サポートが充実した賃貸管理機能を選ぼう

毎日使う賃貸管理機能こそ、サポート体制が大事!

賃貸管理機能を使っていく上で、サポート体制が充実しているかどうかは重要なポイントになります。
毎日使うシステムだからこそ、操作がわからなかったり悩んでしまったりしたときに、すぐ相談ができるサポート体制があるととても安心です。

マニュアルがあれば大丈夫、という人もいるかもしれませんが、マニュアルで調べるのも時間と手間がかかりますし、それですべて解決するわけでもありません。
やはり、悩んだときに電話等で相談ができるサポート体制が充実しているかどうかは、賃貸管理機能を選ぶ際には気をつけていきたいところです。

サポート人員が豊富

サポートセンターに電話したときに、混み合っていて待たされる経験はありませんか?
待つのは非常にストレスが溜まりますし、すぐ解決できないもどかしさもあります。
サポートを対応する人員の数や、電話のつながりやすさは非常に重要なポイントです。

賃貸管理機能の営業担当に聞くのももちろんですが、周りに同じ賃貸管理機能を使っている友人がいらっしゃれば、実際の対応について話を聞いてみるのがよいかもしれません。

サポート時間と曜日が長い

かけたいときにつながらないのも、悩みがすぐに解決できないことにつながります。
24時間365日は難しいとしても、なるべく長い時間と曜日でサポート体制がある賃貸管理機能のほうが、いざというときに頼りになることでしょう。
朝は何時からで、夜は何時までか。定休日は土日祝なのか日曜日のみなのか、サポートを対応してくれる時間と曜日を確認することをオススメします。

電話以外のサポートも充実

電話でのサポートは聞きたいときに聞けてとても便利ですが、実際に操作を確認できないので、複雑な操作の時には電話だけではわかりづらいときもあると思います。
そういうときに、たとえばテレビ会議のようなシステムで操作方法を生中継で表示させたり、遠隔操作ツールでサポートセンターから操作をしたり、直接操作方法を伝えられる手段を講じているかどうかが大切です。
もちろん、一番よいのは対面での説明で、訪問サポートがあるかどうかもひとつのポイントになるでしょう。

まとめ

賃貸管理機能を選ぶとき、機能面ばかりに目が行きがちですが、長く使い続けるためにはアフターサポートの体制も十分に確認する必要があるでしょう。
担当営業にヒアリングするのはもちろんのこと、周りに同じ賃貸管理機能を使っている友人がいれば、実際の生の声を聞いてみるのがよいでしょう。

また、その際にはできるかぎり現在使っているクライアントを探したほうがいいでしょう。昔使っていた、ということであれば、そこから体制等が変わっている可能性もありますので。
後悔のない賃貸管理機能の導入にしてもらうためにも、ぜひともサポート体制について確認してもらえればと思います。

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事