取材

【いえらぶCLOUDご利用お客様の声】口コミで評判!渋谷区でおすすめの不動産会社:株式会社Plan C様



今回は2020年8月に「リーシング機能」「顧客管理機能(CRM機能)」を導入いただいた東京都渋谷区恵比寿にある株式会社Plan C様にリーシング機能とCRM(顧客情報管理)機能について取材させていただきました。実際にお使いいただいている曳地様にお話をお伺いさせていただきました。

【この記事のまとめ】
■いえらぶを選んだ理由
・システムの一元化
■株式会社Plan Cが選ぶ3つのおすすめリーシング機能
・ぶっかく自動応答
・ウェブ内見予約
・空室一覧
■効率化を実感したこと
■一日の流れをご紹介
「CRM(顧客情報管理)機能×リーシング」
■サポート体制
■改善してほしいこと・今後の期待
・CSV出力の仕様
・仲介会社様向けサイトももっと便利に
・手厚いサポートは今のままで
■株式会社Plan C様の魅力
・魅力的な選択肢「Plan C」


<システムの一元化>

導入前からいえらぶの名前は知っていました。その中で管理会社も立ち上げようと思ったときに、別スタッフの方が前の会社でいえらぶを使っていたこともあり、「使いやすく」、「スタッフ間での共有がしやすい」ので選びました。前はリーシングの機能で他社のシステムを使っていたのですが、「システムの一元化」ということで乗り換えを決めました。

一元化することのメリットとして、欲しい情報を見つけやすいこと、経理の負担軽減があると思います。一元化せずに業務をすると、どこに何があるのかわからず業務の煩雑化につながりますし、経理も複雑になるので、一元化したほうが仕事しやすいと思いますね。

また、サービスのボリュームが多いことも、いえらぶの魅力だと思います。仲介会社や管理会社のかゆいところに手が届くシステムであったり、「これがあったらいいな」ということが出来るところは面白いですね。

<3つのおすすめリーシング機能>

最初に、リーシングを自社でやる理由としては、株式会社 Plan Cはデベロッパーなので、「建てた物件は自分たちが一番よくわかっている」「魅力を一番知っている」からです。

【ぶっかく自動応答】

リーシング機能の中で役立つものとしてまずは、「ぶっかく自動応答」ですね。これは業務効率化できる機能の一つです。基本的に営業中は転送可能状態にしています。
仲介会社様が物件確認と同時に、初期費用の交渉等、様々な話があるので常に対応可能にしていますね。また、その時に自社で建てたからこそ分かる物件の魅力もお話ししています。時間外は自動応答に切り替えて使っていますね。

【ウェブ内見予約】

内見予約がウェブ上で完結できることも魅力です。どの会社様が何時にどの物件を見たかという履歴が残るのはありがたいですね。この履歴を残すためにも、内見予約は「すべてウェブ上から」に切り替えました。
それに加えて、一社ずつではなく、一斉にアプローチができることも魅力の一つだと思います。建てた物件を取引先の会社様に周知していただくためにも活用しています。

【空室一覧】

個人的に感動したのは「空室一覧」です。これを使う前はスプレッドシートに手入力でまとめていて、一週間ごとに変わった条件を入力しなおして仲介会社様に送っていました。この作業がワンクリックでできることは本当に素晴らしいです。
上記に加えて、部屋ごとの反響数や内見数を履歴やCSVで出して、統計・分析をしているので、戦略を立てるのにも役立てています。こういった各機能が連携しているので、かなり力になってくれるツールですね。


<導入前からの道のり>

導入時に大変だったことは、取引先の会社様に内見予約等をウェブに切り替えたことを認知していただくことと、機能が多い分使いこなすことが少し大変に感じました。感覚的に使えたらなと思いつつ、多少使いこなすのに難しい部分もありました。サポートにかなり救われました。システム使うのが苦手な方でも使えたら最高ですね。
上記のお客様に認知していただく部分での工夫は現状アナログです。口頭やショートメッセージでお伝えしたり、マイソクに載せたりです。実際は何もしなくとも認知してくれることが理想なので、そういった仕組みが出来たらより面白いですね。

【効率化を感じた部分】

まずは「ぶっかく自動応答」のおかげで電話対応が減り、仕事の効率が上がりました。前は間髪入れずに電話対応していたので、この時間が有効活用できているのは嬉しいです。
内見予約に関しましても、電話からウェブ上に切り替えたことで、前より他の仕事にも対応が可能になりました。
反響のお客様を管理することのできる「CRM機能」では、自動で反響を取り込んで、お客様のステータスが見やすい顧客一覧も作成してくれるので、かなり嬉しいですね。導入前はこういった一覧はスプレッドシートに手入力で管理していたので、確認が面倒になり、その結果追客しなくこともありました。
この作業が自動化されるので追客の質がかなり向上したと感じています。
メールのひな型も使っていますね。かなり返信スピードが速くなるので、おすすめです。

【一日の流れ】

まずは、「顧客管理機能(CRM機能)」のチェックから始まります。メールの開封確認機能が備わっているので、開封済みであれば追客を開始します。
次に、営業時間になったら「ぶっかく自動応答」を転送可能状態にして、直接対応します。それと同時に物件のデータの入力を開始し、用意した写真やデータをいえらぶCLOUDに入れ、編集を行います。
基本的には一日中いえらぶのサービスを何かしら使っています。特に「リーシング機能」と「顧客管理機能(CRM機能)」機能を組み合わせて使っています。


<サポート体制>

結論から出すと、満足度は高いです。理由としましては、まず一つ、「対応・レスポンスが早いこと」もう一つは、「不動産会社の要望や質問に寄り添い、システムの開発を進めてくれる」ことです。
この体制はぜひ今後も続けていってほしいです。

<改善してほしい点・今後期待すること>

まずは、CSVの出力の仕様を変えてほしいと思います。現状だと、各店舗が内見時にどの物件を見たのかが一つのセルにまとまっているので、列を変えて出力できると分析時の計算がしやすいなと思います。
次に、仲介会社様向けサイトにおける、仲介会社様のアカウントを一つに統一してほしいなとも思います。各仲介会社様が管理会社ごとにアカウントを設けるのではなく、一つのアカウントだけで情報を閲覧できるようにしたら、より反響数・内見数といった部分が伸びるかなと思います。
もう一つは、 サポート体制ですね。ここはぜひ今の手厚いサポートを続けていってほしいです。かなり導入時は集中的にサポートを受けることが出来たり、要望にも対応してくれるので、今後も期待してます。

<株式会社Plan C様の魅力>

魅力としては、まず「土地の仕入れからデザイン、建築からリーシング出口まで一貫して行っている」ことですね。だからこそできる市場分析を用いたリーシングは強みの一つだと考えています。
また、「少数気鋭」かつ「スピードを一番大切にしているチーム」なので全ての事業において決裁や実行が早いことも強みの一つです。
今後もこういった強みを活かして、お客様の未来と資産をつむぎ、魅力的な選択肢「Plan C」を創出していきます。


株式会社Plan C様が手がけたモデルルーム兼レストランの「trias DINING」
詳細はこちらから>>>>https://trias.tokyo.jp/

今回曳地様に快くインタビューを受けていただきました。
今後ともいえらぶの「一元化」されたシステムを心地よくお使いいただけるように、ご意見をいただきつつ、共にシステムを作っていただけたらと思います。

【ご好評をいただいた機能をご紹介!】
・顧客管理機能
・業者間サイト
・ぶっかく自動応答

【お知らせ】弊社いえらぶGROUPが提供するサービスをご利用の会社様のお客様の声取材を進めております。取材を受けて頂ける方はご連絡を頂けましたら幸いです。何卒よろしくお願いします。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

この記事を書いた人いえらぶ編集部21

このライターの記事一覧

いえらぶ編集部の期待の新人

記事一覧へ

Related articles関連記事