不動産業界の課題は業務効率化です

今、世間では働き方改革が騒がれています。

不動産業界も例外ではありません。

ですが、その実情は4分の1程度しか働き方改革に取り組んでおらず、遅れていると言われています。

過労死という言葉が英語辞典に載ってしまうほど、日本は良く働く国で、日本の長時間労働は問題視されています。

今回は、不動産業界を取り巻く労働の現実とその対策についてお話しします。


不動産業界の働き方改革の浸透具合は?

不動産業界でも、働き方改革の風は吹き始めています。ですが、その勢いはそれほど強くありません。

ただ、一人一人の生産性の向上には働き方の改革が必要だと考えている者は多くいるのも事実であり、不動産業界も変わろうとしているのかもしれません。

不動産業界も他業界のように人手不足に陥ることでしょう。

会社を辞めさせない環境づくりも重要なのです。

これから働き方改革が進むにつれ業務効率化が課題に

今後、不動産業界は遅れをとりながらも働き方の改革をしていくと思います。

労働時間が縮小しても、やる仕事が減らないのでは、かえって仕事を停滞させてしまうなど、仕事の効率を下げることにもつながりかねません。

そこで注目したいのは、業務効率化です。

不動産業で時間や労力を割いているのは、契約書の作成や物件に関わる諸々のデータの管理、やり取りといった煩雑な業務たちです。

消費者に割く時間も減ってしまうのですから、消費者からの評価を落としかねません。

今後必要となるのは、誰がやっても同様の処理が行える、システムなのではないでしょうか。そうすれば、日々行わなければいけないようなルーティンの作業も負担を軽くすることができるのです。

日々の管理業務の下支えとなるシステムは、働き方改革を進めてくれると思います。

システム化は高齢者にとってどうなのか?

とは言っても、インターネットは難しいと思われる方もいるのではないでしょうか。

これまでのやり方を変えるのもかなり勇気がいります。

システムを導入してもやり方がわからなくて使えない、覚えられないということがあれば、せっかくのシステムも意味がなくなってしまいます。

誰にとっても使いやすく、ネットリテラシーが低めでも使うことができるシステムといった、自分のやり方に合うシステムを見つけることが重要です。

まとめ

今回は不動産業界の労働とシステム化という業務効率化について話してきました。

遅れ気味な不動産業界の働き方改革の追い風になるのは業務効率化なのではないでしょうか。

ベテラン営業には消費者を任せたいのに、雑務が残っていて消費者の対応ができず客付けがうまくいかなかつたり、契約更新のお知らせを送り忘れてしまう等の人的リスクもあると思います。

仲介から管理にまで手を出そうとしている会社ならば尚更人手は足りなくなります。

限られた労働時間の中で高いパフォーマンスの仕事をするためにも、業務効率化を意識していきましょう!

無料ノウハウ資料をプレゼント

賃貸管理の効率化を図りたい方へ
最新の効率化事例を大公開!
「電話対応に追われて仕事が進まない。」
「効率化したいけど何をしていいか分からない。」
そんなお悩みはありませんか?IT活用による最新の効率化事例をご紹介!
ぜひご活用ください。
下のリンクからダウンロードできます。

変わるリーシング業務!不動産テックで業務量を1/3に!

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事