無断駐車させない駐車場を!

無断での駐車をなくすために管理会社ができること

マンションやアパートに住んでいて、車を所有している人の大半は、該当物件の駐車場を利用しています。

車を運転していて空いているスペースがあると、つい空いているスペースに停めてしまいたくなりませんか?

しかし、そこは契約している入居者が、毎月お金を払っている駐車場です。勝手に停めてはいけない場所です。

しかし軽い気持ちで、入居者に断りもなく勝手に駐車する人が増えています。

トラブルの発端にもなりやすい無断駐車が起こった時、管理会社ができることは何か、考察していきましょう。


無断駐車への対策は

入居者のクレームやトラブルの中で、無断駐車は上位にランクインします。

無断駐車をする人の多くは、「どうせばれないだろう」「短い時間しか停めないから」といった軽い気持ちで停めてしまいます。

管理会社は、無断駐車へどのように対策をするべきなのでしょうか?

最初に解説しておくと、私有地での無断駐車には、警察は基本取り合ってくれません。

警察は、「民事不介入」といって、個人間の生活での権利や義務のトラブルは、個人間で解決するもので、警察が介入するべきではないと判断するためです。

無断駐車が起きたときの対策の例としてこのようなものがあります。

・無断駐車している車にタイヤロックをつける

・無断駐車している車の周りにカラーコーンを置く

・注意の張り紙をフロントガラスに置いておく

・レッカー車を呼んで移動させる

しかし、上記のような対策をとった結果、車に汚れやキズが付いてしまうと、車の持ち主から訴えられる可能性があります。注意しましょう。


大切なのは「停めてはいけない」と思わせること

先述した通り、やり方によっては、駐車スペースの権利を持つ側が訴えられてしまう場合があります。

そうならないためにも、「初めから停めさせないこと」が重要です。

無断駐車をされてしまったら、こちらが後手に回ってしまう可能性があります。

運転手に、「ここに停めてはいけないんだ」と思わせることから始めましょう!

例えば…

・無断駐車禁止の看板を取り付ける

・駐車できるスペースにカラーコーンを設置

上記の他にも、ダミーの監視カメラを設置してみるなど、できることはまだまだありそうですね!

それでも無断駐車を辞めない場合には、陸運局で自動車の「登録証明取得申請手続き」をすれば、車の所有者が特定できます。直接通知を送るなどして注意しましょう。

まとめ

無断駐車への対策方法を考察してきましたが、いかがでしたでしょうか?

運転手の軽率な気持ちで行った無断駐車が、大きなトラブルに発展する可能性もあります。

早めの対応で、トラブルを未然に防ぎましょう!

そして入居者からの信頼に繋げていきましょう!

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事