設置するだけで一石三鳥!防犯カメラのメリットとは

連日のようにニュースでは事件が報じられている中、賃貸物件でも防犯対策を考えることも大事になってきています。

防犯対策にもモニター付きインターホンの設置、オートロックの設置、防犯性の高い錠に変えるなど、様々な対策方法があります。

そんな防犯対策の中でもおすすめなものは「防犯カメラ」の設置です。

今回は、防犯カメラを設置するメリットについて考えていきたいと思います。


問題行動の監視ができる

たとえばゴミ置き場に監視カメラを設置すれば、正しくごみの分別をしていないことを確認できれば再分別を行ったり、注意書きを掲示したりすることもできます。また、粗大ごみの不法投棄があった際に、防犯カメラの映像から犯人を特定することができるかもしれません。

防犯カメラの設置は空き巣などの防犯対策だけでなく、入居者のトラブルを未然に防いだり、トラブルを解決したりするための手段になるでしょう。

家賃収入のアップにつながる

防犯カメラを設置していることで、防犯対策をしっかりしている物件だということをアピールできるので、家賃設定を相場より高めに設定することができる可能性が高まります。

安心安全に暮らせるのであれば、その他が似た条件の物件で悩んだ時に、防犯対策をしている物件を選ぶ入居者も多いでしょう。

また。防犯カメラにはインターネット環境を用意する必要がある種類もあるので、例えばそのインターネット環境を無料で入居者に開放すれば「無料Wi-Fi付き」と打ち出すこともできます。

万が一に備えて、高齢者の見守りができる

高齢者の孤独死のニュースも後を絶ちません。

近所付き合いも少なくなってきている現代で、孤独死をどのようにして未然に防ぐのかを考えていくことは非常に大事です。

そんなときにも、防犯カメラの設置は役に立ちます。カメラの映像を通して、高齢者が外出しているかどうかの確認ができますので、安否確認を簡単に行うことができるようになります。

実際の費用はどれくらいかかるのか?

防犯カメラの設置はもちろんただではありません。

防犯カメラの機材自体は安いものでは1万円から販売されています。あとは配線の費用は別途でかかるでしょう。

防犯カメラの設置だけでなく、セキュリティ会社と連携を取ってすぐに対応できるようにすると、設置費用に加えて月額の維持費もかかります。

費用対効果を考えて、最適な選択をしていくべきでしょう。

ダミーカメラも効果あり?

防犯カメラがある、それだけで防犯効果があります。

録画されているのではないか、という不安から、いたずら等を減らす効果や少なからず防犯効果もあるでしょう。ダミーカメラは1000円~2000円程度から購入できるので、効果を考えて設置を検討してみてもよいでしょう。

まとめ

防犯カメラを設置するメリットを考えてきました。

何かが起こってから対策するのは遅いです。事件が起こった時にすぐに対処できるように、また事件自体を未然に防止できるように、防犯カメラの設置を検討してみてはどうでしょうか。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事