ホームページ作成の際に必要なポイントを押さえて反響数UPを目指そう

現代では誰もがインターネットを利用し、情報収集や連絡など行い、生活になくてはならないモノになりました。
ホームページの数も日毎に増え、2017年の段階で全世界に3億超存在していると言われており、これからもどんどん増えてくるでしょう。
そんな中で新たに自社のホームページ(HP)を作成、またはリニューアルする際、何を念頭に置き、どういったポイントに気をつけなければならないでしょうか。

ポイント①独自ドメイン・メールアドレスを取得しよう

まずはドメインを取得しよう

ホームページ作成の際に最初にしなくてはならないことは何でしょうか。
それはホームページの「URL」を取得することです
URLとは「Uniform Resource Locator」の略称で、インターネット上にある情報の場所を指し示す方法です。
平たく言うとインターネット上の住所ということですね。

URLは、自分の好きな文字列にすることができます。
それを「独自ドメイン」と言い、社名やサービス名、商品名に設定することで分かりやすいURLになり、検索されやすくなるのです。

メールアドレスも独自ドメインを使おう

独自ドメインを取得するとメールアドレスも独自に設定することができます。
現代では、フリーアドレスを使用する企業は少なくなりました。
フリーアドレスは、どのパソコン(PC)からでもアクセスできる反面、セキュリティに不安を残します。

またITにうとい会社と思われたり軽い印象を与えたりと、これだけインターネットが普及した社会では、それだけでデメリットに思われるのです。
フリーアドレスのドメインですと信用度が低いため、迷惑メールに振り分けされてしまうこともあります。

サーバーの用意が必要

個人的なメールのやり取りならばともかく、ビジネスで使用するとなると独自ドメインのメールアドレスが必要になります。
独自ドメインを取得するためには、月々1000円程度を支払う必要があり、さらに「サーバー」を用意しなくてはなりません。
ドメインが住所とするならば、サーバーはその住所に該当する建物に例えることができます。
サーバー内に文章や情報、メールを受けるためのポストや画像・動画・音源を保存し、公開することでそれらを閲覧することができるようになるのです。

ポイント② ホームページ制作を専門業者に依頼することのメリット

システム作業は難解であることが多い

サーバーの設置、独自ドメインの取得、そして見やすく検索されやすいホームページ制作、これらの作業を全て簡単にできるものでしょうか。
答えはNOです。
それらの作業には非常に多くのスキルが必要で、IT関係のプロも多く、ひとつのビジネス業界として成立しています。
もちろん、パソコンが好きでご自身で全てを成し遂げることもできますが、本業を進めながら傍らでできるかというと大変な負担になるでしょう。

「餅は餅屋」で本業に専念できる環境を作ろう

サーバーは購入・レンタルしただけでは取り扱えず、設定をしなくてはなりません。
その設定やメンテナンスも難解なものになります。
独自ドメインを取得した後、ホームページ作成をしなくてはなりませんが、単純なものならば情報を収集しながら作れるかもしれません。
ですがホームページが大量にあるこの時代に、魅力的で分かりやすい自社ホームページを作成することは容易ではないでしょう。
ネットや書籍を利用して、サーバーやホームページ作成に関する情報もかなり細かく調べることができます。
それを積み重ねていく事で、うまく運用できるようになるかもしれませんが、その間本業に充てるべき時間が奪われてしまいます。

新しい技術の対応も早い

また、IoT技術の発展により、様々なモノがインターネットと接続されます。
インターネットと繋がったモノたちも、また管理しなくてはなりません。
その労力は膨大になりますし、効率よくポイントを押さえたホームページ作成を行い管理しやすくするには、「餅は餅屋」ということで専門業者へお任せするほうが賢明ではないでしょうか。

ポイント③ スマホ対応は必須!

スマホは当たり前!最適化しよう

インターネットを誰もが利用するようになった背景には、スマートフォン、いわゆるスマホの普及があります。
2017年のスマホの国内出荷台数が3000万台以上、2018年もそれに匹敵する台数が出荷されると予想されています。
現代は、スマホからのホームページへのアクセスも大変増えています。
そのため、スマホに対応したホームページ作成を行うことも必要なポイントです。

スマホに対応していないホームページは、アクセスができないこともあります。
仮にアクセスができても、画像や文字が小さすぎて拡大しようとしたら変なところをクリックしてしまったなどと、操作がしづらくストレスが溜まるホームページとなります。

また文章も適当な位置で改行がされず、整理されないままの文章では読みづらくなるでしょう。
そのような難点のあるスマホ非対応のホームページへアクセスは、ユーザーの離脱につながります。
些細な気配りを怠り、顧客を逃すことは避けたいですよね。

まとめ

ホームページを公開するためには、独自ドメインの取得・サーバーの設置・ホームページ作成・スマホ対応といった作業を、当たり前のようにこなさなくてはならない時代です。
その上でIoT技術の更なる発展で、より複雑で高度な知識・技術が必要となります。
ご自身で勉強することも必要ですが、専門業者と関わることで、本業への効率アップを図ることが重要となるでしょう。

ホームページ作成
SEO対策やLPO対策も併用することで、より顧客獲得がしやすいホームページを作ることができます。

無料ノウハウ資料をプレゼント

売買集客でお悩みの方向けに、費用対効果を上げる秘訣を公開中!
「多くの広告費をかけているのに、反響に繋がらない。」
「数ある集客法で一番効果があるものを知りたい。」
そういった方のために、反響に直結する集客方法の資料をプレゼントしています。
ぜひご活用ください。
下のリンクからダウンロードできます。

費用対効果を向上する! 集客の3ステップ

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事