WEB

【いえらぶCLOUDご利用お客様の声】キッカケは埼玉宅建たっけんクラウドとIT導入補助金でした:エクスナビ様



2018年9月にいえらぶCLOUDを導入していただいた株式会社エクスナビ様にいえらぶCLOUDについて取材させていただきました。代表取締役の熊木洋平(くまきようへい:右)様とお客様担当の佐藤直樹(さとうなおき:左)様にお話を伺いしました。

─ まずはエクスナビという社名の理由を教えてください。

熊木様:物件をインポートしてエクスポートするのが不動産会社ですが、そのエクスポートの部分をナビゲーションしますという意味でエクスナビにしました。(編集注:インポートは輸入、エクスポートは輸出という意味ですが、ここでは紹介出来る良い物件を探して、お客様に紹介するためにウェブ上に公開したり、店舗で紹介するという意味)

─ 元々、お二人は不動産会社でお勤めだったのですか。

熊木様:はい。別々の会社でしたが不動産会社に勤めていて独立して会社を立ち上げようとなりました。

─ 埼玉宅建に加盟されていますが加盟団体を全日にするか全宅にするかはどうやって決めましたか。

佐藤様:確か、埼玉宅建の開業セミナーに行って、それで決めました。

─ 弊社が埼玉宅建様に提供しているたっけんクラウドとハトらぶもご利用いただいておりますが、埼玉宅建に加盟されたタイミングでたっけんクラウドとハトらぶも導入されたのでしょうか。

熊木様:そうです。

─ いえらぶCLOUDを導入されたのも開業のタイミングでしょうか。

熊木様:いえ。開業が3年半前ですので、いえらぶCLOUDの導入はしばらく経ってからです。

─ なるほど。つまり、最初はレインズ連動やハトマークサイト連動やハトらぶ掲載でたっけんクラウドを使っていたということでしょうか。

熊木様:いいえ。放置してました。(笑)あるタイミングでいえらぶからたっけんクラウドの使い方を説明してくれるという連絡があり、そのタイミングで、これは便利だとなって、たっけんクラウド+いえらぶCLOUDという形になりました。それまでは自社のホームページは物件登録の機能があるようなモノではなくブログ記事を書きこむところに自分で価格などの各項目作って内容を打ち込んでというようにやっていました。なので、その時に使っていたポータルサイトのSUUMOは別打ちで入力していたので、これは、たっけんクラウド+いえらぶCLOUDという形にした方が良いよねとなり導入しました。

─ 今は、ヤフー連動とハトマークサイト連動、ハトらぶ掲載、いえらぶポータル掲載、自社サイト掲載をご利用頂いてますね。

熊木様:そうです。アットホームも枠を持ってますがアットホームは物件数が少ないので連動させないで別打ちしてます。

─ そうなんですね。現状、一番多く反響が来るのはどの媒体になりますでしょうか。

熊木様:ヤフーですね。

─ 一番成約率が高い媒体はどこになりますでしょうか。

熊木様:やはり自社のホームページですね。SEO対策がしっかり出来ているホームページだからということもあるんでしょうね。

─ ありがとうございます。御社のホームページはお客様の声のページがとても充実してますね。


熊木様:ホームページのアクセスログを見ても閲覧している人が多いページですね。

─ お客様の声のページとスタッフ紹介ページと会社概要がどの不動産会社様も多いですね。自社ホームページのアクセスランキングが1位と2位と3位が順番は違いますが、だいたいこの3つのコンテンツがどこの会社様も上位になっているイメージです。御社のお客様の声を見るとLINEでのやりとりがありがたかったとかスピーディーな対応がありがたかったというような内容が多いですね。

熊木様:そうですね。会社専用のLINEのアカウントで対応しています。

─ やはり今の時代、メールでやりとりするよりもLINEなどのチャットタイプのツールを使った方が早いですよね。住宅ローンを通してくれたのが助かったというコメントもありますね。

熊木様:そうですね。他社様だと3行くらいに打診するのが普通だと思いますが弊社は5行、5行で駄目なら更に10行近く打診して、とにかく対応してくれる銀行を探そうとはしています。

─ それはだいぶ違いますね。こういう声を頂くのも納得です。仲介手数料無料やキャッシュバックキャンペーンがありがたかったという声も多いですね。

熊木様:そうですね、少しでも安く物件を手に入れたいというのがお客様の望みだと思うので仲介手数料無料やキャッシュバックなど、がんばっています。テナント賃料等、会社の経費を極力削って還元しています。

─ なるほどですね。押し売りしてこなかったのがありがたかったという声もありますね。

熊木様:他の会社に行かれないようにすぐ決めて欲しい、今日決めて欲しいとおススメするスタンスが強くなりすぎる会社もあるのかもしれませんね。


─ そういうことですね。導入時にIT導入補助金を使って頂いて居ますが、いかがでしたでしょうか、手順が煩わしいとか無かったでしょうか。

熊木様:いえらぶの当時の担当者さんがやらなければならないことを丁寧に説明してくれて、指示してくれたので、問題なく手続き出来ました。

─ ありがとうございます。IT導入補助金自体はあって良かったという感じでしょうか。

熊木様:あって良かったです。と言いますか、無ければいえらぶCLOUD導入してなかったです。安いものじゃないので。

─ 安くないですね。(笑)ご購入ご利用いただき、ありがとうございます。いえらぶCLOUDの機能や、いえらぶの対応で、良かったところはありますか。逆に直して欲しいところはありますか。

熊木様:まず要望としては出来れば業プロと連動してほしいですね。今、画像を業プロから持って来ていて、それだけでも問題無いんですが、出来れば連動してほしいです。やはり近くなら良いのですが、遠方の物件の画像を撮りに行くとなると手間と交通費がかかるので業プロを使うという感じです。業プロはかかせないツールです。いえらぶの機能の良いところで言えば、いえらぶCLOUDはちょっとずつ良くなって行ってますよね。

佐藤様:嬉しかったのは掲載期間の変更が物件一覧の各物件のところで出来るようになったのが良いです。ただ、物件を削除する時は物件一覧の上部まで戻らなければならないので、そこも掲載期間の変更と同じように各物件のところで出来るようになれば良いですね。後はCSV取込の同一物件検索の設定で「㎡」という物件の検索条件があって、これは建物面積の事だと思うのですが、これとは別に敷地面積も欲しいです。建物面積は結構、同じ大きさのものがあって、これにプラスして敷地面積もあればだいぶ使い勝手が良くなると思います。

─ 貴重なご意見ありがとうございます。社内で検討させていただきます。他にはありますか。

熊木様:コメント自動生成のところはだいぶ進化しましたよね。

佐藤様:そうですね。ただ、画像のコメント自動生成の部分は、まだ、ちょっとどうにか改善してほしいです。

─ かしこまりました、社内で検討させていただきます。御社の会社の方向性としては、とにかくこのエリアで売買仲介で根づいて行くというイメージでしょうか。

熊木様:そうですね。


─ エリアとしては会社の所在地は草加市ですが、御社のサイトの物件情報を見ると越谷市や春日部市が多いですね。

熊木様:そうですね。越谷市と春日部市の方が草加市より現状、物件は多いですね。

─ 売却査定依頼を取りに行くというよりは、お客様の物件購入の方をメインにということですね。

熊木様:そうですね、エクスナビなので社名の通り物件購入の方をメインにお手伝いさせていただきたいと思っています。


─ 色々勉強になりました。本日はありがとうございました。

熊木様 佐藤様:ありがとうございました。


【お知らせ】弊社いえらぶGROUPが提供するサービスをご利用の会社様のお客様の声取材を進めております。取材を受けて頂ける方はご連絡を頂けましたら幸いです。何卒よろしくお願いします。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部 谷

このライターの記事一覧

いえらぶの前はtoCの営業を5年経験。いえらぶ社員として10年以上経過。累計不動産会社訪問件数3,000件以上。協会団体、ポータルサイト、不動産関連商品会社との渉外対応多数経験。自主管理一棟アパートオーナーとしても5年以上経過。

記事一覧へ

Related articles関連記事