取材

【いえらぶCLOUDご利用お客様の声】口コミで評判!大分県大分市でおすすめの不動産会社:光陽商事有限会社様



2019年10月にいえらぶCLOUDを導入いただいた大分県大分市の光陽商事有限会社様にいえらぶCLOUDについて取材させていただきました。代表の松浪剛喜様にお話を伺いました。

【この記事のまとめ】
■いえらぶCLOUDの良いところ
・人を選ばない使いやすいシステム
・格段に使いやすい顧客管理機能
・コンサルティングなどのサポート体制
・デザインパターンが豊富なホームページ

■いえらぶCLOUDの改善してほしいところ
・ホームページの編集

■光陽商事様の強み
・大手と違う敷居の低い地域密着型不動産会社
・メディアの信頼に裏打ちされた不動産会社
・IT重説やWeb接客でコロナ対策も万全
・相続の知識と経験が豊富
・お客様の不安を解決できるコンサルティング


― 本日はお時間いただきありがとうございます。よろしくお願いします。まず初めに光陽商事様について教えて頂けますでしょうか。

松浪様:大分市専門に売買物件と賃貸物件を取り扱っています。特に大分市の中心部が強いですね。もし、お客様で別府市とか他の場所で物件を探されている方がいらっしゃったら、そのご要望にもお答えします。

― ありがとうございます。いえらぶを知ったきっかけを教えてください。

松浪様:今まではフランチャイズの加盟店の一員でした。ですが大分市専門にやっている自分たちとはあまり合わなくて。このような場所だとワンルームなどの収益物件が多くて戸建ての物件が集まらないなど様々な理由で脱退しました。

― その後は不動産専門のシステムを使わずに業務を行われていたのですよね。

松浪様:そうです。物件や顧客の管理をエクセルなどでやっていました。ただ、それだと追客とかお客様の登録とか十分にできなくて。忘れちゃうことが多くありました。

― そこでいえらぶとの接触があったのですか。


松浪様:いいえ。実はフランチャイズに加盟しているころから知っていました。営業の佐藤さんがよく連絡くれていて。フランチャイズを脱退した後やっぱりエクセルのままじゃ具合悪かったので、いえらぶさんに連絡したのです。ちょうどIT導入補助金のタイミングでもあったのでね。

― 頭の中にいえらぶが残っていたのが契約の決め手なのですね。

松浪様:実際、他の会社さんの話も聞きました。ですが今まで関わっているという事もあるし信頼できるイメージがありましたね。だから他のシステム会社さんの話は5分ぐらいで聞くのをやめちゃいました。

― そのような経緯だったのですね。ご導入頂きまして改めてありがとうございます。いえらぶCLOUD使っていただいて約1年経ちますがエクセルでの管理やフランチャイズのシステムと比べて、ここが使いやすいという点はありますでしょうか。

松浪様:そうですね。やっぱりホームページです。あと顧客管理システムなどの機能が充実している所ですね。上からで申し訳ないですけど、かなりレベル高いと思いますよ。前のシステムと似ているのだけど使いやすさが格段に違いますね。業態や会社規模に関係なく使っていただける仕様だからこそ使いやすいのだと思います。尚且つフランチャイズの縛りみたいなのもないですからね。


― お褒めの言葉ありがとうございます。ホームページの反響にも契約時かなり期待感を抱いていらっしゃったと思うのですが実際どう感じますか。

松浪様:正直、まだまだ時間がかかるのかなと思っています。ただコロナ以降反響はなんとなく増えてきている印象はありますね。

― そうなのですね。何か新しい施策を取り入れたりしたことに要因があるのですか。

松浪様:最近、ホームページでのブログに力をいれて、GoogleマイビジネスでMEO対策をし始めたからですかね。地図検索では前までは4ページ目とかに表示されていたのが1ページ目に表示されるようになりましたよ。普通の検索では大きい会社さんにはまだまだ勝てないですけどね。ただ敷居の高さを大手さんに感じている人がいるからこそ地元の不動産会社に問い合わせていただけるかも知れませんね。

― しかも松浪様はラジオをやられているなど地元でのメディア露出も多いですからね。興味を持っていただけているのではないですか。

松浪様:お店に来たら本物に会えますからね。(編集注:松浪様はコモエスタ松本としてラジオをはじめSNS等で不動産情報を発信している)こんなことやっている不動産会社は他にないでしょ。


― 他にいないのは間違いないです。メディアへの露出が増えたきっかけはあるのですか。

松浪様:全日本不動産協会に入った時に会社PRができるラジオ番組に出演させていただいていました。その時の代理店さんが番組やったら面白いかもねということで今のラジオ番組を持ってきてくれました。もう2年ぐらいになりますかね。

― 不動産会社さんで2年間もラジオ番組持っていらっしゃる方は居ないと思います。それによって地元テレビの出演にも繋がっているのですか。最近も不動産会社のコロナ対策として地元テレビが取材に来ていましたよね。

松浪様:自分でプレスリリースしたりしていますよ。V-cube(弊社が提供するオンライン会議ツール)を導入しましたからIT重説とかWeb接客とかコロナ対策しています!と打ち出して、取材に来てください!と言っています。そのおかげでコロナ対策で新たな取り組みをしている会社として取り上げていただいていますね。

― そのメディア露出がお客様の安心感につながっているのですね。大手の会社に行くよりも顔のわかる地元の不動産会社の方が相談しやすいです。

松浪様:國場さん(編集注:弊社いえらぶのコンサルタント)がよかったからじゃない。サポートが良いもの。


― そうなのですか。その定期的なコンサルティングなどのサービスに関しては、どのような印象をお持ちですか。

松浪様:月一回やりましょうという感じでサポートしていただいているのでありがたいですね。最初は分析までできるのかなという印象でしたけどブログとか様々な対策をしていくと具体的に振り返りと施策が分かるのでいいですね。全日本不動産協会などからアドバイスしてもらうよりも、かなりグローバルな視点と言いますか、実際のお客様の行動が数字で目に見えますからね。

― なるほどですね。これからどうしていくかが明確化されると次の一歩も踏み出しやすいですよね。

松浪様:それこそ顧客管理機能も次に何をするのかがわかります。メール反響から簡単に顧客情報を取り込めますし切り売りではなく最初から最後まで接客の管理ができるので便利ですよね。今はWeb接客ツールも連携されていますし。メールもいえらぶCLOUD画面から送っていますよ。うちは人が少ないから全部は使いこなせないけど人数の多い会社さんでも十分使えると思いますよ。お客様の担当者をつけることもできますし。

― 松浪様と青井様(編集注:光陽商事のスタッフ様)で使い分けていらっしゃるのですね。

松浪様:青井さんはプロですよ。使いこなしています。自分は入力し終えた情報をみて、「へぇ~、すごいね」という感じです。青井さん、いつもありがとうございます。


― 他のスタッフの方にも使いこなしていただいてうれしいです。逆に、いえらぶに改善してほしい点や導入してほしいサービスはありますでしょうか。

松浪様:ホームページのレイアウトの変更や画像加工がもっと簡単にできるといいですね。いつもわからなくなって、いえらぶさんに電話しちゃいます。ブログを書くみたいに簡単にできると楽ですね。バナーの画像も他のツールを使って作っていますが形式が変換されてしまうので画質も悪くなってしまいます。

― バナーの変更など、弊社でもデザインから実装まで承っていますけどね。


松浪様:大体ホームページの情報を変えたいときって時間がないときが多いので。このタイミングだからこそ変えないと、となるので。自分で行える方が時間とお金をかけずに変更できますから作成と変更を簡単に行えるようにしていただきたいです。

― なるほどですね。社内で検討させていただきます。定期的にバナーを変えたりされているということはホームページへのこだわりもかなりあるのですか。

松浪様:オリジナリティは欲しいですよね。うちはいえらぶさんにテンプレートでHPを作っていただいたのですがデザインが多いですよね。100以上のデザインから会社のイメージに合ったものを選べるのでうれしかったです。普通の会社さんのテンプレートだと5・6パターンとかで、どこの会社で作っているとか他の会社とかぶってしまう可能性ありますからね。

― デザインと色の組み合わせでテンプレートでもオリジナルに近いホームページを作成できるのも弊社の強みです。光陽商事さんの場合、画像でさらなるオリジナリティをだしていますよね。


松浪様:面倒くさい不動産会社だなと思われるではないですか。

― そんなことないですよ。明るい方というのがお客様にも伝わっていると思います。

松浪様:実際いえらぶCLOUDはまだ2割ぐらいしか使いこなしていないと感じています。機能も多いし色んな業務が行えるので。必要な機能をピックアップして使っていますが十分に業務ができていますね。まだまだ賃貸管理機能とか使いこなす余地はあると思いますが。登録から出稿、顧客や賃貸の管理までできてしまいますからね。

― 必要な業務が出てきた時にサポートできるよう様々な機能を備えています。ぜひ、他の機能も使ってみてください。最後に、光陽商事の今後のビジョンをお聞かせください。


松浪様:コロナの影響で世の中の動きも変わってきましたからね。今後は不動産コンサルティングの方にも力を入れていきたいと思っています。主には相続案件などですね。大分は、お子様が県外に出られているケースが多いですから東京などの県外とのやり取りになります。そういうときにWeb接客が役に立ちますね。コロナ対策だけでなく県外とのやり取りにも使えるので、より集客に繋がります。

― ありがとうございます。相続案件での不動産コンサルティングとは具体的にどのようなことをするのですか。

松浪様:相続案件などでも中古物件や土地を仕入れて自社で陳列することが多いと思います。ですが自分は業者さんを相手にすることも多いのでお客様がスピーディーに良いお値段で売却できるお手伝いができればと思います。お客様の不安を解決できるコンサルティングができればと思います。

― 松浪様は相続に関する知識も豊富ということですね。


松浪様:相続に関しては知識よりも経験がものをいうと思います。幸も不幸も、自分自身3回相続を経験しています。法的なことは知識でもまかなえますが実際お客様とお話する時には経験しているのは重要ですね。お客様のプライベートに踏み込んでお話することが多いので、あまり詳細を話したがらないお客様もいます。だけど「もしかしたら」という質問ができると「実は」という答えが返ってきて展開が変わるのです。そこを押さえて相続のよいお手伝いができればいいなと思っております。

― 松浪様の強みを生かした今後のビジョンですね。お話しいただきありがとうございます。 本日は貴重な時間を割いて様々なお話を聞かせて頂き大変ありがとうございました。

松浪様:ありがとうございました。


【お知らせ】弊社いえらぶGROUPが提供するサービスをご利用の会社様のお客様の声取材を進めております。取材を受けて頂ける方はご連絡を頂けましたら幸いです。何卒よろしくお願いします。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

この記事を書いた人いえらぶ編集部21

このライターの記事一覧

いえらぶ編集部の期待の新人

記事一覧へ

Related articles関連記事