ゴミ屋敷の主を退去させることはできるの?

ある日、入居者から電話が入りました。

その内容は、隣の部屋から異臭がしてゴミが溢れているというようなものでした。

ニュースでも取り沙汰されることがあるゴミ屋敷ですが、その部屋の借主に対し管理会社はどのような対応を取ることができるのでしょうか?


どんな部屋でもゴミ屋敷になる可能性があります

ゴミ屋敷と言っても、その程度は様々です。

外観から見れば分かるものから、部屋の扉を開けない限り分からないものまであります。

賃貸借を結んだ時はゴミを溜めてしまいそうに見えなかったが、何かひょんな事をきっかけに物が捨てられなくなったりしてしまうこともあります。

誰でもゴミ屋敷の主になる可能性はありますし、いつ自分の会社が管理している物件で起こるか分かりません。

その危険性とは常に隣り合わせということです。

部屋をゴミ屋敷としてしまう人は精神的な辛さを抱えているケースが珍しくありません。

一見、ゴミをためなさそうに見えても実はためていたなんてことが結構あり、管理会社はクレームの電話で初めて認識することも多いようです。

クレームの電話が入ってしまった場合管理会社はどのような対応をすると良いのでしょうか。

ゴミを勝手に処分していいの?

あなたの目からはゴミに移るものたちが、部屋から溢れていたとしてそれを捨てることは可能なのでしょうか。

この答えは、NOです。たとえゴミに見えても、入居者の所有物に変わりはありません。管理会社の仕事は、物件の管理、入居者の管理ですが、所有物を勝手に捨てる権利まではありません。

ゴミを捨ててくださいという通達文を送ろう

ゴミを捨ててはいけないのなら、どのような対応すれば良いのでしょう。

まずは、ゴミ屋敷の主宛に文書を送ります。

ゴミをいつまでに捨てないとわたしたちがゴミを捨ててしまいますよ、賃貸借契約も解除しますよという内容のものです。

ゴミ屋敷の主になんの断りもなく、ゴミの処分や解約を行うとトラブルは深刻化します。

必ず、通達文を出したという証拠を残しそれから先の対応の合法性を確実なものにしましょう。

また、行政への相談もしてください。

管理会社だけで解決しようとせずに、行政に相談することも大切です。区役所や保健所といった機関を頼って、問題を解決する方法を模索することもできます。

ゴミを捨てない借主を退去させることはできるのか

幾度となくゴミを捨ててくださいとお願いをしても捨ててくれない借主を、ゴミ屋敷にしたからという理由で退去を命じることは可能なのでしょうか。

借主には、賃借物である部屋を保管し管理する義務があります。ゴミ屋敷にしてしまうのは、この契約に違反するものであるとして、契約解除ができないわけではありません。

ただ、契約解除をすぐにすることもできず、かなり長期的な対応をしなければなりません。

ずっと注意し続けたという事実がなければ、裁判になった時にはこれまでの対応が不十分だと判断されてしまいます。何年もの間通達をしていたが、聞いてくれないので解除しますと言えるだけの期間と労力が必要となるわけです。

まとめ

ゴミ屋敷になってしまった場合の対応について今回は紹介しました。

重要なのは以下3点です。

①ゴミを勝手に捨ててはいけない

②合法性を高めるためにも、通達文を出したりゴミ屋敷の主にゴミを捨ててとお願いをしにいったりする

③②を長期間根気良くやり続ける

ゴミ屋敷の対応は、非常に根気がいるものであると言えます。

自分にはゴミに見えても相手にとってはそうでないことはあります。勝手に捨ててしまうと、所有物の侵害として訴えられかねません。

実力行使に出る前に、しっかりと通達し、行政へ相談してください。

原状回復のための費用も、ゴミ屋敷にしたからといって経年劣化の分は請求してはいけません。

上の三点を大切にしながらも、ゴミ屋敷の問題はスピーディーに解決をすることが求められます。

同じ物件に住んでいる人からの不満も募りますし、入居希望が減ります。

慎重かつスピーディーに対応することが管理会社には求められています。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事