空き巣に狙われないための防犯対策とは

タグ:

被害に遭う可能性はだれにでもあります

外出から戻ってくると、ガラスが割れていて、部屋の中がぐちゃぐちゃに荒らされている…考えただけでも怖くなります。ニュースを見ているとこのような空き巣被害や、中には犯人と鉢合わせてしまったという話も聞きます。

被害に遭ってしまってからでは遅いので、被害に遭わないために普段の生活の中で意識したほうがよいのは防犯対策です。起こる前に対策をすることが大事です。

今回は空き巣に狙われないための防犯対策を考えていきたいと思います。


空き巣被害に遭う人の共通点は?

もちろん、どんなに対策していても空き巣に遭う可能性はゼロにはならないでしょう。

しかし、被害に遭いやすい人には共通点があります。

被害に遭われた人から良く耳にするのが「まさか自分が被害に遭うとは思わなかった」という言葉です。自分は大丈夫、という考え方が危ないのです。

住宅はプライバシーを守るために外から見えにくいようになっていることも多いですが、それが逆に標的になりやすいともいえます。

また、長時間の外出中だけが危ない時間帯というわけではありません。ゴミ出しや近所への買い物などの短時間の外出中でも、戸締りをしていないと被害に遭うケースもあります。短時間の外出でも戸締りを忘れないようにしましょう。

空き巣の侵入経路とは?

侵入手段で一番多いのは、無施錠のところから入るケースとのことです。2番目はガラス破りです。イメージされるような玄関ドアのピッキングは、むしろ少ないようです。ピッキングは時間もかかるそうで、時間がかからない無施錠・ガラス破りが多いとのことです。

また、侵入経路としては玄関からだけでなく、窓からも侵入が多いようです。窓も、人が普通に通れるような大型の窓だけでなく、20センチメートルがあれば侵入経路になるといわれています。窓に鉄格子が入っている場合でも、古いタイプだと外から簡単に外せたりするケースもあり、無施錠でいいやと安心できるものではありません。

外出中や夜間は、小さな窓もすべてきちんと施錠したほうがよいでしょう。

効果的な対策とは?

対策といっても、高額で大掛かりなものではなく、安価で簡単なものでも始めていくことが大事です。

窓サッシにつけるストッパーは安価ですが効果が高いです。ガラス破りでカギが開けられても、窓が開かなくなるので侵入の時間をかけさせることができます。

また、普段は使わない窓であれば、サッシが動くと警報が鳴る防犯ブザーもよいでしょう。

また、ガラス破りに対策するために、防犯フィルムを窓に貼るのも効果的です。

家の裏手に窓がある場合、外からも見えづらくなるので、例えばセンサーライトをつけるとか監視カメラをつけるなどして、対策することも大事です。

コストがかかりますが、窓を防犯ガラスに変える、警備会社と契約するという手もあります。

大事なのは、対策をしようとする気持ちであり、自分の身を自分で守ろうという気持ちです。

まとめ

空き巣被害に遭うと、数十万~数百万の被害になるケースもあります。

なにより普段通りの生活がいきなり壊されて、精神的・体力的にもダメージが大きいでしょう。

被害に遭う前に、しっかりと対策を行って、被害に遭わないようにしていく心掛けが大事です。

きちんと対策を講じるだけでなく、外出時や夜間の戸締りを忘れないようにして、空き巣被害に遭わないように日々生活をしていきましょう。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

らくちん編集部 たかや

この記事を書いた人らくちん編集部 たかや

このライターの記事一覧

賃貸管理会社様へ訪問・コンサル実績は1,000店舗以上!自称”管理会社のお悩み駆け込み寺”!管理業界の最新情報やリアルなお悩み解決方法、便利なノウハウなどをどんどんお伝えします。

記事一覧へ

Related articles関連記事