管理

空室対策!?人気設備を導入しましょう!

らくらく賃貸管理機能「らくちん」|無料お試しも!
らくらく賃貸管理機能「らくちん」|無料お試しも!

集客力は設備で決まる!?

空室が多い物件と少ない物件、一体何が違うのでしょうか?

築年数なのか立地なのか、はたまた間取りなのか…

実はその違いは「設備の違い」にあるかもしれません!

入居者に人気の設備があるだけで、その空室は埋まるかもしれません!

どんな設備が人気なのか、確認していきましょう。


■押さえておきたい基本の設備

まず、ガスコンロのない物件であれば、導入を考えた方が良いでしょう。

料理をしない人でも、一口くらいはコンロが欲しい!と思っているようです。

備え付けの照明がある部屋も、引っ越し時につける必要がなくラクであることから人気が高いです。

そして水回りに関する設備も、部屋を選ぶ段階で考慮に入れる入居者の方が多いです。

独立洗面台があるのか、バス・トイレは別か、トイレは温水洗浄機能付き便座か、といったところが見られているようです。

また最近では防犯意識の高まりから、TVモニター付きのインターホンも部屋選びの際の基準になってきているそうです。

■万人受け!他とは差がつく人気設備

最低限導入したほうが良い!といった設備ではないですが、人気が高く、意外と入居の決め手になりそうな設備を紹介しましょう。

人気が高いのはウォークインクローゼットです。

家族連れや女性など、どうしても荷物が多くなってしまいがちな入居者の方に好まれる傾向があります。

他には、24時間通して利用可能なゴミ置き場がある物件も人気です。

利用時間が制限されているゴミ置き場は、忙しい現代人には敬遠されがちのようです。

そして、ここ最近ではインターネットが無料の物件が人気を博しており、現在そのような物件が増えてきていることにも注目したほうが良いでしょう。

引っ越し時に契約の手間が省かれ、スマホやパソコンが生活必需品となったネット社会のニーズと合致している無料のインターネットは、今後、人気設備の代表格となっていくことでしょう。

その設備が欲しいのは誰?入居者によって異なる人気設備!

最低限導入したい設備、人気の高い設備をここまで見てきました。

他にも人気な設備は色々ありますが、費用もかかりますから、なんでもかんでも導入すればいいわけではありません。

ここからは入居者のタイプごとに人気の設備を見ていきましょう。

■単身の入居者が喜ぶ設備は?

単身の入居者は学生や社会人など、日中は外出しており、夜に帰ってくる方が多いです。

そのため日中宅配便が受け取れないため、宅配BOXがある物件は人気となっております。

また同じような理由で浴室乾燥機がある物件も人気です。

夜に洗濯をしても日中雨が降ってしまっては乾かせない、といったことを懸念して、浴室乾燥機を利用して洗濯物を乾かしたい、という入居者の方々が多いようです。

また、女性の入居者はオートロックや防犯カメラといったセキュリティーに関する設備を求める傾向が多いようです。


■ファミリー層が欲しがる設備

家族で入居する場合は、子供に配慮された設備が人気です。

たとえば床暖房。

普通であればあまり必要なさそうな設備ですが、冬に子供に温かく過ごさせてあげたいという気持ちから、床暖房に惹かれている家族連れの入居者は意外と多いです。

また、子供の安全、家族の安全を守りたいということで、ホームセキュリティーが準備された物件も人気です。

他には、家族でお風呂に入るタイミングがずれてしまうことから、あとから入浴する人も温かいお風呂に入れるよう、追い炊き機能が搭載された浴室は好まれます。

システムキッチンも、普段家族にふるまう料理を充実させたい、作っている時間を楽しいものにしたいという想いから、人気の高い設備となっております。

まとめ

空室の原因は、実は他の物件にはあってその物件にはない人気設備にあるかもしれません。

是非一度、入居者がすぐ決まる物件と決まりづらい物件の設備を見比べてみてください。

また、人気設備の導入によって物件の価値が高まり、集客力は上がるかもしれませんが、闇雲に導入しても仕方がありません。

その物件はどんな入居者が好んで選ぶのかを確認し、ターゲットに合わせて設備を導入するか検討することが大切です!

らくらく賃貸管理機能「らくちん」|無料お試しも!
らくらく賃貸管理機能「らくちん」|無料お試しも!
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

この記事を書いた人らくちん編集部 しゅーじ

このライターの記事一覧

管理会社様の日々の業務を”らくちん”にする! そんな管理業務効率化のシステムを開発するエンジニア。 エンジニアの経験も活かして、「かゆいところに手が届く」をモットーに、管理会社様の”どうだっけ””なんだっけ”に答えられる記事を執筆しています。

記事一覧へ