【大失敗】PC用ホームページばかり気にしていませんか



今やスマートフォン用サイトの方がPC用サイトより閲覧数が多いのが、どこの業界のどこのサイトも一般的になっています。

PCで御社のホームページを見ている人は、スマホ用ホームページを見ている人より少ないと考えてください。

有名アクセス解析ツールのシミラーウェブの記事によると2015年で既に調査したサイトの大半がモバイルからのアクセスだったということです。

■モバイルからのアクセスの方が多いサイト(2015年)

・家電メーカー(ソニー、パナソニック)

・自動車メーカー(トヨタ、日産、ホンダ)

・食品メーカー(明治、日本ハム、味の素)

・銀行(三菱東京UFJ※当時の名称、三井住友、みずほ)

・旅行(JTB、HIS、日本旅行)

・ネット通販(アマゾン、楽天、千趣会)

・コスメ通販メーカー(DHC、オルビス、ファンケル)

逆にこの時点でPCからのアクセスの方が多かったのは下記のみです。

■PCからのアクセスの方が多いサイト(2015年)

・家電メーカー(東芝)

・ネット証券(SBI証券、楽天証券、松井証券)

つまり、ネット証券以外はほぼ、モバイルからのアクセスの方が多い状況が、既に5年前なのです。今は、更にモバイルからのアクセスが増えているのは間違いないでしょう。

また、賃貸のユーザーの中心的な世代である20代や、売買でも30代から40代までの物件購入を検討しやすいユーザーはモバイルからのアクセスが、それ以上の世代より多いのは間違いないです。若い方でスマホが苦手だと言う話を聞いたことがありますでしょうか。

それなのに、PCの自社ホームページばかり気にしている不動産会社が多い気がしてなりません。

改善する場合、次の手順がおススメです。

手順1:スマホからアクセスしたときに見づらい場合、スマホ用のサイトを用意する

手順2:PC用サイトにあって、スマホ用サイトに無いコンテンツがあれば、作成する

手順3:改善したいページはスマホ用サイトのページから改善する

またブラウザやモバイル端末によっても見え方が違う事があります。出来るだけ多くのモバイル端末から閲覧してみて確認しましょう。せっかく綺麗に作ったサイトや思いを込めた文字情報も崩れて意図したとおりに見えていなければ勿体ないのは言うまでもありません。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

いえらぶコラム編集部

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

某IT企業でSEOのノウハウを学び、現在はいえらぶGROUPのライターとして活動中。おもに、不動産や税金、車といった暮らしに関わる記事を執筆しています。

記事一覧へ

Related articles関連記事