集客

予約の手間も省ける!不動産業務にもユーザーにも嬉しい「VR内見」

不動産業務の中で、内見は成約に繋がる重要な業務ですが、予約をしたり鍵の受け取りをしたりと面倒なことも多いですよね。

最近では、内見の新しい形としてVR内見が徐々に広まりつつあります。

VRと聞いてもピンとこない方や、不動産業界に必要なの?と思われる方も多いのではないでしょうか。しかし、時代は確実に変化しており不動産業界にもVRの波がくると予測されています。

まだそこまで普及率の高くないVR内見ですが、実は、VR内見は業務効率や集客の向上に繋がると考えられています。

今回は、VR内見システムが不動産業界にどうメリットをもたらすのか、ユーザーにはどんなメリットがあるのか、についてご紹介します。

VR内見システムとは


まず、VRとはバーチャル・リアリティーの略で日本語に訳すと「仮想現実」です。

画像や動画を立体的に見えるように手を加える手法で、実際にその場にいなくても限りなく現実に近い世界に入り込むことができます。

このVRを活用したVR内見システムとは、実際に現地内見をしなくてもインターネットを通して、不動産会社や自宅にいながら現実に近い感覚で物件を見ることが可能です。

写真で見るよりもイメージがしやすく、専用機器があれば場所を選ばずとも内見できます。

※VR専用機器が必要です。

この「よりリアルに見えること」「わざわざ現地へ行く必要がないこと」がVR内見の最大の強みだと言えます。

それではVR内見が不動産会社とユーザーにどんなメリットをもたらすのか見ていきましょう。

VR内見が不動産会社にもたらす3つのメリット

①業務効率アップ

VR内見は店舗にいながらも内見できるので、内見案内の業務効率をあげることができます。リクルート住まいカンパニーの調査によると、物件を探す際に内見をした平均物件数は3軒。内見をするためには、管理会社に連絡を取って内見の予約をし、鍵の受け取りをしなければなりません。1人のお客様に対して3軒回るとなると、かなりの時間がかかりますよね。それを店舗でVR内見をしてもらうことによって、複数の物件の中から絞ることができるので内見案内時間の削減につながります。また、不動産営業をされている方なら経験があるかと思いますが、内見をされるお客様のなかには「今すぐに買う気(借りる気)はないけどとりあえず内見してみよう」というお客様もいます。その後連絡がとれず、一度の内見で終わってしまい契約に繋がらないということも多いと思います。VR内見システムを導入することで、実際の内見へは感度の高いお客様を案内することが可能です。

参照データ:リクルート住まいカンパニー

https://www.recruit-sumai.co.jp/data/upload/160906_chintai_east.pdf

②成約率アップ

入居中の物件や建築中の物件もVRを使えば内見ができるようになります。これまで「内見できないから」との理由で契約に繋がらなかった物件も契約に繋げるチャンスです。また、それによって退去後の空白期間を短くできるので管理会社にとってもメリットです。さらには、忙しくて内見の時間がとれないお客様に対しても内見してもらうことができます。時間がないお客様でも十分に比較して物件を決めることができるので、そのようなお客様を集めることで成約率アップにも繋がります。

③集客アップ

VR内見を今導入する大きなメリットは「競合他社」がまだ導入していない、ということです。なぜ導入していないのか、それはまだまだ日本でのVR普及率が低いため。導入に対して「面倒くさそう」「難しそう」といったイメージもあるかもしれません。しかし、導入に対しては高度な技術も必要なく誰でも簡単に導入することができます。他社が導入していないからこそ、いち早く導入することで他社に差をつけることができ集客アップにもつながります。

【VR活用事例】マンスリーマンションをウェブでVR内見? 〜明和住販流通センター快適マンスリー〜 

https://ielove-cloud.jp/blog/entry-02557/

ユーザーへの3つのメリット

①内見にかかる手間を短縮できる

いくつかの物件を内見してみようと思うと丸一日かかることも多く、住まい探しをする人にとって内見は、労力をとられるところでもあります。特に仕事をしている人や遠方から引っ越しをしてくる人は、何度も足を運ぶことが難しいです。VR内見であれば、移動時間もなく、一度にいくつもの物件を見ることもできるので内見にかかる時間をかなり削減することが可能です。

②比較検討しやすい

一度にいくつもの物件を見られるからこそ、気になった物件を複数見ることで比較検討しやすくなります。「内見を何日もかけたくないからこの3軒だけ内見にいこう」といって画像だけで絞っていたところを、少し気になるなという物件も見ることで選択肢の幅も広がります。いくつもの選択肢の中から比較検討して物件を選ぶことができるので、より満足した住まい探しができるようになります。

③入居中の物件を見れる

これまで入居中や建築中物件は内見することができず、画像や図面だけで決めることが強いられてきました。写真でしか見ないで物件を決めることにためらう方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかしVR内見ではよりリアルに近い物件の様子を見ることができるので、これまで躊躇する理由にもなっていた「内見できずに物件をきめる」ということもなくより満足した物件選びができます。

ユーザーのニーズも十分にある


ユーザーへのメリットがあることは理解していただけたと思います。

それに加えて、ユーザーの家探しのニーズにもVR内見は応えることができます。

というのも、ユーザーは、物件を購入する時や借りるとき、物件に関してよりリアルな情報を欲しています。

不動産売買・賃貸で「物件を探す際に必要だと思う情報はなにか」との質問を不動産売買・賃貸物件契約済みの方に答えていただいたデータが以下の通りです。

<不動産売買>

1位:物件外観写真

2位:部屋・リビング写真

3位:キッチン写真

4位:お風呂写真

5位:物件の設備・構造・条件の文字情報

<不動産賃貸>

1位:トイレ写真

2位:キッチン写真

3位:お風呂写真

4位:部屋・リビング写真

5位:物件外観写真

※不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)が公表している最新データ参照

https://www.rsc-web.jp/pre/img/181025.pdf?fbclid=IwAR173Mz_EcvIHcZ1O1NeVnGCsm98e7_XeoD_mANRth4m46aeJBAXjNwHax4

このデータを見ていただければ「写真が重要」だと一目瞭然です。

さらに、物件を内覧しているような動画の中で、「部屋の中を実際に移動し、導線が分かるような動画」「リビング、各部屋全体を映した動画」「キッチンや水回りの設備を稼働させている動画」の順でニーズが高いというデータもあります。

参照データ:リクルート住まいカンパニー

https://www.recruit-sumai.co.jp/data/upload/160906_chintai_east.pdf

つまり、お客さまは「文字の情報」より「視覚から入る情報」、それも「よりリアルにわかるもの」を重視しており、不動産会社にもそれを求めています。

それらのニーズに適しているのがVR内見です。

まとめ

VR内見システムは、不動産会社とお客様、双方にとって大きなメリットをもたらしてくれます。まだまだ普及率は高くないVR内見ですが、間違いなくニーズはあります。

これからますます需要が高まっていくことでしょう。

内見予約が不要になるといったように、業務効率を改善できるだけでなく、お客様のニーズにも応えることができるVR内見、ぜひ、この機会にVR内見システムをご検討してみてはいかがでしょうか。

私どもいえらぶGROUPでも、簡単にご利用できるVR内見システムを提供しております。

不動産業務効率化で悩まれている方は、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人大城 直樹

このライターの記事一覧

不動産キャリア18年。宅地開発・用地仕入からキャリアをスタートし、賃貸まで幅広く経験。賃貸物件の新築提案業務ではデザイナーズ物件のデザインやリノベーションに関わり、各メディアでの掲載実績を持つ。不動産会社退職後、これまで培った人脈を活かし他業種へと転職。現在に至る。 得意分野:不動産全般、デザイナーズ・リノベーション提案などの設計・建築分野

記事一覧へ

Related articles関連記事