賃貸経営における賃貸管理の重要性

賃貸管理会社の仕事は、オーナーに変わって賃貸物件を住みやすくしていくことだと思います。

家賃の回収、入居者の管理はもちろん、入居してくれた人たちが住んでよかったと思えるような物件や環境を作ることが管理会社の役目ではないでしょうか。

今回は、管理会社が担う役割とその重要性について紹介していきます。


管理会社の業務の幅の広さ

管理会社はオーナーから物件の管理を任され、満室経営を目指します。

そして、満室経営を実現させるために、管理会社は様々な工夫を凝らします。

契約や家賃回収のようなTHE賃貸管理という仕事のほかにも、物件を魅力あるものに演出したたり、大家さんや入居者に寄り添って話を聞いたりアドバイスしたり、不動産の価値に影響を与えるすべてのことに配慮しなければなりません。

これが、管理会社の業務の幅の広さや難しさといわれる所以だと思います。

部屋に住んでもらうには、入居者に対し丁寧に対応をしなくてはいけません。

仲介会社の場合は部屋が決まり入居したらそれで終わりですが、管理会社の場合は住んでからの対応がメインになります。

トラブルやクレームもたくさん種類があります。

賃貸管理のビジネスモデルはストック型ではありますが、その分抱える物件が増えれば増えるほど大変になっていくのも事実です。

これから管理会社を始めよう、管理業務もやってみようと考えている方の中には、管理業務の大変さや難しさに不安を感じている人もいるのではないでしょうか。

オーナーの思う理想的管理会社は?

賃貸物件の管理を自主管理しているオーナーもいるとは思います。

全てのオーナーが所有する物件の管理を自身でできれば管理会社は必要ありません。

オーナーと借主が契約を結ぶときには、トラブルもしばしば起こります。

賃貸借契約も多様化し、専門的な知識が必要となりました。

賃貸経営を安定させるには、入居者に対し丁寧でかつ誠実であることが重要です。

専門的な知識を要する賃貸経営のプロフェッショナル的立場に管理会社はあるのです。

自主管理ではやりきれない入居者への細かな対応や、法的な知識を持って督促業務やトラブル解決にもあたってくれる、通常業務にプラスαできる管理会社をオーナーは求めているのではないでしょうか。

不動産管理は管理会社、オーナー、入居者の三角関係が大切

管理会社の目標はオーナーから預かった物件を満室経営することにあります。

ですので、リーシング対策がまずしなければならないことだと思います。

周辺の家賃相場を調べたり、入居者に人気のある物件の特徴を分析してみたり、どうしたら入居者に選ばれる物件になるかを考えていく必要があります。

リノベーションやリフォームが必要だと考えたらオーナーに相談してみたり、入居者に対して不満や要望はないか聞いて回ったり、非常に地味ではありますが、こういったコミュニケーションが賃貸管理には大切です。

オーナーはどのような入居者に住んでほしいのか、どんな風に賃貸経営をしていきたいのか、その方向性を共有しておかなければ、何かのタイミングで違う管理会社にされてしまうかもしれません。

入居者とのコミュニケーションをとっていないと、隣人トラブルが激化してどちらかが退去してしまったり、物件の設備に不満を持って契約を更新してくれなかったりすることもあります。

コミュニケーションの積み重ねが、入居者やオーナーの気持ちに寄り添うことに繋がり、三方の関係をいいものにしていくと思います。

まとめ

今回は管理会社の役割と重要性について紹介していきました。

管理会社は、オーナーと入居者をつなぐ架け橋でもあります。

オーナーの要望と入居者の要望に板挟みになることもあるかもしれません。

どちらも嫌な気持ちにならないようにできるかは、管理会社の腕にかかっているのではないでしょうか。

満室経営を目指すには、まずコミュニケーションを密にとることから始めてみるのもいいかもしれません。

管理戸数を増やすのも大切ですが、今管理している物件の入居者やオーナーが幸福かどうか見直してみるのもいいと思います!

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事