【アフターコロナ】変われない日本人に対応する不動産会社のみが勝ち残る



2020年5月9日付の日本経済新聞で世界9カ国で実施した消費者意識調査の結果で一番最悪な状況だと認識しているのが日本人なのに新型コロナの感染拡大をうけて日々の生活スタイルを変えたとする消費者は日本が73%で英国(85%)やイタリア(83%)を下回ったとのことです。

要するに危機を感じているのに慣れ親しんだ生活様式を変えられないのが日本人ということです。

ここからアフターコロナに置いて成功する不動産会社を考察すると下記になると思います。

・今までの商売のやり方から変えられない不動産会社→儲からない
・やり方を変えられる不動産会社→儲かる
・変化出来ない顧客に寄り添って顧客にもそれと気づかれない程自然に実は変化している不動産会社→大繁盛

では、どのように変化するのが正解なのか、不動産専門で10年以上、利用社数1万2,000社以上の弊社に一度問合せしてみてください。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

某IT企業でSEOのノウハウを学び、現在はいえらぶGROUPのライターとして活動中。おもに、不動産や税金、車といった暮らしに関わる記事を執筆しています。

記事一覧へ

Related articles関連記事