集客

【不動産会社必見】LPO対策済み自社ホームページで無ければ勝ち残れない理由



大家さんと入居希望者を直接マッチングするプラットフォーム「ウチコミ!」を運営する株式会社ウチコミはウチコミ!に登録し、お部屋を探している入居希望者に対して、引っ越しについてのアンケート調査を2020年2月16日(日)~3月2日(月)に実施した。

このアンケート調査で注目するべきは「マンション、アパートの名称で検索したことがある」人は57.4%というところだ。

なぜ物件名で検索したのかという質問に対しては「家賃や敷金礼金が安い、仲介手数料がかからないなど、より良い条件がないか調べるため」と回答した人が145名にのぼった。(205人中)

弊社独自のアンケート調査でも物件名検索するユーザーの主な目的は下記と出ている。

・より多くの画像が見たかった
・動画やパノラマ画像を見たかった
・最初に見つけた不動産会社では問合せしたくない理由があったので別の会社から問合せしたかった

理由は様々だが、一般消費者が検索エンジンに慣れて検索スキルが上がた事によるところが一番大きい。また多忙な現代人にとって極力無駄な時間を使いたくないという理由が次にくるだろう。とにかく、これから自社のホームページを作成するにあたり、一番、重要になってくるのはLPO対策だ。

LPO対策とはランディングページオプティマゼーション(Landing Page Optimization)の略で訳すと「着地ページ最適化」で、つまりは「物件名」で検索した人には「TOPページ」でも「物件一覧ページ」でもなく「物件詳細ページ」に直接着地させようということだ。

一般に良く言われるSEO対策というのはTOPページの検索エンジン最適化のことで、例えば渋谷で不動産会社をやっている会社が「渋谷 不動産」で1位を狙うことだ。ただ、その場合、実際に渋谷や新宿や池袋など人気のあるエリアでも1位になったところで、例えば「渋谷 不動産」と検索するユーザーが月間1万人居て、1位が取れて8,000人が流入しても、そこから、物件検索ボタンをクリックし、物件一覧を表示させ、その物件一覧から気になった物件をクリックし、物件詳細を表示させるとなると少なくとも2回ページを遷移する。1回ページを遷移するとユーザーは半減すると言われており、物件詳細に辿り着くユーザーは極一部だ。また、そもそも「渋谷 不動産」で検索しているユーザーは、正直、まだまだ潜在顧客で問合せをしてくれたとしても、来店してくれる可能性はとても低いと言わざるを得ない。

つまり「渋谷 不動産」などのキーワードで上位表示するのはブランディングであり、実際の売上には直接関係しないと割り切った方が良い。そこで自社サイトのSEO対策に力を入れて、狙っているキーワードで上位表示した際は自らそれを発信することが重要だ。

つまり、自社のホームページのTOPページや紙のチラシやに下記のように記載するのだ。
「渋谷 賃貸」で1位!(※2020.04.08自社調べ ※大手ポータルサイトは除く)

そしてSEO対策より実際の売上に大きく貢献するのがLPO対策だ。そのLPO対策とはつまり下記のようなイメージだ。
・「渋谷 ペット可 1K」と検索している人には渋谷区のペット可の1Kの物件一覧が表示される
・物件名を検索するとその物件の詳細ページが表示される

このLPO対策で得られる効果としては、御社のホームページの全ページがランディング(着地)ページになるという事だ。このLPO対策とSEO対策しか出来ていないサイトだとアクセス数が何倍、何十倍にもなる。また、LPO対策がしっかり出来ていることはGoogleに評価されるため、TOPページも上位表示され結果、SEO対策にもなる。

そして先に述べた通り、ランディングページで流入したユーザーの方が問合せ・来店・成約に繋がりやすい。何故なら彼等は潜在顧客ではなく健在顧客だからだ。まだ、物件探しの知識がない潜在顧客を顕在顧客に育てた方がやりやすいという意見もある。ただ、手間を考えるとやはり、顕在顧客に来店してもらった方が良い。顕在顧客は自分が何を求めているかをしっかり認識出来ているのだ。今の時代、潜在顧客を自分の努力で顕在顧客に育てたところで、そのお客様が御社で契約してくれる保証はない。

また、この事実を知っている不動産会社と知らない不動産会社では、そのホームページの運用期間が長くなれば長くなる程、その差は開き続ける。Googleはオーソリティーという信頼性を重視する事から、更新がしっかりされているという条件付きながら、基本的には長く運用されている歴史が長いホームページの方が上位表示しやすい。余程努力しない限り決して後からは追いこせないのだ。この記事を読んで気がついた人はまだ遅くない。まずは弊社に問合せしてみてほしい。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部 谷

このライターの記事一覧

いえらぶの前はtoCの営業を5年経験。いえらぶ社員として10年以上経過。累計不動産会社訪問件数3,000件以上。協会団体、ポータルサイト、不動産関連商品会社との渉外対応多数経験。自主管理一棟アパートオーナーとしても5年以上経過。

記事一覧へ

Related articles関連記事