本当に不動産会社勤務の経験が無ければ独立開業は厳しいのか



今日は都内で10年以上不動産会社(賃貸仲介)で勤務している方のインタビューを掲載します。

─ 今まで、一緒に働いていた方で不動産会社を辞めて、自分で開業された方はいらっしゃいますか?

居ますね。沢山居ます。

─ 成功されている方と失敗している方とどちらが多いですか。

失敗している人が多いですね。成功している人は一握りです。

─ 両者の違いは何だと思いますか。

都内で、まずは賃貸仲介でやっていこうと思った時、どれだけ広告業者と仲良く出来るかだと思います。結局、反響がどれだけ来るかが勝負です。そのノウハウなどを教えてくれる人を仲間に出来ているかどうかが別れ目です。2年位で資金ショートして息絶えるか、継続的に売上を上げ続けられるかの分かれ道だと思います。

─ 不動産会社での就職経験無しで開業するのは可能だと思いますか?

思わないですね。先程もお話した通り不動産会社で務めながら広告関係の会社とのしっかしとした関係を作って、その後独立じゃないと厳しいと思います。ポータルサイト運営会社の担当にもシステム会社の担当にも、詳しい人も居れば、そうじゃない人も居ます。どれだけ自分の味方を自分の周りに配置出来るかだと思います。

─ 一人で小さく、賃貸仲介だけじゃなく賃貸管理も売買もやるってなったらどうでしょうか。

その場合は、そのエリアの社歴の長い会社とやはり仲良くしておかないと無理だと思います。なので、やはり、その場合でも不動産会社での勤務経験は必要です。その間に地元の社歴の長い会社と仲良くなっておく必要があると思います。それなしで、独立開業するのは厳しいと思います。開業するエリアに関しても、まったく知り合いがいないところで開業しても同じ理由で難しいと思います。なので、どこかの不動産会社に勤務して、そのまったく同じ駅やエリアでやるとなったら、そのお世話になった会社といきなりライバル関係になってしまうので、少し離れた場所が良いと思います。そこで、それなりにサラリーマン時代に仲介付けたとか、管理している物件があったとか、そういう関係をそのエリアの他の業者さんと作っておいて、仲良くしておくのが良いかもしれません。

─ 会社のブランディングについてはどうでしょうか。

例えば、うちは会社のHPにお客様の声を沢山載せているので、「賑わっているというブランディング」を徹底しています。電話で話しているスタッフの後ろの声がウルサイとお客様に言われたら弊社はどのお客様にも元気に接客しているので、ご了承くださいと伝えるようにしています。そうすることで、電話口の後ろがウルサイ=店内が賑わっている=お客様が沢山来店されている、となります。そしてホームページを見ても確かにお客様とスタッフが並んで顔出しで笑顔で沢山掲載されている事で、怪しい不動産会社じゃない、騙されたりはしない、安心感があると思ってもらえる事で成功出来ていると思います。不動産業を成功させるには、やはり会社のコンセプトをしっかり持って、狙ったターゲットに合った見せ方を徹底していくことで特定のターゲットにとっての地域ナンバーワンの会社になれるのだと思います。エリア内で「〇〇だったら〇〇不動産さんだよね」とまで地域の方に認知されるようになれば、その不動産会社は長く成功出来るのではないでしょうか。

─ 本日はありがとうございました。

ありがとうございました。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

いえらぶコラム編集部

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

某IT企業でSEOのノウハウを学び、現在はいえらぶGROUPのライターとして活動中。おもに、不動産や税金、車といった暮らしに関わる記事を執筆しています。

記事一覧へ

Related articles関連記事