集客

【コロナ禍】不動産会社が今できる社会貢献とは



不動産会社が今だからこそ出来る社会貢献があると思います。
今回は事例を3つ紹介します。

1.コロナ影響での賃貸住宅無償提供
福岡県北九州市の株式会社アンサーホールディングスは新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う賃貸住宅の無償提供のお知らせを2020年4月14日に自社のホームページに公開しました。
新型コロナウィルス感染症の影響に伴う倒産又は人員整理によって住まいの退去を余儀なくされた方へ福岡県北九州市の1Rの物件を10室、2020年12月末まで無償提供するとのことです。
これは素晴らしい社会貢献だと思います。
また、同時に12月末まで無償提供し、その後は有償での提供となるのでしょうから空室対策にもなっているのだと思います。
半年、1年と長く空室になっている物件がある賃貸管理会社様は物件オーナーに期間を限定した無償提供を提案してみるのは良いかもしれません。
空室期間が長引けば、物件は痛みが出てくる可能性もあります。
失業したり、インターネットカフェから出なければならなくなり、住居に困ってる方が居て、かたや空室の物件がこの国には沢山あるわけです。そこをマッチングさせるというアイディアは良いアイディアだと思います。

2.民泊施設に夫婦どちらかを受け入れるサービスを開始
日経新聞2020年4月8日配信記事によるとの東京都新宿区のカソク株式会社は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛の影響で仲がこじれかねない夫婦のために、民泊施設に夫婦どちらかを受け入れるサービスを始めたとのことです。
外出自粛やテレワークで平日でも自宅で共に長時間過ごす夫婦も多くなっています。
「自宅にいるのに家事を手伝わない」「リビングでテレビ会議をしていてうるさい」などと、夫婦げんかの多発もみられ「コロナ離婚」につながるケースもあるそうです。
カソクは夫婦が一時的に距離を置くための「一時避難所」が求められていると分析し、同社が東京都新宿、豊島、渋谷、台東の4区を中心に全国で運営する家具・家電付きの民泊施設に夫婦片方のテレワークや休憩を受け入れます。
料金は1日の利用で4,400円とのことです。
現状の住宅環境がテレワークを想定して物件を借りたい、購入されたりしている人は極めて少ない状況だと思います。
そこに突然、毎日仕事を自宅でしてくださいと言われたり、例え、会社の方針として交代制を取ったとしても週の半分は自宅で仕事をしなければならない状況になった時に、かなりご家族全員にストレスがかかってくると思われます。

3.自宅に居られない方向けに低価格でホテルを利用してもらうサービスを開始
ハフポスト日本版の記事によると京都府京都市の株式会社L&Gグローバルビジネスはウイルスの感染拡大予防のために外出自粛が求められる中、自宅で過ごすことが必ずしも「安全」ではない人に、低価格でホテルを利用してもらうサービス「ホテルシェルター(HOTEL SHE/LTER)」を開始すると4月15日、発表しました。
代表取締役/CCO龍崎翔子さんによると連日目にする、新型コロナに関するニュースがヒントになったとのこと。
「家にいることでかえって危険になっている人がいるんだ、と気づきました。外出制限によって家庭内暴力が増える恐れがあるというニュースを見たり、病院に勤める方のお子さんが保育園の登園を拒否されたりしているというのも聞きました。社会を維持するために外に働きに出ないといけない人は絶対にいる。でも家に高齢者や子どもがいるとしたら、自分のせいで自宅がクラスター化したらどうしよう、という恐怖と闘うことになります。こういう方たちが、職場に徒歩や自転車で行ける場所に滞在できたらすごくいいんじゃないか。」
定価の50%〜80%オフの1泊3,000円〜(予約は1週間単位から)という価格で提供するそうです。

以上のように、今回は不動産会社、民泊運営会社、ホテル業者のケースを紹介させていただきました。
苦しい時こそ助け合いだと思います。
社会貢献や地域貢献を兼ねてビジネスが上手く行けばこれ以上の幸せはないはずです。
是非、参考にしていただければ幸いです。

【全国の不動産会社を応援!新型コロナウイルス対策に関する当社の取り組み】
いえらぶでは、不動産会社様のテレワークを推進すべく様々なサービスを無償提供しています。
ぜひ、下記から詳細をご覧ください。

リーシング一元管理システム(業者間サイト・内見予約・VR内見・WEB申込み)
https://ielove-cloud.jp/news/entry-222/
不動産ポータルサイト「いえらぶ」への物件掲載
https://ielove-cloud.jp/news/entry-220/
リモートでの住まい探しを支援する「WEB接客」機能
https://ielove-cloud.jp/news/entry-210/

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部 谷

このライターの記事一覧

いえらぶの前はtoCの営業を5年経験。いえらぶ社員として10年以上経過。累計不動産会社訪問件数3,000件以上。協会団体、ポータルサイト、不動産関連商品会社との渉外対応多数経験。自主管理一棟アパートオーナーとしても5年以上経過。

記事一覧へ

Related articles関連記事