管理会社がさらに収益を上げるためにとるべき戦略とは?

タグ:

空室を減らして収益を上げる

今回は収益を上げるために、管理会社がとるべき戦略を考えましょう。

ポイントは「空室を減らすこと」と「収益を上げる業務・事業を増やすこと」です。

まずは「空室を減らすこと」について見ていきましょう。

空室は家主にとっても管理会社にとっても敵

まず大前提として、とにかく空室を作らないことが重要です。

家主の収益を確保することは、管理会社に求められている使命といっても過言ではないでしょう。

また、家賃の一部を管理料として受け取っているならば、管理会社自身にとっても非常に重要です。

仲介会社を味方につける

自社で客付けをする場合、物件のどんなところが強みなのか、どんなタイプの入居者が多いのか事前に分かっているので、客付けもしやすいでしょう。

しかし、膨大な管理業務をこなしながら客付けも行なうことは困難で、客付けは仲介会社に任せている管理会社も多いことでしょう。

その場合、自社の物件を優先して紹介してもらえることがなにより重要と言えるでしょう。

仲介会社に直接訪問して関係性を築いたり、仲介会社が案内しやすいようにチラシに物件のどこが強みなのか記載したり、自社の物件の客付けをしやすくしてもらえるように動きましょう。


入居者も味方につける

さらに空室をなくすポイントとしては、徹底的に入居者の満足度を上げることが重要です。

入居者に「この管理会社の物件に住んでいて良かった」と認識してもらえるように、日々の管理業務をそつなくこなすことや、その際に自社の管理会社を認識してもらえるよう働きかけることは大切です。

さらには入居者に対して「友達紹介キャンペーン」や「入居者特典」を用意し、入居者自身に客付けを促してもらうよう動くことも、空室対策としては有効といえるでしょう。

収益を伸ばすための時間を増やす

空室を埋めたら、次はいわゆる「管理業務」だけで上げられる収益以上の収益を目指すことも視野に入れてよいでしょう。

ここからは次のステップとして「収益を上げる業務・事業を増やすこと」を考えていきましょう。

収益につながらない業務を効率化

「収益を上げる業務・事業を増やすこと」が大事、とは言いましたが、管理業務は非常に業務範囲が広く、そう簡単に他の事業に手を伸ばすことは難しいでしょう。

まずは、多くの時間を要し、収益に直接つながらない業務を見直すことが重要です。

たとえば入居者管理業務。

クレーム対応、督促業務、入居者審査、解約対応などは、それ自体が直接収益を上げているわけではないのに、多くの時間・労力が必要な業務といえます。

これらを、ITを導入してシステムによって効率化したり、外注によって自社の業務範囲から外したりすることは一つの解決策です。

収益を上げる業務に手をかけるための人材、時間の確保を考えるとよいでしょう。

どんな事業に発展させればよいのか

では余裕が生まれた人材・時間を使ってどんな事業に発展させることで収益を伸ばせばよいのでしょうか?

たとえば、関連事業に手を伸ばすこと。

これまで増やしてきた管理物件や培ってきた不動産知識を使うことで収益を上げることを考えます。

通信事業、保証事業、インテリア事業などは、比較的手を伸ばしやすく、他社との協力によって収益を上げられるのではないでしょうか?

次に、空室を有効活用する事業に手を伸ばすこと。

空室はたとえばマンスリーマンションとして貸し出したり、ほかにも貸会議室や自習スペース、コインランドリーやトランクルームなど、本来予定していた使用用途以外で収益を生む可能性があります。

物件の立地や特性、時代の流れを捉えながら、空室を新たな収益源に変えてしまいましょう。

【まとめ】

賃貸管理がさらなる収益を生むにはどうすればよいのか考えてきました。

基本的な戦略としては、「空室を埋めて収益源を確保し、業務を見直して効率化と削減を図り、そうして生まれた余裕を新たな収益を生むために投資する」ことが肝心です。

こちらの記事を参考に、ぜひとも更なる収益アップを目指してください!

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

らくちん編集部 しゅーじ

この記事を書いた人らくちん編集部 しゅーじ

このライターの記事一覧

管理会社様の日々の業務を”らくちん”にする! そんな管理業務効率化のシステムを開発するエンジニア。 エンジニアの経験も活かして、「かゆいところに手が届く」をモットーに、管理会社様の”どうだっけ””なんだっけ”に答えられる記事を執筆しています。

記事一覧へ