不動産集客・反響アップの重要ポイント!ホームページのスマホ対応とは

キレイで見やすく物件情報も多く載せているのに集客・反響が少ない…と悩んでいませんか?

その悩みは、自社ホームページがスマートフォン(スマホ)対応になっていないことが原因かもしれません。

今回は、不動産集客と反響に大きく関わるスマートフォン(スマホ)対応ホームページの重要性をご紹介します。


スマホ対応ホームページがなぜ不動産の集客・反響アップに重要?

「なぜスマートフォン(スマホ)対応が重要なのか」が一番気になるポイントかと思います。

その答えを簡単にいうと…

・スマートフォン(スマホ)画面に表示されるまで時間がかかる

・文字が小さく見えない

これらの理由からストレスを感じてしまい見ることをやめてしまうからです。

キレイで見やすく物件情報を多く載せていても、ストレスを感じるホームページならお客さまは見てくれませんので反響も少ないとなる訳です。

不動産会社ホームページに必須!スマートフォン(スマホ)対応

そもそもホームページのスマートフォン(スマホ)対応をご存知でない方も多いと思われるのでご説明します。

<スマートフォン(スマホ)対応とは>

スマートフォン(スマホ)の画面でも、見やすく使いやすいように「文字の大きさ」「ボタンの大きさ」「物件情報の配置」を最適化することがスマートフォン(スマホ)対応ホームページです。

ホームページを見に来てくれたお客さまに、ストレスを感じさせず使っていただくことが重要で作成方法(デザイン)にもノウハウが必要です。

では、なぜスマートフォン(スマホ)対応が重要なのかをご説明します。

<物件情報の検索>

不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)が公表している「不動産情報サイト利用者意識アンケート」 の中に「不動産情報を調べる際に利用したもの」がありますので一部抜粋します。

≪2016年に不動産情報を調べる際に利用したもの≫

・20代:PC(47.1%) スマートフォン(84.0%)

・30代:PC(49.5%) スマートフォン(84.0%)

・40代:PC(58.0%) スマートフォン(69.4%)

・50代:PC(67.4%) スマートフォン(55.8%)

・60代:PC(72.0%) スマートフォン(40.0%)

全体平均:PC(パソコン)53.1% スマートフォン(スマホ)78.2%

≪2019年に不動産情報を調べる際に利用したもの≫

・20代:PC(35.2%) スマートフォン(95.7%)

・30代:PC(39.1%) スマートフォン(94.4%)

・40代:PC(45.0%) スマートフォン(88.5%)

・50代:PC(48.6%) スマートフォン(78.6%)

・60代:PC(63.6%) スマートフォン(65.9%)

全体平均:PC(パソコン)41.0% スマートフォン(スマホ)91.2%

※参照元 不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)

この調査結果から2016年から2019年の間でPC(パソコン)検索が減り、スマートフォン(スマホ)検索を利用している方が増えているのは明らかです。

時代の流れにあわせニーズを掴むことが、不動産業の集客・反響アップに重要なポイントになりますので、ホームページのスマートフォン(スマホ)対応が重要になります。


今後さらに重要になるスマートフォン(スマホ)対応ホームページ

インターネット検索の代表格であるグーグルが、2018年3月27日からモバイルファーストインデックスと呼ばれるシステムを本格導入しました。

このモバイルファーストインデックスを簡単に説明すると…

スマートフォン(スマホ)対応ホームページの内容が、検索順位の評価基準になることです。

今まではPC(パソコン)用ホームページが判断基準でしたが、スマートフォン(スマホ)での検索利用者が、PC(パソコン)検索利用者を上回ったため評価基準変更を行ったようです。

インターネット検索で上位表示されることは、集客・反響アップに必須ですので今回の変更は非常に大きな影響を及ぼすと思われます。

まとめ

今回は、不動産集客・反響アップの重要ポイントであるホームページスマートフォン(スマホ)対応をご紹介しました。

情報発信は不動産の集客・反響にとって非常に重要です。

今後、重要になってくるスマートフォン(スマホ)対応ホームページをこの機会にぜひご検討ください。


私どもいえらぶGROUPでも最新のSEOに最適化した スマートフォン対応不動産ホームページを提供しております。

興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

大城 直樹

この記事を書いた人大城 直樹

このライターの記事一覧

不動産キャリア18年。宅地開発・用地仕入からキャリアをスタートし、賃貸まで幅広く経験。賃貸物件の新築提案業務ではデザイナーズ物件のデザインやリノベーションに関わり、各メディアでの掲載実績を持つ。不動産会社退職後、これまで培った人脈を活かし他業種へと転職。現在に至る。 得意分野:不動産全般、デザイナーズ・リノベーション提案などの設計・建築分野

記事一覧へ

Related articles関連記事