

「住宅展示場が休業要請対象となってしまった」「内覧がキャンセルになった」「問い合わせが減った」など、少なからず影響はあったのではないでしょうか。

コロナ禍で不要不急の外出を控える必要がある今、VR内覧は新型コロナウイルス感染対策に有効な方法と言えるでしょう。

本記事ではVRの住宅内覧を利用するメリットとデメリットをお伝えします。

VR内覧の導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

そもそもVRとは?

VRとはVirtual Reality(バーチャルリアリティ)の略で、日本語では仮想現実や人口現実感などと訳されています。

本当はその場にいないのに、CGを駆使してつくられた仮想現実がそこにいるかのような疑似体験できるテクノロジーのことです。

VRは本物と虚構、時空や時制を超えた世界が広がります。

たとえばゲームの主人公になれたり、自分の部屋にいながら本格的な宇宙旅行気分が楽しめるでしょう。

VRゴーグルを頭部に装着して、360°の映像を体感するスタイルとなります。


ARとの違いは

VRと似た言葉で「AR」というものがあります。

VRがVirtual Reality(バーチャルリアリティ)=「仮想現実」であるのに対して、ARはAugmented Reality(オーグメンテッドリアリティ)=「拡張現実」となります。

ARはスマートフォンなどのカメラで映し出した現実空間に仮想空間を重ね合わせることで、現実を「拡張」する技術のことを言います。

VR内覧ってどんなもの?

VR内覧とは、VRを使って現地まで行かずに物件の内覧ができるサービスです。

モデルルームを何ヶ所も回る必要がなく、VR内覧でチェックすることが可能です。

大事な住まい選びは、たくさんの候補の中から選んで最終的に住む物件を決めたい、と思う方も多いでしょう。

しかし、仕事などが忙しくて見に行く時間はとれない場合、何件も回るのは大変ですよね。

VR内覧はいつでも簡単に内覧ができるので、そんな悩みを解決してくれるでしょう。

現在では、多くの不動産会社でVR内覧が活用されていますよ。

VR内覧のメリットとデメリット

VR内覧と実際に現地で内覧するのとでは、どのような違いがあるのでしょうか。

それぞれのメリットとデメリットをお伝えします。

メリット

VR内覧のメリットは、お客様側にも業者側にもメリットがあると言えるでしょう。

物件の内覧は不動産業者にとっても、お客様にとってもたくさんの時間がとられます。

VRを活用すれば1件あたりの内覧時間が短縮できるので、不動産業者の担当者もお客さんも現地に足を運んだりする時間を削減できます。

またリアルに体験できるVR内覧だと、関心のある物件を絞り込んでから実際に内覧に行けば、契約獲得が向上するでしょう。

時間をかけて現地に内覧に行ったけど、イメージと違うなどの期待外れで終わるという無駄を防止でき、業務効率の改善にもつながります。

VR内覧はまだ新しく、体験してみたい人が多いサービスですから、「VRで物件の内覧ができます」「5分で物件の内覧可能」などの宣伝があればお客様の関心を集められます。

さらに、遠方の物件を探しているお客様にとっては現地への移動時間や交通費節約になるので、VR内覧で部屋を決められるならとても魅力的と言えるでしょう。


デメリット

VRではフローリングの質感や壁の傷、物件の日当たりなどの細かい部分の再現はできません。

実際に肌で感じる部分においてはVR技術が進歩しても再現が難しく、実際に足を運んだ方が間違いないでしょう。

他にも、物件の周辺情報が見られないという点もあります。

VR内覧で見られるのは室内の映像に限られてしまうため、周辺が静かなエリアなのか、近くにスーパーがあるのか、共有部分の管理が行き届いているかなど、室内以外の情報を把握することはできません。

また、個人差はありますが人によっては、VR映像で「VR酔い」をしてしまい、気分が悪くなることがあります。

女性の方はVRゴーグルをつけることにより、衛生面やお化粧が崩れることを気にして嫌がる方もいるでしょう。

よって、不動産会社としてはVRゴーグルを使わずにタブレットやPCで見られるようにしておく、という配慮もあると親切ですね。

VR内覧をはじめるにあたり準備するもの

必要な器具は、360°カメラ、ロング三脚、VRゴーグル、スマホです。

5万円程あればそろえられるでしょう。

また、VR制作に必要なソフトは月額4,000円程度から18,000円までさまざまな価格帯のものがあり、一部ソフトには専用端末機付きのものもあります。


まとめ

さまざまな分野でVRが活用されており、ゲーム、アニメ、映画などのエンターテインメント業界のみならず、ビジネス分野でも使われています。

現地に行かなくても360°お部屋を隅々まで見ることができ、新型コロナウイルス感染対策にもなります。

業務効率アップにもつながるので、VR内覧を導入してみてはいかがでしょうか?

いえらぶでは、不動産業務を幅広くサポートしています。

自分で簡単に作成できるVRコンテンツ作成機能もありますよ。

物件情報と一緒に一元管理できるので、管理も楽々です!

VR内覧を始めるならぜひいえらぶにお任せください!

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事