成約率向上のポイント!不動産顧客管理システム(CRM)とは

不動産業務の中でも、整理することが難しいのは顧客管理ではないでしょうか。

そして、顧客データのセキュリティ問題で頭の痛い思いをしている不動産会社も多いかと思います。

今回はそのような悩みを解決した上で、さらに成約率向上にも役立つ不動産顧客管理システム(CRM)をご紹介します。

不動産顧客管理システム(CRM)が成約率向上の重要ポイント


まずお伝えしたいことは、不動産顧客管理システム(CRM)が本当に成約率向上のために必要なのかどうかですが…

結論からいうと「必要」です。

なぜ、必要なのか疑問を持つ方も多いと思いますので詳しくご説明します。

<顧客情報管理>

近年、インターネットの普及により来店者数は減少傾向ですが、逆にインターネットを通してメール問い合わせ(反響)は増えてきています。

そして顧客が物件情報を収集する手段もインターネットがメインで顧客と「顔をあわせて話す機会」も減少していて追客が難しくなっている状況です。

それに伴い顧客管理も難しくなっています。では、なぜ顧客管理が難しくなっているのか…

それは「顧客の温度感」が、掴みにくくなっていることが大きな原因ではないでしょうか。

顔をあわせて話す機会が減ったことで今までの手法がつかえなくなり、どの顧客が成約に近いのか判断が難しい。

そのため、すべての顧客情報を管理し追客を行わなければ成約数が下がってしまう状態の不動産会社も多いはずです。

その莫大な数になってしまった顧客情報をどうやって整理するのか。

その答えの一つは従業員を増やすことですが、昨今は売り手市場になっておりどの業界も人手不足ですし人件費は経営を圧迫するコストの一つでもあります。

そこで、今回オススメする方法が不動産顧客管理システム(CRM)を利用すること。

不動産顧客管理システム(CRM)を簡単に説明すると…

顧客基本情報(氏名・年齢・家族構成など)や問い合わせ(反響)までの履歴・内容などの情報を一元管理し、そのデータをもとに行動や反応分析など可能なシステム。

そのメリットの一つが「人」の代わりにシステムが顧客情報を管理することによって連絡漏れなどを防ぐことです。

広告費をかけてポータルサイトへ掲載したり、ホームページを作成したりして掴んだ問い合わせ(反響)を追客不足で逃がしてしまうのは、どの不動産会社でも避けたいはずです。

そこでこのシステムを利用することにより、顧客情報管理などの時間を短縮し追客に時間を回すことで成約率向上につながります。

<セキュリティ>

顧客情報をデータ化し一元管理することで、閲覧制限などのセキュリティ強化が図れます。

さらに営業担当者が、外出時に顧客ファイルを持ち出さなくてもインターネットを通し個別に顧客情報を確認できるため、ファイル紛失などによる情報漏えいも防げます。

不動産顧客管理システム(CRM)でメール・反響分析!


さらに成約率向上につながる重要なポイントが「広告掲載・追客業務の見直し」です。

見直しに必要な機能も不動産顧客管理システム(CRM)にありますのでご紹介します。

<メール分析機能>

追客メールを何通送れば返信がきたのか、メール内容はどうだったのかなど今まで「感覚」もしくは「営業担当個人」で把握していたものをデータ化することによって情報共有ができます。

そして成功例や失敗例を参考にすることで、顧客からの返信率が上がり成約につながります。

<反響分析機能>

反響があった物件をあらゆる角度から分析することによって、人気の高い物件傾向や費用対効果の高い掲載媒体が判断できる機能です。

たとえば…

・人気のあったエリアはどこか

・人気のあった路線はどれか

・価格帯はどれくらいなのか

・人気のある間取りはどれか

など人気の高い物件傾向がひと目でわかるようにデータ化されます。

さらに費用対効果の高いポータルサイトなど媒体の選定にも役立ちます。

反響メールをもとに、自動でポータルサイトなど各インターネット媒体の「反響数」「来店数」「契約数」や「広告費」を分析しわかりやすくデータ化できることがその理由。

この機能を利用し掲載物件と掲載媒体を選定することで、反響数が上がり成約につながっていきます。

まとめ

今回は、成約率向上の重要ポイントになる不動産顧客管理システム(CRM)のメリットなどをご紹介しました。

顧客管理業務をわかりやすく簡単にデータ化できて分析も行えるのが、不動産顧客管理システム(CRM)のメリットであり成約率向上の重要ポイントです。

システムを活用して成約率を上げることが今後も重要になってきますので、ぜひ不動産顧客管理システム(CRM)の導入をご検討いただければと思います。


私どもいえらぶGROUPでも不動産顧客管理システム(CRMを提供しております。

その他にも不動産業務効率化に役立つシステムを提供していますので、興味のある方はぜひお問い合わせください。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

大城 直樹

この記事を書いた人大城 直樹

このライターの記事一覧

不動産キャリア18年。宅地開発・用地仕入からキャリアをスタートし、賃貸まで幅広く経験。賃貸物件の新築提案業務ではデザイナーズ物件のデザインやリノベーションに関わり、各メディアでの掲載実績を持つ。不動産会社退職後、これまで培った人脈を活かし他業種へと転職。現在に至る。 得意分野:不動産全般、デザイナーズ・リノベーション提案などの設計・建築分野

記事一覧へ

Related articles関連記事