取材

【いえらぶCLOUDご利用お客様の声】口コミで評判!木更津市でおすすめの不動産会社クラウドハウス様



2018年7月にいえらぶCLOUDを導入していただいたクラウドハウス(株式会社吉光建設)様にいえらぶCLOUDについて取材させていただきました。不動産部部長兼木更津本店店長の鈴木翔(すずきしょう:左)様とエリアマネージャー兼袖ヶ浦駅前店支店長反田歩(たんだあゆむ:右)様にお話を伺いしました。

【この記事のまとめ】
■いえらぶCLOUDの良いところ

・大幅な業務効率化になったポータル連動

■いえらぶCLOUDの改善してほしいところ
・HTMLメールのデザイン

■クラウドハウス様の強み
・お客様との信頼関係を最重視した対応
・チャットアプリを使った対応
・素早くスピーディーな対応
・外国語対応も可能

─ いえらぶCLOUDの導入前と導入後についてお話を聞かせてください。

鈴木様:導入前というのはほぼ無くて不動産部門はまだ3年目で、1年目はあまり活動できていなくて、2年目の活動が活発になったタイミングでいえらぶCLOUDを導入しました。2年前ですかね。導入のキッカケは支店長が前の会社でいえらぶを使っていて良かったと言う事で弊社も導入に踏み切りました。

─ 導入してみていかがでしょうか。

鈴木様:現在、SUUMO、ホームズ、ヤフー、アットホームをいえらぶCLOUDから物件連動させています。これを別々に入力していたらと考えると、とても助かってますね。やはり会社として、どう業務効率化していくかというのが今の何処の会社でも一つの大きなテーマだと思います。それぞれのポータルに別入力して5倍の時間がかかっていたら、社員の作業負担も大変ですし、会社としての負担も大きいです。

─ 連動システム以外の部分はいかがでしょうか。例えば顧客管理とか。

鈴木様:まだ顧客管理はそこまで使いこなせてないです。本来なら、各顧客にマッチングメールやメルマガを送ってとやっていきたいところなのですが。これから使いこなしていきたいと思っています。

─ ホームページは御社主導でデザインが決まっていったのでしょうか。それとも弊社のディレクターが主導してデザインが決まって完成した感じでしょうか。

鈴木様:と言いますか、今のホームページはまだ完成形ではないです。今後、完成形のホームページが出来上がる予定です。ホームページは弊社のイメージ戦略の根幹だと思っているので早く完成させたいと思っています。

─ 弊社との契約の時にIT導入補助金を使われていますが、その部分に関してはいかがでしょうか。

鈴木様:書類作成など手続きは手間でしたが、補助金があるのは助かりましたね。補助金が出るので手続きの手間は仕方ないという感じです。


─ 会社としては、最初どのような経緯で立ち上がったのでしょうか。

鈴木様:元々、吉光建設という建設会社が母体となって、その不動産部門がクラウドハウスという屋号でスタートしたという経緯です。吉光建設は公共の工事や外構が得意な会社で弊社ブランドの物件も外構に力を入れています。物件自体に比べて外構ってあまりフォーカスされていないと感じるのですがガレージ、車庫、フェンス、庭、エントランス、アプローチ、植栽、門扉など外構がしっかりデザインされていると物件自体がまるで違って見えます。外構にお金をかけたくないという業者や提案力が無い工務店が多いように思います。


─ 御社のホームページのお客様の声のページを見ると物件以外のところでも対応がスピーディーだったという声や外国語に対応してくれたのが助かったという声があります。また紹介で契約になっている方も複数いらっしゃいますね。

鈴木様:対応はとにかく素早くレスポンスするというのを徹底しています。勿論、お客様毎に担当はつきますが、その担当が対応出来ないタイミングでも他のメンバーが対応出来るように社内でメールを共有しています。またLINEもお客様と早い段階で交換して即レスポンスを心がけています。また、社員でLINEのグループを作って何かあったらお互いがお互いをサポート出来る体制になっています。外国語対応は支店長ですね。当社全体の想いとしてお客様に無理やり物件を売り込むのではなく、しっかり対応して信頼してもらって長く付き合っていける関係で居たいと思っています。人材採用においても、不動産未経験でも経験者でも来ていただきたいのですが無理矢理物件を売り込むような方とは一緒にやっていけないのでそこはこだわっている部分です。


─ 反響の入口としては、やはりポータルサイトが多いのでしょうか。駅に看板も設置されていますね。

鈴木様:ウェブ経由だとポータルサイトからの問合せが多いですが、看板も出していますし、チラシも作っています。このエリアでクラウドハウスを言う会社を認知してもらう事が重要だと考えています。

─ 物件のデザインがスタイリッシュですが、チラシのデザインも素敵ですね。しかも感度が高くない人は寄せ付けないというような印象は無く、見やすくて且つカッコイイですね。

鈴木様:物件の価格帯としては住宅展示場にあるメーカーさんと一般的な建売の間くらいの価格なのですが価格以上の物件の魅力があると思います。チラシはそれを表現するために、他の一般的なチラシとは違ったデザインにしています。

─ このエリアで物件購入される方はこのエリアで仕事されている方ですか。それとも都内で働いている方ですか。

鈴木様:両方ですね。東京湾アクアラインが出来て、都内にお勤めの方もこのエリアでお勤めの方も弊社で物件を購入してくれています。これからリモートワークという働き方が定着してくると更に都内にお勤めでも住まいは郊外という方が増えるかもしれませんね。

─ お客様の対応において一般的に不動産売買は色々な事を決めて行かなければならないのでやり取り回数も多くクレームに繋がるケースも、どうしても他業種より多くなってしまいがちだと思いますが、これだけお客様の声で御社は好評なのは何か理由がありますでしょうか。

鈴木様:先程お話させていただいたスピード感や即対応も大切ですが、分からない事を分かった風に言ったり、曖昧にはしないようにしています。分からない事は分からないと正直に伝えて持ち帰って、しっかり調べて期日までに回答する。この繰り返しで信頼関係が築かれて行くのだと思います。


─ 会社の今後の方向性を聞かせてください。

鈴木様:どこかのFCになるのではなく、FCを作っていくような企業になりたいですね。ただ、まずは良い意味での現状維持を目指していきたいと思います。賃貸仲介も賃貸管理も不動産投資もやれればよいですがまずは売買仲介で、このエリアならクラウドハウスというブランディングを打ち立てたい。その為に、クラウドハウスという屋号やロゴやキャラクターなどもこだわっています。

─ 弊社に対しての要望はありますか。システム面や対応面で。

反田様:システム面だといえらぶCLOUD内の項目などで弊社は売買なのですが賃貸かなと思うようなものが見受けられたり、この項目は何を意味しているのだろうと戸惑うものがある、そこは整理してほしい。もっといえらぶCLOUDを使っている不動産会社の声を吸い上げてシステムを改善してほしい。

─ かしこまりました。貴重なご意見ありがとうございます。すぐに対応出来るかわかりませんが社内で共有します。

鈴木様:後、最近、HTMLメールを使うようになったのですが、あまり良いデザインじゃないのでデザインを改善するか増やして欲しい。販売図面があまり良くないのでそれも改善してほしい。

─ 販売図面はチラシ自由編集という新しいチラシ作成機能がかなり自由度が高いのでそちらを使ってみてください。

鈴木様:わかりました。

─ 本日はありがとうございました。

鈴木様 反田様:ありがとうございました。

【お知らせ】弊社いえらぶGROUPが提供するサービスをご利用の会社様のお客様の声取材を進めております。取材を受けて頂ける方はご連絡を頂けましたら幸いです。何卒よろしくお願いします。

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部 谷

このライターの記事一覧

いえらぶの前はtoCの営業を5年経験。いえらぶ社員として10年以上経過。累計不動産会社訪問件数3,000件以上。協会団体、ポータルサイト、不動産関連商品会社との渉外対応多数経験。自主管理一棟アパートオーナーとしても5年以上経過。

記事一覧へ

Related articles関連記事