WEB

【不動産会社必見】長期間いえらぶを利用する理由



今回は弊社の商品、いえらぶCLOUDを長く使っている複数店舗を展開している不動産会社の店長のインタビューです。

─ いえらぶCLOUDを長く使って頂きありがとうございます。長く使ってみてどのような感想をお持ちでしょうか。

最初はあまり良くなかった部分も、とにかく、どんどん良くなっていくイメージなんですよね。毎週アップデートされているというのが凄いですよね。

─ そうですね、毎週アップデートされていて、多い時は10件以上の機能の改善がされる週もあります。また、アップデート情報に記載するまでもないような細かいものも含めると実際はもっと多いです。

そうなんですね。うちは私がいえらぶCLOUDの導入を決めたので、代表に稟議通して、お金かけて入れてもらったので機能を使い倒して売上上げたり業務効率化しないと何を言われるか分からないって言うのがあるんですよね。(笑)元々は別の会社のシステムを入れていたのですが、それは弊社の代表がある協会の関係で入れたので我々、現場からすると、あまり使い勝手が良くないなと思いながら使ってましたから最低限の部分しか使わないんですよね。そうなるとシステム会社に現場の声も上がって行かないので多分、機能はそこまで良くなっていかないんだと思います。実際、そのシステムは半年に1回程度のアップデートだった記憶があります。いえらぶさんはそういう協会とかの経由での営業をあまりされてないですよね。新人営業マンがどんどん、不動産会社の代表番号に電話している印象です。私の仲間内の不動産会社と飲んでいるといえらぶから電話が沢山かかってくると言っていた人が居ました。それでその熱さが不動産会社からすると鬱陶しく思われて一部評判を落としている面はあると思いますが(笑)。

─ もしタイミングがあれば失礼しましたといえらぶのスタッフが言っていたとその方にお伝えください。確かに今までは熱さだけで走ってきた部分はあります。ただ今はインサイドセールスという手法に力を入れていて、弊社に興味を持ってくれた会社様に興味を持ってもらった機能をおススメするという施策を進めています。

そうなんですね。ただ、今までのいえらぶのやり方が功を奏して、いえらぶさんの商品は現場の営業マンや事務員や私のような店長レベルの人間が会社の代表をいえらぶの社員と一緒に口説いて導入してもらっているケースは多分、多いですよね。なので、いえらぶの訪問担当者に対して、導入した不動産会社の社員は厳しく、システムについて指摘する。いえらぶはそれをどんどん改善していってという好循環があって、今の使い勝手の良いいえらぶCLOUDがあるんじゃないでしょうか。

─ なるほどですね、確かに、機能がどんどん良くなっているという部分に対するお客様からの喜びの声は沢山いただきます。また、そういう評判を聞いたからいえらぶを検討するという問合せも多々ありますね。勿論、そこからの実際の導入事例も多いです。

そうでしょうね。ただ、まだもっと良くしてほしい部分はありますので今後ともよろしくお願いいたします。

─ かしこまりました。しっかり対応させていただき、日本の不動産業界全体が業務効率化出来るようにしていきます。

いえらぶCLOUDの1つの機能が使い勝手良くなって、1日に1秒の時間短縮が出来たとしたら、日本全体では凄い改善になりますよね。

─ そうですね。現状、ご利用会社が12000社いらっしゃって、1秒改善されれば、12,000秒で分にしたら、200分、時間にしたら、3時間20分ですね。これが365日だと相当な業務効率化ですね。

もう、いえらぶさんは完全に日本の不動産業界のインフラになってますからね。

─ ありがとうございます。いえらぶCLOUDの使い勝手が良くなれば不動産業界はどんどん創造的な仕事に時間が割けるようになる。そうすれば、日本の稼ぐ力が世界と相対的に見た時に上がっていく訳ですよね。日本を代表する企業になれるように頑張ります。本日は色々なお話を聞かせて頂きましてありがとうございました。

ありがとうございました。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部 谷

このライターの記事一覧

いえらぶの前はtoCの営業を5年経験。いえらぶ社員として10年以上経過。累計不動産会社訪問件数3,000件以上。協会団体、ポータルサイト、不動産関連商品会社との渉外対応多数経験。自主管理一棟アパートオーナーとしても5年以上経過。

記事一覧へ

Related articles関連記事